アイアンをメーカーごとに比較、有名どころからPB商品まで

ゴルフクラブのメーカー、沢山あってどこのクラブを使えばよいのか、悩んでしまいますよね。

そうやって悩んで選ぶのも楽しいものですが、メーカーごとの違いをしっかり理解して、ご自身に合うクラブを見付けられたらもっと楽しくなるものです。

ゴルフショップのスタッフになんとなく勧められるがままに買ってしまったクラブより、ご自身でしっかりと吟味したクラブの方が、愛着もやる気も違ってくるでしょう。

そこで今回は、アイアンをメーカーごとに比較してみます。

これからゴルフを始めようと思っている方も、そろそろ新しいクラブにしようかなと考えている方、どちらの方にも読んでいただければ幸いです。

皆さんが知っている有名なメーカーから、知ってはいるけれど、実際どうなのかなと思っているPB商品まで幅広く紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーのロフト角は打ち出し角次第!選び方は足し算で

ドライバーのロフト角の選び方はヘッドスピードを参考にすることが多いようですが、ほかにも基準となる...

アイアンセットとウェッジのメーカーは揃えるべきか?

アイアンセットにウェッジを組み込むことで、同一メーカー、同一モデルにしたほうが安定したショットが...

本当に数あるパター形状の特徴を理解して購入していますか?

皆さんパターはどのようにして選んでいますか?ゴルフ量販店に行き、なんとなく選んでいませんか?...

ウェッジをノーメッキタイプにしたときのメリットと管理法

ウェッジの中でもノーメッキには強い憧れを持っているゴルファーが多いようです。軟らかい打感に対...

自分に合ったシャフトが入ったゴルフクラブの選び方とは

シャフトを変えると、ゴルフスイングの感覚がまったく違うものに感じられることがあります。ただし...

アイアンの長さは標準的な構え方をしても合わない場合がある

アイアンの長さはモデルによって多少違いますが、番手によって標準値はあります。しかし例え標準的...

現代版アイアンのスチールとカーボンの違いを検証しよう

現在アイアンのシャフトは大きく分けてスチールとカーボンの2種類です。「昔から一般的にスチール...

アイアンではスコア重視のキャビティと競技志向のマッスル

アイアンのヘッドはミスショットをカバーしてくれるキャビティバックと、アスリートが好んで使うマッス...

パターの長さが適正と感じるのはフォームが固まったときか

パターの長さが合わないと構えたときになにかしら違和感があるものです。グリップを握ってヘッドが...

先調子のシャフトでアイアンショットがフックするのは間違い

先調子はつかまりが良くなり、手元調子は球離れが良くなると言われています。シャフトの仕上がりに...

ドライバーが簡単になるクラブヘッドをソールしたアドレス

ゴルフ経験があれば、誰しもドライバーが簡単と思うことはないはずです。スイングフォームを追求す...

アイアンはソールの薄いタイプを選んだほうが良い?

アイアンを選ぶとき、「顔」が気になることはないでしょうか。好みの形は「顔」で決めることが多い...

フェアウェイウッドとユーティリティ、どっちを使う?

ゴルフを始めてしばらくすると、フェアウェイウッドやユーティリティを揃え始めます。しかし、似て...

ドライバーの重さとバランスの影響を知って飛距離アップ!

ドライバーの飛距離、少しでも伸ばしたいと思いませんか?そう思いながら、ドライバーの反発性能ば...

アイアンの重量配分は番手間で統一したものを使おう!

アイアンの重量は番手によって違います。ウェッジに近づくほど重くなり、飛距離を求めるものほど軽...

スポンサーリンク

日本の職人技をアイアンで実感、ミズノJPX

まず最初に比較対象にしたいのが、国産のミズノです。

ミズノのアイアンはその形状の美しさ、精密さは他のメーカー以上に強いこだわりを持ち、多くのファンがいるのも特徴です。

使いこなすには少々時間がかかるかもしれませんが、その高い性能が発揮されると絶大な信頼となり手放せなくなるようです。

その高い性能は海外でも評判で、あのタイガー・ウッズ選手もアマチュア時代からプロに転向してしばらくはミズノのアイアンを使っていました。

ミズノではその人のスイングに合ったベストなゴルフクラブを提供することを最優先に考えており、アイアンのライ角調整にはかなり力を入れて対応しています。

皆さんもゴルフショップの試打スペースで、ミズノのアイアンがズラリと並んでいるのは見たことがあるでしょう。

日本のメーカーならではの『ものづくり』へのこだわりが感じられますよね。

そのためアイアンのライ角を調整する際は、ミズノのアイアンを基準に考えてみるのもオススメですよ。

最も有名な憧れのメーカーのアイアン、ダンロップXXIO

XXIO(ゼクシオ)はダンロップゴルフが販売する、日本で最も有名で評判も高いゴルフクラブブランドです。

同じダンロップの中でも、スリクソンのアイアンは松山英樹選手が使用していることでも有名です。

しかしながら同じメーカーでもスリクソンは初心者向けではないので、ここではXXIOを比較対象とします。

そのXXIOの最大の特徴は何と言っても扱いやすい、打ちやすいという評判が多いことです。

これはダンロップが日本のアベレージゴルファーのスイングに合うよう徹底してデータを取り、彼らに合う性質を追求した結果がこの評価に繋がっているのです。

その他には、スイートエリアが最大級に広く作られており、多少のミスはクラブが補正してくれたり、他のメーカーと比べると同じ番手でもより遠くへ飛ばせる設計になっていたりします。

このように非常に素晴らしいクラブですので、その分お値段が少しお高い、という点もあります。

それでも、使えば実感できるお値段以上の価値があるからこその人気の商品なのでしょうね。

いつか自分も使ってみたいみたい逸品です。

他と比較して革新的な技術が魅力、テーラーメイドM

テーラーメイドはダスティン・ジョンソン選手や、ジェイソン・デイ選手、ローリー。マキロイ選手など海外の有名なトッププロも数多く使っており、技術、実績ともにトップメーカーのひとつです。

他のメーカーと比較しても常に革新的な技術を投入したクラブを開発し、新製品の発表ごとに楽しませてくれます。

見た目にも相当なこだわりがあるのでしょうか、個人的には凄く格好良いデザインのクラブをいつも発表しているイメージがあります。

このメーカーの最大の特徴は、初心者から上級者、アスリートからレディース、シニアまで幅広いモデルラインナップを取り揃えていることです。

中でも最新のM5、M6アイアンは、新テクノロジー「スピードブリッジ」なるものが採用され、高弾道・高初速・優れた打感のすべてに貢献し、より遠くへ、そして真っ直ぐ飛ばせる仕様になっているようです。

最新モデルだと少々お高くなってしまいますが、ゴルフショップに行った際は最新技術を体感してみてはいかがでしょうか。

または、少し前のモデルだと、新品なのにとても安く売っている場合があるので、その時に狙ってみるのもオススメです。

幅広い世代に人気のメーカーのアイアン、キャロウェイAPEX

キャロウェイはテーラーメイドと同様に毎年のように新製品を発表し、その都度新しい技術を取り入れたクラブでユーザーに刺激を与えてくれるメジャーメーカーのひとつです。

日本では石川遼選手や上田桃子選手が使用しており、他のメーカーと比較しても、そのクラブの性能の高さと共に爽やかでファッショナブルなイメージもあるメーカーです。

特徴としましては、外資系メーカーではありますが、日本で販売されているゴルフクラブは日本人の体格に合わせた設計がされており、欧米人と体格の異なる日本人でも安心して使用できるといった点が挙げられます。

そのキャロウェイが誇るAPEXアイアンは、抜群の飛距離性能とフォージドの打感の良さを合わせ持つ非常に頼もしいクラブとなっています。

ひと昔前までのAPEXシリーズは中・上級者向けでしたが、最近はアベレージゴルファーを意識した仕上がりで、打ちやすさと優しさがアップしてます。

2016年にはゴルフギアの格付け企画の「HOTLIST JAPAN」にてゴールド賞を受賞した実績もある優秀なクラブ、その実力をあなたも試してみませんか。

上級者向けイメージが比較的強いメーカー、タイトリストVG3

タイトリストも外資系のメーカーでは非常に有名なメーカーで、いつかはタイトリストのクラブを使いたいなと思っている方も多いのではないでしょうか。

いつかと思うのは、多くの方がタイトリストのクラブは扱いが難しく、プロゴルファー仕様というイメージがあるからなのではと考えられます。

しかし、現在タイトリストのアイアンは他のメーカーと比較してみても、初心者が使える優しいモデルから、操作性は良いけれどミスには厳しい上級者モデルまで幅広く発売しています。

その中で初心者から向けのアイアンでオススメなのがVG3シリーズです。

タイトリストのアイアンの中では最も優しい設計になっています。

スイートスポットが広くミスショットに強い為、方向性や飛距離に自信のない初心者の方にも使いこなせる一品です。

もし憧れのプロゴルファーがタイトリストのアイアンを使っていたら、このVG3シリーズのアイアンで同じタイトリストを使うことも可能です。

ただし、くれぐれもプロと同じ設定のクラブは使わないようにしてください。

様々なメーカーと比較しても圧倒的にお買い得、各社PB商品

スポーツショップやゴルフショップにて、各社がオリジナルで発売しているPB商品で、初心者向けにアイアンだけでなく、全て揃ったセットが低価格で売られているのを見たことがあるという方は非常に多いでしょう。

しかしながら実際手にしてみようと思った方は少ないのではないでしょうか。

どうせ安いから性能が悪いのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、他のメーカーと比較してみても、その性能に大きな差はありませんのでご安心を。

近年はゴルフクラブの技術革新はある程度行き着くところまで行ってますので、むしろルール規制によって飛距離やスピン性能は抑えられています。

ですから、これからゴルフを始めようと思っている方は、価格が大変お買い求めやすいPB商品をまずは練習用に購入して、ある程度上達してクラブにも自分なりの好みやこだわりができてから他のメーカーのクラブを購入するのも悪くない考えではないでしょうか。

自分に合うゴルフクラブを探すのもゴルフの醍醐味

いかがでしたか。

ここで紹介したのは氷山の一角と言っても過言ではない程に沢山のメーカーから様々なタイプのアイアンが発売されています。

また、ここでは省略しましたが、ヘッドのタイプもマッスルバックからキャビティバックまで、上級者向けの仕様や初心者向けの仕様と、ヘッドだけでもそのような違いがあります。

各メーカーを比較して、特徴や違いをしっかりと把握して、ご自身に合うゴルフクラブを見付けるまでの過程を楽しむのも一興ではないでしょうか。

ちなみに、これからゴルフを始めようとしている方は、とにかく最初はぶつけてしまったり、こすってしまったりと、とてもクラブが傷つきやすいの時期なので、中古のゴルフクラブというのも選択肢に入れてみるのもオススメです。

極端な性能差がそこまでないのならば、クラブの造形や格好良いとご自身が思うゴルフクラブを選択すれば、練習やラウンドも気合いが入るでしょうから、是非自分のフィーリングにピッタリな逸品を見つけてください。