最新レディースゴルフファッションと従来の服装のマナー

最近はレディースゴルファーの年齢層の幅も広がり、ウェアのファッション性も広がりましたね。

女性とは、ウェアに限らず全身でお洒落を楽しんでいます。

以前は両立することが難しかったことも、現在のレディースのゴルフウェアはお洒落な女性の痒いところまで気を配り、全身のトータルコーディネートを叶えてくれています。

しかしながら、やはりゴルフとは服装にもそれなりのルールがあります。

今回は、現在の女性のお洒落なゴルフウェアと、ゴルフ場での服装のルールを併せて検証します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーをレディースゴルファー目線の選び方で検証する

レディースゴルファーと一言でいっても、個々それぞれ体格も違えばゴルフスタイルも当然違います。...

ゴルフ初心者がラウンドで悩むアイアンの番手の選び方を解説

ドライバーショットにもだいぶ慣れてきた初心者ゴルファーが、次に悩むのはアイアンの番手の選び方。...

シャフトはドライバーとフェアウェイウッドで揃えない?

ウッド系のドライバーとフェアウェイウッドはシャフトを揃える、アイアンとユーティリティは揃えるとい...

ドライバーを使わない選択もあり?ゴルフの賢い回り方

ゴルフの楽しみのひとつと言えば、ドライバーで良いショットを出すことではないでしょうか。どんな...

アイアンのシャフトについているソケットに隙間ができた!

アイアンのシャフトについているソケットに隙間が空いてしまうことがあります。理由は管理方法に問...

パターの中で削り出しを使う意味と日本製の評価が高い理由

多くのパターがある中、トッププロの多くは削り出しタイプを使っています。その中でも日本製の削り...

アイアンの重さが適正だとスイング軌道が安定する理由

アイアンは重たいほうが良いと考えているゴルファーが多く、スチールシャフトの装着率は変わらないよう...

ドライバーのティーの飛ぶ方向でスイングチェックができる?

ドライバーでティーショットをしたとき、ティーの飛ぶ方向でスイングの善し悪しを判断できると言われて...

パターのグリップ交換はコツさえ知ればわずかな時間でできる

ゴルフクラブのグリップ交換は難しいように思えるかもしれませんが、道具や部材を準備しておけば、わず...

クラブセッティングでユーティリティは2本?3本?それとも。

クラブセッティングはどう組み合わせていますか。ドライバー、アイアン、パターは困らないかもしれ...

アイアンを手入れしておけばいつもピカピカな状態で使える

キャディバッグからアイアンを抜こうとしたとき、ヘッドの汚れが気になることありませんか。日ごろ...

種類が限られドライバーの選び方が難しいレディースモデル

各メーカーから、たくさんのドライバーが出ています。ただしそのほとんどがメンズモデルです。...

ドライバーのヘッドカバーを手作りしてみよう!手順と注意点

ドライバーのヘッドカバーを手作りタイプに変えてみましょう。編み物ができれば専用の糸と編み方で...

アイアンセットをバランス調整するときは統一感を大切に!

アイアンショットが不安定なとき、バランス調整をしてみると、ヘッドの軌道が安定するかもしれません。...

人気パターを販売している各メーカーの特徴を理解しよう

パターなら何でも良いと思っていませんか?パターはスコアに直結し非常に重要なものです。もち...

スポンサーリンク

最近のレディースゴルファーのファッション事情

現在は昔と違い、レディースのゴルフウェアの種類も広がりました。

機能性もさることながら、そのファッション性はそのまま街を歩いても見劣りしないほど可愛らしいものまで出ています。

事実最近のゴルフ場での入場は、ゴルフウェアのまま受付をして、そのままコースに向かう方が主流になっている傾向があります。

昔はゴルフに向かう際にはドレスコードがあり、それなりの格好でなければ入れてもらえませんでした。

現在でも名門の格式を重んじるゴルフ場では、そのルールは現行されていて入れてもらえません。

パブリックなゴルフ場のみの利用で、気軽にゴルフを楽しむのも良いのですが、いつかは名門コースで腕試しをしてみたいと思いませんか。

その時には本来のルールに従い、ドレスコードを守り、いつもと違うゴルフを楽しんでみては如何でしょうか。

もしかしたら癖になり、パブリックなゴルフ場でもドレスコードを楽しむ淑女なレディースゴルファーになっているかもしれません。

それでは、本来のルールに従ったゴルフ場への入退場のおすすめの服装から見ていきましょう。

入場と退場に適したおすすめのレディースゴルファーのファッション

先ずこのルールが決められた時代では、女性がゴルフをするのは一般的ではありませんでした。

そのため、公式な内容は男性ゴルファーが主体です。

ゴルフ場への入退場と、クラブハウス内ではジャケットの着用が義務づけられています。

中のシャツは襟付きで、裾はパンツの中に入れていなければいけません。

もちろんベルト付きです。

そしてパンツはスラックスで、靴は革靴限定とあります。

女性の場合は上記全てを守る必要はなく、気を付けなければいけないことは肌の露出を控えることです。

ジャケットの着用は、男女問わず義務づけられているので、中はワンピースでもパンツでも良いのですが、スカートを選択するのでしたら膝下が望ましいでしょう。

足元は踵の高いヒールはなるべく避けて、パンプスなどあまり音の響かないものの方が無難でしょう。

ここまで想像してみると、大人の女性像が思い浮かびます。

上記の事に気を付けて、ゴルフ場への入退場のレディースゴルファーファッションをお洒落に着飾ってみてください。

次はいよいよ最新のレディースゴルフウェアの中から、帽子を取り上げてみましょう。

帽子はファッション目的だけではない

ゴルフをする上で帽子とはファッションやマナーに限らず、自分の身を守るために必要なアイテムです。

ゴルフ場とは、実は常に危険と隣り合わせといっても過言ではありません。

自分たちのパーティーとは別のところから、いつボールが飛んできてもおかしくはないのです。

以前はキャディさんがOBの際に「ファー!」と声を掛けてくれていましたが、セルフが主流の現在は声掛けも少なくなってきたように思います。

そんな時に帽子をかぶっている時と、かぶっていない時とでは、ケガの度合いが異なります。

勿論ルールに定めていることもあるので、帽子は必ずかぶることを推奨します。

レディースゴルファーとしては、朝早くから起きてメイクもして、髪形も整え万全の態勢で臨むのに、お昼休憩で汗だくの帽子を脱いで手直しをするのが面倒なことなのは分かります。

そこも踏まえた上で、髪形とルールに沿った帽子を選択する必要がありますね。

フワッとした髪形を維持したいのならサンバイザーがおすすめです。

やはり人気も上位です。

夏場なら麦わら帽子も、最近のお洒落レディースゴルファーには人気のようですね。

麦わら帽子は洗えませんが、風通しが良いので汗も気にせずにプレーできそうです。

冬場にはニットのキャスケットがお洒落で暖かいと人気のようです。

それから本場英国風ハンチングも人気です。

そして王道のキャップですが、洗えるし紫外線からも守ってもらえるのでおすすめではありますが、お昼休憩の際の手直しが一番必要なアイテムともいえます。

風が強い日もありますので、臨機応変に選択すると良いでしょう。

次はトップスを見てみましょう。

選択肢が多いレディースゴルフウェアのトップス

ルール範囲内でレディースゴルファーのトップスを選ぶのなら、襟付きのポロシャツです。

寒ければセーターを上から着ることができます。

更に寒ければ、専用のブルゾンもあります。

『丈は長めで、シャツの裾はパンツに入れて、肌の露出は控えてください。』という内容が従来のものですが、現在のトップスは形を変えています。

ノースリーブのポロシャツに丈は短くパンツの中に入れるのは不可能で、スイングをしたらおへそが見えるのは確実です。

そして、パーカー付きまであります。

ノースリーブでも、中に紫外線防止の薄手のインナーを着用したらOKですが、敷居の高いゴルフ場ではおすすめできません。

無難なのは、中にインナーを着用した丈の短くない襟付きのポロシャツに、寒ければセーターやベスト、風よけのプルオーバーなどがおすすめです。

以前と違うのは、ファッション性のみではなく機能性も大きく変わり、防寒に優れています。

そんなに厚着をしなくても良いので、プレーの妨げにならずに冬場のゴルフを楽しめるようになりました。

それでも寒がりな方や、冬場の山間部のゴルフ場では、専用のダウンを使用しましょう。

通常のダウンとは違い、ゴルフ用は肩の可動域が広いので、スイングの妨げにならず機能性に特化しています。

それでは続いて、スカートとパンツを見てみましょう。

レディースゴルファーならでは選べるスカートとパンツ

レディースゴルファーの服装のルールとしては、肌の露出を控えることが前提なので、可愛らしいホットパンツや丈の短いスカートはおすすめできません。

どうしてもという時には、中にレギンスかタイツを着用すると良いでしょう。

ハーフパンツやミドルパンツの取り扱いもあるのですが、ゴルフ場によっては夏の暑い日にハーフパンツは認めないと指摘され、白のハイソックスか白のタイツを履くように指示されるようです。

そうなってはコーディネート的に死刑宣告を言われたといっても過言ではないでしょう。

こうならないためにも、あらかじめロングパンツを用意しておいた方が無難といえそうです。

名門のゴルフ場では認められませんが、最近ではワンピースのレディースウェアが増えています。

以前は薄手のインナーパンツを別売りで購入して併せて着用していたのですが、現在はインナーと一体化したものも出ています。

また、見た目ではそのまま入学式や卒業式に参加できそうなスーツ型のレディースウェアもあります。

ジャケット型のものもあるので、シューズだけ変えたら、もしかすると名門ゴルフ場でもそのまま受付が可能かもしれません。

最近ではそんなシューズも、見た目ではゴルフ専用とは思えないほどファッション性の高いものも出ています。

ルールと照らし合わせて確認してみましょう。

小物だけでもファッション性を楽しめるのがレディースゴルファー

先ずはルールで決められたゴルフシューズですが、芝を傷めるスパイクシューズは現在禁止されています。

それ以外のスパイクレスやソフトスパイクでは入場可能なので、現在市販されているお洒落なゴルフシューズは全て入場可能です。

最近のゴルフシューズは、エナメルや革製品など一見ゴルフシューズとは見えないファッション性の高いものもあります。

ゴルファーに見えないウェアのトータルコーディネートを見ると、まるでオフィス街から抜けてきたような、卒園式から抜けてきたような雰囲気があります。

しかしながら、名門ゴルフ場では移動手段にカートを使わずに、18ホール歩いてラウンドするところも存在します。

こういう所では、現在機能性に特化した18ホール歩くことを前提に作られたゴルフシューズも存在するので、そちらを検討された方が良いでしょう。

続いてはグローブですが、紫外線防止と非力な女性に優しい両手用のグローブが主流となっています。

ルール上では、グローブの着用は義務づけられていません。

実際にプロゴルファーでグローブを付けていない方もいますが、やはり滑ることを防止するためにも着用はした方が良いです。

女性用のグローブは色やデザインも豊富なので、ゴルフウェアのトータルコーディネートに合わせて数組用意しておいても良いでしょう。

またネイルを傷つけないように指先の空いた専用グローブもあるので、爪を大事にしているレディースゴルファーはそちらを検討してみることをおすすめします。

進化するレディースゴルファーのファッション

今回は、レディースのゴルフウェアをルールと併せて検証してみました。

昔のようなやや高齢寄りのゴルフウェアの印象は払拭され、普段着用する服装との境目が無くなってきた印象です。

また、機能性も大幅に改善されており、通常の生活の中でも大いに取り入れていけるものが多い事にも気づくことでしょう。

今後は益々、爽やかな緑のゴルフ場で華やかなレディースゴルファーが増え続けていくはずです。