ゴルフスイングで右肩が下がることがシャンクの原因ではない

ゴルフスイングで「右肩が下がるからシャンクする」と指摘されても、そのスイングフォームを修正する方法は分からないものです。

今回は右肩が下がるスイングのメカニズムと、右肩が下がらないスイング法を紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーのヘッドスピードは45m/s未満でも飛ぶ

ドライバーで飛距離をもっと出したいと思いませんか。ヘッドスピードが40m/sがアマチュアゴル...

ドライバーのフェード打ちはクラブフェースを開いてはダメ!

ドライバーでフェードを打とうとしても、上手くコントロールできないことありませんか。普通にスイ...

ドライバーが乱れるのは右肘が脇腹についたスイングが原因?

ドライバーショットのボールが乱れるときは、やはりスイングに問題があるかもしれません。そんなと...

ゴルフのスイング改造で簡単にボディターンができるコツ

現在のゴルフスイングの多くはボディターンが使われています。いわゆる横振りのスイングで、円を描...

ドライバーのスイングに右手の返しを入れたらダウンブロー!

ドライバーのティーショットがスライスするようなら、インパクトの直前に右手の返しの動作を入れてみる...

ゴルフの構えで腕を胸の上に乗せているのはなぜ?

ゴルフクラブを構えたときに腕を胸の上に置いて、肘の内側を上にしているフォームを見たことはあるでし...

自分のゴルフスイングがわからなくなる時どうすれば良いのか

ミスが続き、「ああでもない、こうでもない」とゴルフスイングを見直していると、突如これまでしていた...

ドライバーの最大飛距離を更新!右肘を伸ばすスイングを習得

ドライバーの飛距離アップはゴルファーであれば、誰もが望むところでしょう。飛距離アップのために...

ドライバーは右手で下から押すように打つのがセオリー!

ドライバーで打ち出したボールが安定しないときは、グリップの握り方を再チェックしましょう。一般...

ゴルフスイングで右肩が出る原因とその解消法、対処法を紹介

ゴルフスイングで右肩が前に出ることを、自分自身で気がつく可能性は低いはずです。それを知らずに...

ゴルフ用語の右手を添えるだけの意味が分かったらプロ並みか

ゴルフの用語に「左手主導」があり、そのアドバイスに「右手は添えるだけ」と使われていることがありま...

アイアンのテイクバックの位置が方向性を決める!

ゴルフのスイングは、一瞬です。コンマ何秒という間のちょっとしたズレ自体が大きなミスにつながり...

アイアンのスタンスを狭くするとショットの精度が上がるの?

アイアンに限らずスタンスは広いほうが安定するといわれていますが、本当にそうでしょうか?アイア...

ドライバーと他のゴルフクラブとの打ち方に違いはなし!

ドライバーの打ち方が、他のクラブと違いアッパーブローでスイングすることはご存知だと思います。...

パターを変則に構えるプロからパッティングの本質を学ぶべき

パターの構え方や打ち方は「自由」と言われていますが、憧れのプロゴルファーが変則的な構えでポンポン...

スポンサーリンク

シャンクの原因はゴルフスイングで右肩が下がるから?

自分のゴルフスイングで、右肩が下がることがシャンクの原因であると分析できたとしたら、すでにそのシャックは改善されているかもしれません。

実際、自分のスイングを俯瞰(ふかん)することは難しく、多くのゴルファーは正しいスイングをしていると思っています。

結果をみて「何かが違う」とは感じても、その原因がスイングフォームの『ある部分』だと分かるのは、ティーチングプロ並みの分析力が必要です。

まずシャンクの原因を探すときは、自分のスイングを動画で撮影します。

ゴルフ暦がなくてもスイングをみると、どこに原因があるのか不思議と分かるものなのです。

ダウンスイングで右肩が下がるようであれば、そこに原因があると考えるのは普通のことです。

ただし右肩が下がることで、シャンクがなぜ起こるのかは分からないはずです。

つまり理由は分からなくても、正しいスイングをすればシャンクからは解放されることは分かりますので、右肩が下がらない正しいスイングを目指すのが1番早い解決法になります。

右肩が下がるゴルフスイングがシャンクの原因である理由

正しいゴルフスイングの前に、一応シャンクする原因である右肩が下がるスイングについて解説します。

アドレスをしたときは、両肩・両腰・両膝が地面と平行だとします。

テークバックで身体を捻るときに、右肩が下がるもしくは左肩が上がっているわけですが、肩のレベルが変わったときには、下半身のチェックポイントを確認しましょう。

右肩が下がっているとき、右腰や右膝も下がっているでしょうか?

もしも右膝が下がっていれば、それに合わせて右腰も下がっていますから、右膝に原因があると考えられます。

その右膝が下がる原因は、体重が右に寄りすぎたためです。

もしかすると、トップでの顔の位置は右足の外側にあるかもしれません。

次に右腰だけが下がっていたら、テークバックで捻転が不足していると考えられます。

左肩を回しているつもりでいても、実際には右側に移動しているだけで、背骨を中心にした回転は行われていないはずです。

左肩の対角線上に右肩があるかを確認して、左肩がアゴの下にあれば、右肩は背中側になければなりません。

ゴルフスイングで右肩が下がるからシャンクするのではない?

シャンクが起こる原因は右肩が下がることだとして、ここまでの話でその右肩が下がる原因は右膝や右腰が下がっているからというところまでは理解ができたと思います。

右肩が下がると、上半身は斜め右に傾くことになります。

ゴルフスイング中に背骨は垂直なのに、左右の肩の高さだけを変えるのは、身体の捻転を考えるとよほど意識しないと難しいはずです。

トッププロレベルであればできるかもしれませんが、挑戦する価値がないのでどれだけの人ができるのかは分かりません。

右肩が下がるということは上半身が斜めになっていて、つまりは回転軸が傾いたことになります。

それまではターゲットとボールを結ぶ飛球線に対してスイングをしていたのに、ターゲットよりも右側に向けてスイングをすることになるのです。

このときのフェース面をみると、トゥ(先端)が遅れてヒール(根元)が先行した状態でインパクトを迎えているでしょう。

シャンクは、この根元のホーゼルの部分でインパクトすることで起こるのです。

ゴルフスイングで右肩が下がるからシャンクするわけではない

ゴルフスイングで右肩が下がるからシャンクするのではなく、ゴルフクラブの根元であるホーゼルにボールが当たるからシャンクするわけです。

ではなぜ右方向にだけシャンクするのでしょう。

シャフトの延長線上にあるホーゼルに当たることでシャンクするのが理解できたとしても、左側にシャンクしない原因が分からないと、右肩が下がるスイングを矯正してもシャンクは止まりません。

イメージしてください。

軸を中心とした円のスイングをしているため、飛球線の内側をヘッドは軌道を描いています。

スイングを真上から見たとき、テークバックで3時の方向にヘッドを引き、0時のところのあるボールをインパクトして、9時の方向にフォロースルーしているはずです。

すると左にシャンクするためには、フェースが飛球線よりも外側でスイングをしなければなりません。

つまり『空振り』をすることになるわけですが、軸を中心としてスイングでは実際にはあり得ないと思って良いでしょう。

軸を中心とした円のスイングで、フェースが開いてヒール側からボールに向かえば、最初に当たる箇所はホーゼルしかありません。

右肩が下がるゴルフスイングでもシャンクしない打ち方

ゴルフスイングで右肩が下がるとフェースが開き、インパクトではホーゼルが先行するためにシャンクします。

修正するためにフェースが開かないスイングフォームを作ると考えがちですが、これが失敗の元になっていきます。

なぜならフェースが開いているとは言え、ボールを打てないわけではありません。

開いたフェースでインパクトすればスライスしますが、スライスせずにシャンクをしているのは、スイング軌道がほんの少しだけ飛球線側にズレているからです。

その原因は、右肩が下がることでグリップの位置が少しだけ前に出たからなのです。

そこで今よりも少しだけ膝を伸ばせば、グリップの位置は高くなり、スイング軌道はアップライトになります。

多くのプロゴルファーのインパクトの画像を見ると、右肩が下がっていてもその分だけ膝を伸ばして、腰の高さを上げていることが分かります。

強烈なインパクトを与えるためには、この膝を伸ばすスイング法が合っているのですが、一般ゴルファーにとっては難易度が高いので、普通のスイングをしたほうが簡単に修正することができることは間違いありません。

右肩が下がるゴルフスイングをなくす練習でシャンクを消す

正しいゴルフスイングをすれば、右肩が下がることはなくなり、シャンクも止まるはずです。

部分的な修正で対処すると、また新たな問題点ができてさらに修正することになり、永遠にスイング修正をしなければならなくなります。

まずテークバックを始動するときは、ヘッドを引くのではなく右肩を後ろに引きましょう。

回転軸である背骨を意識して右肩を引くと、自然に左肩は回ってきます。

しかも両肩は軸を中心に回転しているので、歪みはないはずです。

この感覚を養うために、ゴルフクラブの両端を握り、肩に担いで身体を捻るストレッチをしてください。

右肩を引くイメージで右回転し、左肩を引くイメージで左回転をしましょう。

この動作を連続ですることで、両肩が一対で回転することを身体が覚えますので、ダウンスイングで右肩が下がることはなくなるはずです。

そうして正しい姿勢でインパクトを迎えることができれば、アドレスでセットした箇所にヘッドは戻っているのでシャンクは消えているはずです。

ゴルフのシャンクは右肩が下がることよりテークバックで修正

シャンクする原因は右肩が下がるゴルフスイングよりも、軸が右に傾くことに原因があります。

修正するために右肩を上げるとか、身体を起こすといった方法をとるのではなく、軸がブレないテークバックをすれば正しいスイングができて、シャンクは消えるはずです。