ゴルフスイングで右肩が出る原因とその解消法、対処法を紹介

ゴルフスイングで右肩が前に出ることを、自分自身で気がつく可能性は低いはずです。

それを知らずに不安定な姿勢でスイングをしていると悪化していくので、なるべく早めにフォームやスイング軌道の修正が必要になります。

そこで今回は、スイングで右肩が出る原因と、その対処法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ゴルフスイング】トップを小さくコンパクトにする方法

ゴルフのスイングの仕方に、「トップを小さくしたコンパクトなスイング」を目標とすることがあります。...

アイアンで引っ掛けて振り抜けない!正しい矯正方法!

右へ曲がるドライバーのスライスで悩むのとは違い、アイアンでは引っ掛けといった左側へのミスが多いの...

ドライバーのスイングに右手の返しを入れたらダウンブロー!

ドライバーのティーショットがスライスするようなら、インパクトの直前に右手の返しの動作を入れてみる...

ドライバーヘッドの種類とゴルフクラブの性能として理解する

ドライバーを選ぶとき、数多くの種類から選ぶ基準を定めてから、ゴルフショップに向かうことをおすすめ...

アプローチ下手ゴルファーのための簡単に失敗をなくす打ち方

せっかくグリーン近くに来たのに、アプローチがトップ、ダフリ、チョロ、ザックリでは、本当にガッカリ...

ドライバーを安定させるには正しいテイクバック軌道を知ろう

ドライバーの球筋が安定しないのは、インパクトのフェース面のズレによるものです。フェース面をタ...

ゴルフスイングの軸が安定しないから打ち出しが右に出る?

ゴルフボールの打ち出しが、右の方向に飛んでいくと悩んでいる人が多いようです。グリップの握り方...

アプローチがトップするときの対策法は顔を上げないこと

アプローチショットがトップ!そんなグリーン周りのミスショットはトラブルの元になるので、なんら...

アイアンショットでスライスする原因はクラブにもある!

ドライバーはもちろんのこと、アイアンショットでスライスが多く出てしまい悩んでいるゴルファーがいる...

ドライバーをダウンブローでスイングするメリットってある?

トッププロのドライバーショットは、5割以上がダウンブローでスイングしているそうです。アッパー...

正確なショットを望むならゴルフスイングは左足に重心を置く

ゴルフクラブを構えたとき、左足と右足のどちらに体重をかけているでしょうか。アドレスでの重...

ドライバーのアドレスでソールを浮かせる意味と効果

ドライバーをアドレスするときは、正しい位置にソールしなければなりません。ただし「飛ばそうと」...

【ゴルフの基本】スイングで重要なテイクバックのコツとは

テイクバックとはバックスイングの始動に当たる部分のこと。そのテイクバックを重要視しないゴルフ...

ドライバーの打ち方で女性ゴルファーの飛距離は伸ばせる

「ドライバーの飛距離を伸ばしたい!」ゴルフをしている女性なら、誰もが一度は考えることではない...

パターを変則に構えるプロからパッティングの本質を学ぶべき

パターの構え方や打ち方は「自由」と言われていますが、憧れのプロゴルファーが変則的な構えでポンポン...

スポンサーリンク

右肩が出るゴルフスイングの見つけ方

ダウンスイングで右肩が出ることを、自分で知ることは難しいと思います。

そこで自分のスイングを客観的に分析するのであれば、スマホやビデオカメラで録画したものを観て確認するしかありません。

多くの場合には練習場やゴルフ場で、右肩が出ていることを他人に指摘されて気づくのですが、このフォームは簡単に直らないので、安易に矯正に着手すると「ゴルフにならない」ことになってしまいます。

基本的には、インパクトに向けて腕を振り下ろすときに右肩が前に出て、身体の正面がターゲット側に向こうとした結果です。

ゴルフを始めたころならすぐに修正することはできますが、少しずつ積み重ねてきて今のスイングがあるので、玉ねぎの皮をむくように、1枚ずつその悪癖を取り除かなければなりません。

まずはフェースのどの部分でインパクトをしているのかを確認してみましょう。

フェース面に貼るインパクトシールが市販されていますので、何度かボールを打ってインパクトポイントを確認します。

フェースの根元側でインパクトをしているとしたら、身体の右側が前に出るスイングをしている可能性が高くなっています。

ゴルフスイングで右肩が出るのはクローズドスタンスが原因

ゴルフスイングで右肩が前に出るのは、左足が前に出ているクローズドスタンスが原因と考えられます。

身体が正面よりも右側を向いていて、ヘッドの軌道はインサイドからアウトサイドへと移動します。

頭上から見ると4時方向から10時方向に抜けるスイングになるので、インパクトでは根元側に当たる確率が高くなるのです。

この場合インパクトでのフェース面がターゲットに面していたら、ボールに左回転がかかりフックの球筋になります。

またスイング軌道に対して直角のフェース面であれば、プッシュアウトすることになります。

インサイドアウトのスイングは、インパクト後にグリップが身体から離れていくので、フォロースルーは右肩を出さざるを得ないわけです。

これを修正するためには、フォロースルーをインサイドにすることです。

十分に捻転をする背骨を中心にした円のスイングをすれば、インサイドインのゴルフスイングになり、右肩が出るダウンスイングを抑えることができます。

右肩が前に出るゴルフスイングはカット打ちに原因がある

右肩が前に出るゴルフスイングはフックの原因となりますが、同時にスライスの原因にもなり得ます。

もしかしたら右肩が前に出るのは、アウトサイドインのスイングが関係しているかもしれません。

ターゲットとボールを結ぶ線を「飛球線」と呼びますが、この線を境に手前側がインサイド、反対側がアウトサイドです。

ダウンスイングでクラブヘッドがアウトサイドからインサイドに移動すると、アウトサイドインのスイングになります。

仮に飛球線の反対側を越えなくても軌道が同じであれば、アウトサイドインにはなりますが、それだとボールがないところでスイングしているので、空振りになってしまいます。

グリップは通常の軌道であっても、シャフトが傾いてヘッドがアウトサイドにあれば、アウトサイドインになりますし、ダウンスイングを開始してからアウトサイドに入って、そこからインサイドに向かう場合もあります。

この斜め切りのスイングでは、グリップがインサイドに入るときに、身体の左側を通るわけですが、そのとき右肩が前に出る姿勢をとることになります。

ゴルフスイングで右肩が出るのは左肩の開きが原因

ダウンスイングを始めるときに右肩が前に出るのであれば、左肩の開きが早いかもしれません。

左肩の回転を意識してテークバックした場合、トップの位置からも左肩の動きでダウンスイングをしてしまいます。

左肩を元の位置に戻すイメージがなく、クラブを振り下ろすための1つの動作として左肩から始動すると、ヘッドがボールの位置に到達する前に身体の正面はターゲットの方を向いているはずです。

一般的にはこの動きを「身体の開きが早い」と言います。

左肩が先行して左回転した結果、対角線上の右肩も左回転するために、右肩が前に出てしまったはずです。

そのため修正するにはダウンスイングの始動を左肩ではなく、グリップを先行させることです。

回転した左肩を戻すのではなく、グリップを右腿に向けて下ろせば、左肩は自然に飛球線と平行になるはずです。

下ろしたグリップが右腿の前に到達したら、グリップエンドを自分のほうに向けましょう。

これでフェースは飛球線に対して垂直になり、正しいインパクトができるようになるはずです。

ゴルフスイングで右肩が前に出るのは右肘に原因がある

ゴルフスイングで右肩が前に出るようであれば、右肘が右脇腹についた状態でインパクトを迎えているかもしれません。

特に右脇腹の前側に肘がついていると、その姿勢だけで右肩は前に出ています。

トップで右肘が内側に入ってしまうことが原因なのですが、これは野球打ちを修正した結果でもあります。

テークバックで右肘が浮いて右脇が開くと、右手主導のダウンスイングになると言われています。

すると右手の追っ付けが強くなることから球筋が安定せず、特にフックの原因になると言われています。

この野球打ちを意識して右肘が開かないようにすると肘が内側に入り、ダウンスイングでは右脇にくっついた状態になるでしょう。

腕が固定されてしまったので、ゴルフスイングをするためには身体を左回転させるしかありません。

これを修正するためには、アドレスで胸を張ること。

アドレスで猫背になっているため、肘が内側に入ることを許してしまっていますが、胸を張って背筋を伸ばせば、右肘は内側に入ることはなくなります。

右肩が前に出るゴルフスイングが正しいスイング?

右肩が前に出るゴルフスイングのすべてが悪いわけではありません。

上半身を前傾させずにスイングすれば、身体の回転とともに右肩は前に出てくることになります。

問題なのが、右肩が出るのは「インパクト後」でなければならないと言うことです。

インパクトよりも前に右肩が出るから、正しいインパクトができていないだけであって、インパクト後であれば右肩が出ても何も問題はありません。

ただし実際のアドレスは上半身が前傾しているので、肩は地面と平行には回転しません。

ダウンスイングでの右肩は下がることになり、前にはわずかに出るだけです。

つまり右肩が前に出るとしても、それは肩が回転している証でもあります。

逆に右肩が出ないようであれば、肩が上下に動いていて、正しいスイングになっていないとも言えます。

ダウンスイングで右肩が出ることは問題ありませんが、インパクトの前にフィニッシュの姿勢になっているとしたら、身体の開きが早すぎるということになります。

右肩が出るゴルフスイングの原因が分からなければ基本に戻す

ゴルフスイングで自分の右肩が前に出ることを、気がつくことはあまりないはずです。

指摘を受けて修正するのであれば、まず最初に動画を撮って客観的に原因を確認しましょう。

それぞれの対処法はありますが、どうしても原因を見つけることができなければ、基本のインサイドインのスイングを取り入れるようにしてください。