ドライバーの引っ掛けやスライスの原因と直す方法

ドライバーのインパクトで引っ掛けると、次から怖くて思い切ったスイングができなくなりませんか。

日ごろからスライス系の球筋であれば、引っ掛けの原因は意外に簡単なものです。

今回はドライバーがスライスする人の引っ掛けの原因と対策についてお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンでシャンクが出るときの原因とすべき改善方法とは?

初心者から上級者まで、アイアンのシャンクに陥るゴルファーは多いです。特に初心者から中級者にお...

ドライバーの最大飛距離を更新!右肘を伸ばすスイングを習得

ドライバーの飛距離アップはゴルファーであれば、誰もが望むところでしょう。飛距離アップのために...

ゴルフ理論ではトップの位置まで右肩を引くのが正しい?

ゴルフクラブをトップの位置まで引き上げるとき、グリップは右肩の上にあるのが一般的ですが、実はこの...

アプローチの練習は室内でもできる!目指せアプローチ巧者!

ゴルフのスコアメイクにおいてショートゲームは非常に重要です。そんなグリーン周りのアプローチを...

アイアンの理想のインパクトとフェースの使い方

アイアンでなかなか飛距離が揃わない人、ボールが曲がってしまう人はスイングに問題があるかもしれませ...

ゴルフの基本である捻転のスイングとは肩甲骨を寄せること!

ゴルフスイングの基本は捻転だといわれています。外見的には肩を回すことが捻転ですが、実際の身体...

ゴルフで左手首が痛いときの対処法とその後のスイング改造

ゴルフをしていて左手首が痛いときは、今のスイングやフォームに問題があるかもしれません。今回は...

グリップを握るときには右手の親指の役割も忘れずに!

グリップを握るとき、左手の角度によって方向性や球筋が決まると注目されますが、合わせて握る右手も同...

ゴルフの内容を変えるアプローチの打ち方で重要な50ヤード

ゴルフでスコアを左右するのはアプローチとパターだと言われています。アプローチというとグリーン...

ドライバーはアドレスでインパクトの瞬間をイメージ化する

ドライバーを使ったティーショットは、ティーアップしてボールを下から打つアッパーブローが基本です。...

ゴルフで言われる「右肘を落とすスイング」は正しいの?

普通のゴルフスイングでは、トップの位置から右肘を下に向けて落とすことになりますが、この動作を意識...

アイアンのシャンクはフェースの開きだけが原因ではない!

アイアンショットでシャンクするときには、必ずなにか原因があるものです。フルスイングと距離を調...

アプローチの仕方に悩む男子アマチュアゴルファー必見

ラウンド終了後に反省することが多いショットはアプローチショットではないでしょうか?男子プロの...

ユーティリティは、ロフトの角度で飛距離を身につけること

ユーティリティはおよそ30年前に開発、発売されたクラブです。当初はロフトの角度が低いロングア...

ゴルフ上達!右肩が下がるクセを矯正する方法とは!?

ゴルフスイングのインパクトの時に右肩が下がるのは、ダフリの原因になります。特にドライバー...

スポンサーリンク

ドライバーで意識的にスライスを打つつもりが引っ掛けになる

ドライバーでショットしたボールはストレートが理想です。

しかしドライバーの球筋では真っ直ぐほど難しいものはなく、多くのゴルファーはわざとフック系やスライス系で打ち出しています。

右方向に打ち出して途中からフックさせ、着地点はセンターに戻ってくるのがドローボールです。

同じように、左方向に打ち出して途中からスライスさせるのがフェードボールです。

曲げたほうが難しいような気はしますが、ゴルファーには持ち球があり、普通に打つとフックしてしまう人とスライスしてしまう人がほとんどです。

通常はスイングを矯正してストレートになるように努力をするわけですが、中にはフックやスライスを持ち球にして、最初からストレート打ちをしないゴルファーがいます。

彼らをあえてフッカーとかスライサーと呼ぶことはありますが、実際には曲げて打つほうがコントロールはしやすいと言われています。

ただし、中にはミスショットになることもあり、例えばスライスを打つはずが引っ掛けになる場合は注意が必要です。

スライスや引っ掛けはドライバーのスイング軌道が原因

ドライバーでスライスを打つはずなのに、インパクトで引っ掛けになるとしたら、アウトサイドインのスイングが原因と考えられます。

テークバックで飛球線の後方線上にヘッドを引くと、軸を中心とした円のスイング軌道の枠外に出てしまいます。

この状態でトップの位置まで引き上げると、顔の位置は右足のつま先よりも右側にあるかもしれません。

どちらにしてもトップの位置で上半身は斜め右に傾いているはずで、ダウンスイングに入るときに反対側へと傾きます。

左肩が下がり右肩が浮いた状態で、もしかするとさらに右脇が開いているかもしれません。

グリップを持つ手は前方に倒すことなり、アウトサイドの軌跡を通ることになります。

元々インサイドインのスイングをしようとしているのであれば、結果はアウトサイドインのスイングになってしまいます。

いわゆるカット打ちのスイングなのでスライスが出るのですが、インパクトではヒール側が先行しているので、スイング軌道を誤るとヒールでボールをとらえることになります。

ドライバーのフェースの入りで引っ掛けやスライスになる

アウトサイドインのスイングは、スタンスをとった右前から左後ろに向けてドライバーを引っ張ったようなスイングをしています。

ヘッドで先行するのはシャフトに近いヒール部分からです。

フェース面でボールをとらえればスライスになりますが、フェースが厚く入るとヒールにボールが当たって引っ掛けになるのです。

テークバックからトップまでに顔の位置は右足の前、もしくはその右側に出ていたかもしれません。

右に傾いた上半身は、ダウンスイングで左側へと傾きます。

もしかしたらインパクトのときには顔が左足の前、またはそれよりも左側に出ているかもしれません。

この状態を直すことができれば、引っ掛けを防ぐことはできます。

そこでまず体の染み込んだ上半身の揺れを止めなくてはいけません。

両足のかかとをつけて、つま先を開いた状態でドライバーを握ります。

回転軸を意識して素振りをすると、上半身が斜めになろうとすればバランスが崩れて倒れてしまうため、繰り返し素振りをしていれば上半身の揺れは収まるはずです。

引っ掛けを直したらスライスが大きくなる?

ドライバーの引っ掛けを直すためには、両足を揃えたスタンスで素振りをします。

体のバランスが崩れなくなったら、肩幅よりも小さなスタンスで素振りをしてください。

このときドライバーのヘッドをボールの後方線上に引いてしまうと、元の上半身が揺れるスイングになるので注意が必要です。

スイングが安定してきたら、ボールをセットして通常のスタンスに戻しましょう。

テークバックに入る前にアーリーコックを作ります。

左手を90度右回転させて、左手甲を飛球線と平行にしてから、グリップの位置をそのままでヘッドを上げる方法です。

シャフトが地面と平行になったらアーリーコックになっています。

上半身の揺れの諸悪の根源であるヘッドが浮いているため、テークバックで「真っ直ぐに引く」ことはなくなります。

あとは普通にスイングをすれば、インパクトで顔が左足よりも外側に出ることはなくなり、引っ掛けは収まるはずです。

ただし体が右側に残っているので、その分だけスライスの曲がりが大きくなるかもしれません。

ドライバーを引っ掛けるのはティーアップが原因

ドライバーショットは普段スライスするのに、たまに引っ掛けることがあれば、ティーアップの位置の問題が疑われます。

ドライバーのティーアップの位置は、左足内側のくるぶしの延長線上という説と、左足かかとの内側の延長線上という説があります。

そんなに大きな違いはありませんが、くるぶしを基準にしたほうが内側で、かかとを基準にすると外側になることがあります。

当初は左足の内側だったのですが、つま先を開いてスタンスを取ることが多くなったことから、この2つの方法が考えられたようです。

ところがかかとを基準にしたほうは、いつしか内側ではなくかかとの中心になってしまい、本来の位置よりも外側でティーアップすることになったと考えられます。

ボールの位置が外側だと、インパクトで引っ掛けになる可能性があります。

これはフェースローテーションによって、本来の位置でフェースはスクエアになり、その後閉じてからインパクトを迎えることから引っ掛けになるということです。

ドライバーの引っ掛けやスライスを全部直す!

ドライバーのティーアップが引っ掛けの原因なっている場合があるのですが、本来の位置よりも外側でティーアップすると、フェースは閉じるタイミングでインパクトを迎えるため引っ掛けます。

また左右ズレがなくてもボールと体の間隔が近いと、ヒール側に当たってしまい、これまた引っ掛けになることがあります。

まずティーの位置が外側にあることで引っ掛けになる場合には、左足内側のくるぶしを基点しましょう。

またボールとの間隔が近くなるとしたら、アドレスではヘッドのトゥ側でボールに合わせてセットすると修正することができます。

ただ諸悪の根源はスライスするアウトサイドインのスイングです。

アドレスでアーコックにしたら、右肩を引くテークバックをすると、インサイドに引くことができますから、そこから振り下ろせば自然とインサイドインのスイングになります。

そうすれば、上半身の揺れやアウトサイドインのヒール打ちもなくなるため、安定したスイング軌道で思い切りインパクトをしても引っ掛けの心配もなくなります。

習得までには少し時間はかかると思いますが、基本となるスイングでもあるので、途中であきらめずに身につけましょう。

引っ掛けもスライスも原因が同じ可能性あり

スライスは右へ、引っ掛けは左へ行くため、それぞれ違った原因があると考えられますが、実は同じスイングで生じている可能性があります。

今回お話ししたように、まずはボール位置の見直しが大切です。

それだけで解決することも多いため、今すぐ試してみましょう。