ゴルフスイングのコックは意識しないでほどくと上手くいく!

ヘッドスピードを加速するゴルフスイングでは、コックの使い方が重要になってきます。

今回は、分かるようで分からないコックの使い方と、意識してのコック作り、意識しないでコックをほどくゴルフスイングの意味について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ゴルフの基本】スイングで重要なテイクバックのコツとは

テイクバックとはバックスイングの始動に当たる部分のこと。そのテイクバックを重要視しないゴルフ...

もう3パットはしたくない!パター上達の為の練習方法とは?

ティーショットでナイスショット!セカンドもナイスショットで見事にパーオン。しかしそこから...

ユーティリティのフックする原因を探して対処しよう!

ユーティリティがフックする原因は、インパクトでのフェースの向きが左側を向いていることです。な...

ドライバーの長さが身長に合っていないのが曲がる理由に?

ドライバーの長さが身長に合っていないと、打ち出すボールが曲がってしまうことがあるのを知っています...

ゴルフスイングで重要なフェースを閉じるインパクトの仕方

テークバックでヘッドをボールの後ろに引く動作を見かけますが、それはゴルフスイングはフェースが開い...

ドライバーを構えてフェース角に違和感があるときの対処法

ドライバーを構えたときにフェースの向きに違和感があれば、そのドライバーのフェース角が自分に合って...

ドライバーは右手で下から押すように打つのがセオリー!

ドライバーで打ち出したボールが安定しないときは、グリップの握り方を再チェックしましょう。一般...

アイアンの打ち方がわからなくなったときの自己分析法

一度はアイアンの打ち方がわからなくなったと悩んだことはあるでしょうか。一生懸命に練習をする人...

ゴルフ上達!素振りでゴムホースを効果的に利用したエコ練習

ゴルフスイングの感覚をつかむ方法として、ゴムホースで素振りをするという方法があります。そ...

ドライバーの握り方で重要なフェースの向きと左手甲の向き

ドライバーで打ち出すボールがスライスするようであれば、握り方を見直してみると良いかもしれません。...

ゴルフの基本である捻転のスイングとは肩甲骨を寄せること!

ゴルフスイングの基本は捻転だといわれています。外見的には肩を回すことが捻転ですが、実際の身体...

ゴルフスイングの幅によってアイアンのフェースの向きは違う

ゴルフスイングの中でもアイアンショットに違和感があるときは、フェースの向きが合っていない可能性が...

ドライバーのフェースの向きは最終的に握り方で決まる!

ドライバーのフェースの向きによって、打ち出すボールの方向性は変わりますし、スライスやフックなどの...

ドライバーのスタンスは左足のどこを基点にするの?

ドライバーでティーショットして球筋が乱れるのは、ボールの位置とスタンスのせいかもしれません。...

アイアンとドライバーの打ち方の違いで判るスイングの重要性

コース内の芝の上から打つアイアンと、ティーアップしたボールを打つドライバーでは、打ち方の違いがあ...

スポンサーリンク

意識しないでコックを作るゴルフスイング法がある?

ゴルフ用語のコックは手首の角度のことです。

一般的に手首を動かすときは、甲側に折れるまたは手のひら側に曲げるものです。

しかしながらコックは親指側に手首を動かすので、まずは手首の縦の動きを頭に入れておかなくてはいけません。

左手だけでグリップを握り、真っすぐに立って左腿の横でセットします。

腕を動かさずにヘッドを上げて、シャフトが地面と平行になったときの手首の角度が「コックが固まる」です。

そのヘッドを地面にソールする動きが「コックをリリース(ほどく)する」です。

テークバックでトップの位置までゴルフクラブを引き上げると、必ずコックは形成されていきますが、シャフトが地面と平行になる直角の手首にならずに、中途半端な角度になると「コックが不完全」となります。

まずは完全なコックを作るためには、それを意識しなければなりませんが、指導者の中には「意識しないでコックを作る」という考え方もあるようです。

一般人はコックを意識しないゴルフスイングはできない?

コックを意識しないでゴルフスイングができるようになるには、達人の域に達するかプロゴルファーのライセンスを取得するか、そのくらいのレベルにならないと難しいと思います。

一般のゴルファーが意識しないでコックを作る、もしくはコックをほどくことは難易度が高すぎて、テークバックの軌道が歪む原因となってしまう可能性があるからです。

コックは飛距離アップに欠かせないものですが、コックを使いすぎるとフックの原因になりますし、リリースのタイミングが遅れるとスライスやプッシュアウトの球筋になってしまいます。

そこでコックを使わないゴルフスイング、いわゆるノーコックという打法を取り入れているゴルファーがいます。

スイングのメカニズムとしては不自然な動作になるので、「コックをしない」ことを意識しないわけにはいきません。

ノーコックにすると、テークバックでヘッドを飛球線の後方に引こうとして、左肩が沈む傾向が強くなります。

そのままインサイドに引くと低い位置で身体の横にグリップがあるため、急激にグリップを上げるしかなくなります。

これではスムーズなゴルフスイングからは掛け離れてしまいます。

コックを意識しないと二段モーションのゴルフスイングになる

ノーコックのテークバックは、二段モーションのように低い位置で引き始めて、途中から高い位置に引き上げます。

この動作では連続性が失われているので、ダウンスイングで同じ軌道を通ることはできません。

しかもノーコックのトップは通常よりも高いため、結果的にアウトサイドインの軌道でスイングすることになるわけです。

つまりカット打ちでスライスの球筋になる可能性が高くなるということです。

コックを作らないように意識しながら、この軌道を修正することは容易ではありません。

つまり至難の技といっても良いので、このスイングでコックを使うスイングに匹敵する結果を残すことは一般ゴルファーには難しいことです。

そこで、素直にコックを使ったほうがシンプルなゴルフスイングができるはずです。

意識しないでコックを作るタイミングが難しいと感じるのであれば、最初にコックを作ってからテークバックを始めてみてはいかがでしょうか。

ゴルフスイングでコックを意識しないためのアドレス法

コックを作るタイミングが難しいと感じているのであれば、テークバックで意識しないでコックを固める方法を取りましょう。

まずはアドレスでゴルフクラブのヘッドをソールして構えます。

次に左手甲を90度右回転して、飛球線と平行にします。

このままシャフトを持ち上げて地面と平行にすれば、アーリーコックができあがります。

このコックの形を崩さずにトップの位置まで引き上げれば、途中でコックを作ることがないので意識することもなくなるはずです。

トップの位置でのコックの形は大事です。

90度のコックができていれば、手首が甲側に折れてできるオーバースイングになることはありませんし、ノーコックでトップを高く上げたことが原因で飛球線とシャフトが交差するクロスシャフトになることもありません。

グリップエンドは飛球線の後方を指しているはずですし、シャフトは理想的な斜めの角度で傾いているはずです。

あとはコックをほどくタイミングが取れれば、ヘッドスピードを加速するスイングができるようになります。

ゴルフスイングでは意識しないでコックをほどくと良い!

コックを固めるときは、意識した方が簡単にコックを作ることができます。

しかしダウンスイングでは意識しても、絶妙なタイミングでリリース(ほどく)することは難しいかもしれません。

理論上はインパクトの直前でコックをリリースすると、ヘッドスピードがより加速すると言われています。

グリップが右内腿の辺りまで来たときに、コックをほどきながら左手甲をターゲットに向けると、シャフトは90度左回転をするので、腕を振るスピードにコックのリリースが加わり加速させることができます。

ただ実際の時間にすると0.1秒以下のタイミングですので、この速さに合わすためには、偶然でなければプロ並みの腕前が必要です。

リリースポイントをギリギリまで堪えるとヘッドスピードは加速しますが、反面でミスショットにつながるわけですから、それよりも早めにリリースした方が確実にフェース面を合わせることができるでしょう。

つまり、コックをほどくタイミングを意識しない方が上手くいくということです。

コックを使えば最大限の飛距離を可能にしてくれますが、あえて冒険をするようなゴルフスイングをしなくても、ノーコックのスイングよりははるかに飛距離はアップしているので、意識せずにスイングしましょう。

ゴルフスイングでコックを意識しないほうが良い結果を生む?

自然なゴルフスイングをすると、トップまでに必ずコックは形成されます。

またダウンスイングでもインパクトの前には、意識しないでもコックをリリースしているはずです。

ただコックの効果を知れば、最大限に活用したいと思うのがゴルファーたるもの。

新しいドライバーを購入しなくても、コックの使い方ができるようになれば、10ヤードや20ヤードは飛距離がアップしますし、方向性も安定してくるからです。

トップの位置で直角のコックを作るのは、そんなに難しいことではなく、常に意識しながらテークバックをしていれば失敗はないはずです。

問題はダウンスイングでのリリースです。

コックをほどくタイミングが、身体の中心に近づくほど効果は高まりますが、ミスショットになる機会も増えてきます。

タイミングを計ることに集中すると、肝心のインパクトが疎かになってしまうので、コックを解くことを意識しないほうが良い結果を得られることになります。

まずは確実なミート、さらに余裕があればリリースポイントを遅らせることで飛距離アップを狙ったほうが良いかもしれません。

ゴルフは意識してコックを作り意識しないでリリースする

コックを活用するのはゴルフスイングの常識ですが、コックの使い方を強調するとタイミングを合わせることができずに、ミスショットに繋がることがあります。

コックは意識して作り、リリースするときは意識しないことが、ミスのないショットになるはずです。