アプローチの仕方を徹底解析してみよう!~~女性編~~

ゴルフコースをプレーするときに一番ミスをしやすいのは、やはりアプローチではないでしょうか。

目標が目の前にあるとついつい頭が上がってしまったり、打ち込んでしまったりするものです。

そもそもどこに落とすのが一番ベストなのでしょうか。

そしてその打ち方とはどれが正解でしょうか。

今回は女性ならではのアプローチの犯しやすいミスとその改善の仕方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「パターの原点」L字型パターの打ち方は知っておくべき!

パターはラウンドで最も使用するクラブです。そのため全ホールを2パットの36でラウンドすること...

普通のゴルフスイングなのにフックボールになる原因がある?

普通にゴルフのスイングをしているはずなのに、フックボールが出るのなら、まず原因を確認する必要があ...

ゴルフスイングでシャフトを立てるコツは下半身リードで行う

ゴルフスイングは、ボールの下からヘッドを入れると曲がりやすくなります。これはヘッドが下から入...

アプローチの仕方に悩む男子アマチュアゴルファー必見

ラウンド終了後に反省することが多いショットはアプローチショットではないでしょうか?男子プロの...

ゴルフスイングで重要な左足の壁とは左足の踏ん張りで作る

現在ダフリやトップのミスや飛距離が伸びないことに悩んでいる人は、ゴルフスイングでの左足の使い方を間違...

アイアンを構えるときの正しいグリップの位置はどこ?

アイアンを構えるときのグリップの位置は中央が良いのか、少しだけ左側が良いのか、もしくは少しだけ右...

ドライバーの構え方『ヘッドをソールする?浮かせる?』

ドライバーの構え方は、ティーアップしたボールの後ろにヘッドをセットするのが当たり前ですが、これに...

ドライバーを構えてフェース角に違和感があるときの対処法

ドライバーを構えたときにフェースの向きに違和感があれば、そのドライバーのフェース角が自分に合って...

ドライバーをテイクバックするときトップの高さは必要なし!

飛距離を求めるドライバーですが、あまりにも思い込みが強いと力みが入ってテイクバックがギクシャクし...

アイアンとドライバーの打ち方の違いで判るスイングの重要性

コース内の芝の上から打つアイアンと、ティーアップしたボールを打つドライバーでは、打ち方の違いがあ...

ゴルフスイングで「右足の上に軸を置く体重移動」は間違い?

飛距離を求めるゴルフスイングでは、右足に軸を置いた体重移動が一般的です。右足の上から左足の上...

パターが上達したい!ゴルフの基本とする構え方と打ち方

パターに関して昔からゴルフ界では「打ち方は自由」といわれていますが、本当に好き勝手に練習をしても...

失敗しないアプローチでスピンをかける打ち方と考え方

ゴルフにおいて、アプローチの技術はスコアに直結します。また、キュッと球が止まるアプローチや、...

ユーティリティの打ち方を習得するとアイアンが不調になる?

ユーティリティは便利なクラブで打ち方も簡単なことから、フェアウェイウッドやロングアイアンに代えて...

ドライバーをフックさせる打ち方とそのターゲットの定め方

ドライバーの距離を伸ばすために、ランを稼げるフックボールを選択する場合があります。フックをか...

スポンサーリンク

アプローチをする前の基本情報

まずは、目標とするグリーンの形状からおさらいしてみましょう。

グリーンの作りとは、傾斜は変われど大抵手前から上っています。

そのため、手前にさえ落とせば残すのはほとんど上りで、奥へ打ち込めば残すのは下りです。

また右側に落とせば残すのはスライスラインが多く、左に落とせば残すのはフックラインが多いようです。

一般的にパターを打つときには下りを残すよりも上りを残した方が打ちやすいので、理想的なアプローチの場所は旗の少し手前に落とすのがベストです。

逆に避けたい場所とは、傾斜のきついスライスラインやフックラインを下りで残してしまう場所だといえるのではないでしょうか。

ティーショットからここにたどり着くまでに、逆算をして一番打ちやすい距離を残す仕方もあります。

例えばグリーンセンター表示で340ヤードのミドルコースの場合、ドライバーで女性の平均飛距離の180ヤードを打てば残る距離は160ヤードですが、ウッドで限りなく旗に近づける方法もあります。

しかしながら、リスクを避けて確実にパーを狙いたい場合には、安全かつ得意なアプローチの距離を残した方が良い場合もあります。

7番アイアンで100ヤード稼ぎ、残り60ヤードをアプローチでワンパット圏内に寄せることができれば、ケガも少なくて済むプレースタイルです。

コースによって選択肢も変わりますが、飛距離のない女性の場合は無理にパーオンは狙わずに、持ち前の正確性を活かした方がパーが取れる確率が確実に上がります。

それでは、一番安定性のあるアプローチの飛距離とはどのくらいでしょうか。

女性用アプローチのクラブと安全な飛距離

一般的にアプローチで使われているクラブとは、ピッチングウェッジ、サンドウェッジ、アプローチウェッジの3本ですよね。

ピッチングとはそのロフト角から分かるように、この3本の中では一番飛距離があり、女性の平均飛距離で70ヤード程度出せます。

飛距離が出やすいがために、トップなどのミスをした場合には飛びすぎてしまうリスクを孕んでいます。

またサンドウェッジはロフト角が深く、バンカー越えなど上に上げなければいけないときに重宝するのですが、バウンス角が他の2本と比べて高く、ターフの取れない非力な女性には難しく感じるクラブかもしれません。

対してアプローチウェッジは、バウンス角は0度から選べて、ロフト角も自分の好みでチョイスできます。

現在女性用のアイアンをセットで購入しようとしても、アプローチウェッジは別売りの単品扱いが基本ですから、手にさえすればハードルは上がるかもしれませんが断然ミスは減らせるでしょう。

アプローチで多いミスとは、目標が近づくにつれて起こるメンタルの部分が多く占めていますので、フルスイングで確実に近づく方がリスクが少ない傾向があります。

アプローチウェッジの女性の平均飛距離は60ヤードで、程よい距離を力を抜いてフルスイングできる最適なクラブではないでしょうか。

それでは次に、アプローチで犯してしまいがちなミスとその改善の仕方を見てみましょう。

女性が犯してしまいがちなアプローチのミスとその改善の仕方

アイアンとは非力な女性にはとても重く、ついつい手首を使ってしまう傾向があります。

フルスイングできる距離が残っていれば別ですが、短い距離を残した場合は手首を使って手打ちになってしまう傾向があるようです。

そこで短い距離を残したアプローチの場合は、片足に重心をかけて体重移動をせずに上半身を大きく使って回転で自然にクラブを落としてみましょう。

この場合、少しロフトを立ててかぶせる様にしランをメインに計算して近づけるようにすれば、飛びすぎるリスクを軽減できます。

次にヘッドアップですが、これはアプローチに限らず起きるミスともいえます。

ついついボールの行方が気になってしまい頭が上がってしまう、誰でも起きるミスです。

それに気づいてくれた同伴者から、「頭が上がっているから気を付けて」と教えてくれるかもしれませんが、なかなか気を付けても直らない場合もあります。

その場合は、インパクトの瞬間に体が開いてしまっている可能性があります。

そのためにチョロやシャンクが出てしまうのです。

その場合は右足を一歩引いて体が開くのを防いでスイングをしてみましょう。

これだけでミート率が上がるはずです。

それでは理想的なアプローチの仕方とはどのような形なのでしょうか。

理想的な女性のアプローチの仕方

セカンドが打ち終わり、さあアプローチと構える前に確認してほしいのが、ここから旗まで転がせるかどうかということ。

目の前にバンカーなどがあればもちろん転がせませんが、何もなければ転がして近づけた方がリスクは避けられるからです。

そこで大事なのはクラブの選択です。

転がすことができるようなら、9番アイアンやピッチングが低い弾道で近づいてくれます。

前に障害物があり、上に上げなければいけないようなら、アプローチウェッジを選択すれば良いです。

次にボールの位置ですが、長いドライバーが左足寄りならば、短いアプローチのクラブは右足寄りに置いた方がより自然にスイートスポットに近づけます。

何度か素振りをしてみて、芝に一番自然に当たる位置を確認してみてボールの位置を決めてみると良いかもしれません。

そして飛距離ですが、フルスイングで飛ばす距離が一番裏切りません。

難しいのはそこから距離を縮めていく方法ですが、これは練習をして自分の飛距離を測っていくしかありません。

それでは、自分の距離感を掴む女性の練習の仕方を見ていきましょう。

アプローチの距離感を掴む練習の仕方

まず確実に女性がアプローチの飛距離を縮めるにはスイングから見ていくと分かりやすいかもしれません。

・フルスイング

これがアプローチウェッジであれば、女性の平均飛距離60ヤードです。

先述した通り一番裏切らない距離です。

・スリークォータースイング

およそ40ヤードを目標にしてください。

・ハーフショット

約20ヤードを目標にしてください。

上記の飛距離を目安に練習をして記録を付けていけば、ここまでで既に3種類の打ち分けができるようになっているはずです。

更に細かく距離を縮めていく練習の仕方には、グリップの持ち位置を変える方法があります。

・通常通りの持ち方
・グリップの真ん中位を握る持ち方
・グリップのギリギリを握る持ち方

スイングの振り幅と合わせてこちらも練習を行っていくと、より細かに飛距離を縮めていくことができます。

それでは最後に、アプローチを行う際の注意事項を確認しておきましょう。

アプローチを行う際に注意したいこと

女性がアプローチで注意したいことを見ていきましょう。

まずは転がせるかどうかの確認をすること。

転がせるようなら9番アイアンかピッチングの低い弾道で、ワンパット圏内を狙いましょう。

その際のスタンスですが、フルスイング以外パワーは必要ありませんので狭く設定したほうが良いです。

また、体重移動を行った際には飛びすぎるリスクもあるので、片足に重心を置くように意識すると良いかもしれません。

そして、手打ちにならないように腰の回転を利用してスイングの振り幅だけを変えて飛距離を調整してください。

グリップを持つ位置も合わせれば、細かく飛距離を調整することができます。

またヘッドアップには気を付けましょう。

もしも気になるようであれば、右足を一歩引いてスタンスをとってみましょう。

以上のことを意識してアプローチの練習を行うと、いざコースに出てみても落ち着いて対応ができるはずです。

しかしながら、コースに出てみるとアップダウンはありますし、風も追い風や向かい風となかなか練習通りとはいかないのが、やはりゴルフの醍醐味といえるのではないでしょうか。

メンタルを鍛える練習の仕方があるのなら、そこもぜひとも強化しておきたいですね。

飛距離よりも正確性

飛距離のない女性にも強みはあります。

それは正確性です。

アプローチやパッティングは、スコアの半分以上を占めます。

今回検証したアプローチの練習の仕方を実践してみて、無理なく安全にスコアを縮めていきましょう。