パターのロフト角は大きいほうが使い勝手が良いのはなぜ?

他のクラブと同じようにパターにもロフト角があるのを知っていますか。

ロフト角は飛距離の目安にもなりますが、パターの場合には大きいからといって転がる距離が伸びるとは限りません。

ここではパターのロフト角に適応したストロークの仕方や、グリーンの状況に合わせた打ち方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者におすすめのユーティリティ!アイアン型とウッド型

ゴルフを始めてしばらく経つと、必要性を感じユーティリティの購入を検討するかもしれません。ただ...

シャフトのしなりで飛距離を伸ばすためのゆったりスイング

シャフトのしなりはどれだけ飛距離に関係するのでしょうか。シャフトは十分に曲がっていても、飛距...

アプローチで大切なのはゴルフクラブの上手な使い分けだ!

ゴルフのスコアを上げるには、グリーン周りでのアプローチとパターがとにかく重要です。いくらドラ...

パターの選び方で気にすべきはシャフトの長さと角度

構え方や打ち方に自由度が高いパターですから、選び方も特別な決め方があるわけではありません。構...

自分に合ったシャフトが入ったゴルフクラブの選び方とは

シャフトを変えると、ゴルフスイングの感覚がまったく違うものに感じられることがあります。ただし...

シャフトの硬さの種類を知っただけでは意味はなし!

シャフトの硬さがピッタリ合うと、荒れ球が収まると言われています。ただそのピッタリ合うものを探...

ドライバーの重さの考え方とヘッドスピードとの関係

ドライバーは、曲がりにくいから、反発が良いからといった理由で選びがちです。しかし、前提として...

ドライバーのロフト角は打ち出し角次第!選び方は足し算で

ドライバーのロフト角の選び方はヘッドスピードを参考にすることが多いようですが、ほかにも基準となる...

ウェッジは飛距離を打ち分けるためにロフト角を分けていない

アイアンとウェッジの飛距離は等間隔のほうが安心感はあり、使い勝手も良いという考え方があります。...

弘法筆を選ばず!ゴルフの道具はスコアアップに関係ないの?

ゴルフの道具がスコアを左右するのかと言えば、「関係ない」と答える人がいるかもしれません。なぜ...

憧れのアイアン!マッスルバックを選ぶメリットがあるのか

アイアンには、クラブヘッドの構造からふたつのタイプがあることは知っていますか。マッスルバック...

アイアンの番手表示と距離を比較しても意味はないのか

アイアンのソールに刻まれている番手表示をみると、同伴プレーヤーのアインアショットの方が明らかに飛...

アイアンと連携させようかと迷うときのウェッジを揃える視点

アイアンセットの中に含まれているウェッジよりも、単品で販売されているもので揃えるとアプローチが上...

アイアンをメーカーごとに比較、有名どころからPB商品まで

ゴルフクラブのメーカー、沢山あってどこのクラブを使えばよいのか、悩んでしまいますよね。そうや...

本当に数あるパター形状の特徴を理解して購入していますか?

皆さんパターはどのようにして選んでいますか?ゴルフ量販店に行き、なんとなく選んでいませんか?...

スポンサーリンク

ロフト角の大きいパターはバックスピンがかかる?

ゴルフクラブにはロフト角があり、その角度の違いによって飛距離が違ってくるように設計されています。

5番アイアンのロフト角はおよそ22度で飛距離は180ヤード、9番アイアンのロフト角はおよそ38度で110ヤードです。

一定のヘッドスピードであれば、ロフト角の大きいほうが飛距離は小さいということになります。

ところがパターだけは違うようです。

一般的なパターのロフト角はおよそ3度ですが、1度のものもあれば6度のものもあります。

アイアンに当てはめて考えると1度のほうが滞空時間は少ないので、仮にそれを飛距離とするならば、パターは例外ということになります。

仮に0度ロフトのパターヘッドをスライドしてボールをインパクトすると、ボールもそのままの状態で横にスライドしようするはずです。

そこにロフト角があると、浮いてから転がり出すので最初の芝の抵抗を受けません。

つまりパターにロフト角があるのは、順回転させるためのものと考えられています。

しかしながら実際にはロフト角によってバックスピンがかかるので、逆回転した状態で着地することになり、少しだけ状況が違ってきます。

ロフトの大きいパターでパッティングすると順回転で転がる

先ほどの流れからロフトが大きいパターでスライド式のストロークをすると、逆回転が強くなるのでボールの転がりが悪くなるといえます。

そのためロフト角が大きいパターの場合には、ペンデュラム(振り子)式のストロークが合っています。

そのペンデュラム式のストロークには、いろいろな打ち方がありますが、基本的な方法を以下に紹介します。

両肩と両肘とグリップで作った五角形を崩さずに、首を支点にして両肘を揺らします。

するとグリップは振り子のように揺れ、その先にあるパターヘッドも振り子の軌道で移動するでしょう。

その結果、パターライン上を湾曲した軌道でヘッドが下りてきますが、軌道の最下点を少しだけ過ぎたときにインパクトするようにしてください。

つまりアッパーブローで、ボールを下から打ち上げるのです。

そうするとボーリングの球を投げたときのように、順回転で転がるようになります。

もしもロフト角が小さければ、アッパーブローでインパクトしても、ボールを下から打つことはできずにレベルブローで横から打つことになります。

パターのロフトが大きいほど転がりが良くなる

ロフト角が大きいパターは、ペンデュラム式の打ち方に適しています。

逆にロフト角の小さなパターは、スライド式の打ち方に適しているといえます。

そこでパターの形状を考慮すると、さらに打ちやすさが実感できます。

パターヘッドが薄くてフェース面の上下が狭いと、ヘッドがアッパーブローで振り子の軌道を通せばボールの下部に入りやすくなります。

一方でフェース面が大きいヘッドは、ボールの側面からインパクトがしやすく、さらにフェースの面積が大きいことから弾みも期待できます。

自分のパッティングの仕方に合わせてロフト角を選び、フェース面の形状を選ぶことは大切なことです。

しかし打ち方ばかりではなく、グリーンに合わせたパターの選び方があっても良いのではないでしょうか。

ゴルフ場のグリーンには転がりの良いグリーン、一般的には「速いグリーン」といわれているものと、転がりが悪くて「重いグリーン」と呼ばれているものがあります。

ただしこの速い遅いは感覚的なものなので、パッティングしたゴルファーの技量や経験によるところが大きいかもしれません。

ロフトが大きいとスライド式パターストロークは困る?

速いグリーンのときは、スライド式のパターのほうが安心感はあるかもしれません。

一般的に速いグリーンというのは11フィートくらいからをいいますが、これはプロトーナメントの話であって、プライベートゴルフ場のセッティングであれば10フィート前後ではないでしょうか。

仮に11フィートの高速グリーンだったとして、フラットな状態であれば「転がりの良い」グリーンでしかないので、ペンデュラム式ストロークでも問題はないはずです。

問題は傾斜のあるグリーンで、わずかに1度下り傾斜が入っただけで22フィートになるといわれています。

グリーンの奥から手前にかけて受けグリーンにしていることが多いので、ボールが奥についたら触れただけでもグリーンから出ていくかもしれません。

そんな転がり具合で振り子のようにヘッドを当てたら、順回転のボールはいつまでも転がっていってしまいます。

その場合、スライド式ストロークはもちろんのこと、ロフト角の大きいパターにすれば、バックスピンで転がりが抑制されるかもしれません。

ロフト角が大きいと安心感があるのはなぜ?

高速グリーンでは、パターのロフトが大きいほうが安心感は高いと考えられます。

一方で重いグリーンこそ、ロフト角が大きいほうが良いという考えもあります。

グリーンの手前側にオンしたボールをグリーンの奥に立つピンに向かってパッティングをするとなると、円形グリーンだと20ヤード以上、縦長なら30ヤードはあるかもしれません。

しかも縦長グリーンの多くは2段グリーンや3段グリーンと、段差をつけてさらに難しくしているのが普通です。

もっともこの段差の意味は奥からの下りパットに対しての難易度なのですが、距離が長くなると上りのパットも難しいものです。

こういうときは、グリーンオンせずにカラーからピッチングでピッチエンドランを選択したほうが楽に攻めることができます。

ピッチエンドランはおよそピッチ(飛球)が5割、ラン(転がり)が5割と、ボールが浮くことで横傾斜で曲がる心配はなくなるからです。

同じことはロフト角の大きいパターでもいえて、ロングパットではある程度飛球させるイメージでインパクトして、そこから順回転がかかれば距離感を出しやすくなります。

どっちを選ぶ?大きなロフト角と小さなロフト角のパター

パターのロフトが大きいパターを使う場合、高速グリーンのときはスライド式のストロークにして、重いグリーンのときはペンデュラム式でストロークにするのが良いと考えられます。

OKパットのようなショートパットは、カップの反対側に当てて入れる強気のパッティングが必要のため、そのためにはスライド式のストロークが適しています。

一方で距離感が重要なロングパットは、テークバックの引き幅で距離を調節できるペンデュラム式のストロークが適しています。

しかし実際には、パッティングの仕方やグリーンの速さなどによって、ロフト角の違いによるパター選びはできません。

2種類のパターを持ち歩くことは現実的ではありませんし、グリーンの状況を見てから選択するのが必ずしも良い方法とはいえないからです。

そうしたことから、ロフト角の大きいパターと小さなパターの二者択一なら、スライド式もペンデュラム式も対応できるロフト角の大きいパターを選ぶことになるはずです。

ロフト角の大きいパターのほうが使い勝手が良い

パターのロフト角が大きいのと小さいのと、どちらが使いやすいかは、それぞれのゴルファーによって違います。

ただグリーンの速さに対応でき、カップまでの距離の長短にあわせることができるのは、ロフト角の大きなパターのほうなのかもしれません。