アイアンをテイクバックしながらシャットフェイスを作る方法

アイアンショットがスライスするなら、テイクバックに入る前にフェイスを左側に向けてみましょう

ただフックフェイスにするとアドレスで違和感があるため、グリップの握り方や構え方で対処するのが一般的です。

そこで今回は、インパクトでフェイスが開かないアイアンショットの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフが簡単になるグリップを自然落下させるコツを知ろう!

ゴルフスイングのフォームが窮屈だったり、スムーズにクラブを振れないときは、トップの位置からグリッ...

アイアンのダフリ防止にはシャフトを立てるダウンスイング

アイアンショットのダフリが頻発するとゴルフがつまらなくなるものです。もしダフってばかりならば...

パターの理論と打ち方のコツをつかんで劇的にスコアアップ!

スコアが悪くなる原因は何でしょう。ティーショットやバンカーショット、アプローチショットなどい...

ドライバーを短く持つ今平プロを参考にしたグリップの握り方

ドライバーを短く持つと、ヘッドコントロールがしやすいので球筋が安定します。初心者は空振りやチ...

ゴルフスイングで腕が上がらないときでも心配なし!

ゴルフスイングはテークバックとダウンスイングによって作られていますが、テークバックの最終ポイント...

アイアンを構えるときの正しいグリップの位置はどこ?

アイアンを構えるときのグリップの位置は中央が良いのか、少しだけ左側が良いのか、もしくは少しだけ右...

アイアンの打ち方のコツを知ればトップやシャンクも怖くない

アイアンで今まで上手くいっていたのに、突然出るトップやシャンク。それがたまたまなのか、そもそ...

インパクトでドライバーを右手で押し込むことの意味を探る

ドライバースイングの中で、「右手で押し込む」というインパクトの仕方があります。以前は右手を使...

ユーティリティのフックする原因を探して対処しよう!

ユーティリティがフックする原因は、インパクトでのフェースの向きが左側を向いていることです。な...

ドライバーがフェードするときの治し方って意外に簡単?

ドライバーでティーショットしたとき、打ち出すボールがフェードアウトするとしたら、原因を見つけて正...

アイアンのインパクトが不安定な時は手首の使い方を見直そう

アイアンショットでインパクトにバラつきがあるとスコアがまとまりませんよね。もしかしたら、上手...

ゴルフスイングのコックは意識しないでほどくと上手くいく!

ヘッドスピードを加速するゴルフスイングでは、コックの使い方が重要になってきます。今回は、分か...

ゴルフスイングで手首を使わないのは迷いを払拭するため?

ゴルフスイングでコックをリリースするタイミングに迷いがでたとき、手首を使わないノーコックのス...

スムーズなアイアンのバックスイングは最初に手首を固める

アイアンをバックスイングするとき、肘を曲げずに手首を固定して、ボールの後方にヘッドを引いていると...

ゴルフスイングでプロのように左腕を伸ばしたまま振るには

皆さんゴルフ上達のためプロのスイング動画を見ることが多いと思います。彼らのスイングの...

スポンサーリンク

アイアンのフェイスはテイクバックに入る前にスクエアにする

ゴルフのスイングで大事なことは、『再現』することです。

アドレスでアイアンのヘッドをボールの後ろにセットしたら、フェイスの向きはスクエアでなければなりません。

そしてテイクバックからダウンスイングを経て、ボールをインパクトするときには、セットしたときのフェイスの向きを再現することになります。

再現しなければならないのは、このフェイスの向きであって、アドレスの姿勢ではありません。

アドレスで体の中心に構えた場合、体の中心がスクエアになるポジションで、それより右側はフェイスが開くポジションです。

グリップを構えた位置に戻そうとしても、ダウンスイングの勢いで体は先行し、それと同時にグリップは構えたところよりも左側に移動してしまうため、フェイスが閉じる前にインパクトを迎えることになるはずです。

これでは『再現』されていないため、このズレを想定してインパクトのフェイスの向きを修正しなければなりません。

この場合、もっとも簡単な対処法はフックグリップで構えることです。

テイクバックからダウンスイングの間でアイアンのフェイスは開く

フックグリップにしても、アドレスでのアイアンのフェイスの向きはスクエアにできます。

ターゲットとボールを結ぶ線を飛球線と言いますが、この飛球線に対してフェイスを直角に合わせるとスクエアフェイスです。

前項で、体の中央でグリップを構えても、インパクトでは構えた箇所よりも左側でボールをとらえることになるため、必然的にフェイスは開くことを説明しました。。

そこでアドレスの時点でフェイスをフックにしてセットをすれば、スイングでフェイスが開く分だけ差し引くとスクエアになるわけです。

しかしながら差し引きを計算したフックフェイスでセットするのは違和感がありますし、なによりも『再現』ができません。

そこでフェイスはスクエアにセットして、グリップだけをフックで握る方法を取ります。

左手は上からグリップを握り左手甲を上にして、右手はその左手に合わせるように下から握ります。

そのグリップでもテイクバックからダウンスイングを経て、インパクトのときには左手甲が左側を向くようになります。

つまりアドレスで上を向いていた左手甲は、スイング中に左側に回転してターゲットのほうを向いたわけです。

アイアンを左で構えてスクエアフェイスでテイクバックする

アイアンのフェイスをスクエアにセットしてからフックグリップで握ると、インパクトのときにはフックフェイスになそうですが、スイングの勢いでグリップの位置が左側にずれることによって実質はスクエアなインパクトになります。

このフックグリップは効果的なスライス防止策ですが、アイアンの番手によっては効果が薄い場合もあります。

またフェイスが戻りすぎてしまい、シャットフェイスになってボールが左側に飛んでしまうこともあります。

そこで番手に関係なく、アドレスでフェイスを合わせる方法があります。

ボールはスタンスの中央に置き、その後ろでスクエアにフェイスをセットするのは変わらず、左腿の内側でグリップを構えてからテイクバックに入るのです。

つまりボールよりもグリップを先行させて構えるハンドファーストの形です。

まさにインパクトのときの形を『再現』した構え方で、アイアンが変わろうとも、それぞれの番手にフェイスを合わせることができます。

ハンドファーストであれば自分のスライスの大きさを、グリップの位置で修正できるため、ある意味簡単にスクエアフェイスでインパクトができるようになります。

テイクバックでアイアンをシャットフェイスにする方法

アイアンのフェイスがインパクトで開くのを防ぐには、前項までに紹介したフックグリップかハンドファーストが簡単な修正方法です。

ただこの2つには大きな欠点があり、すべてのアイアンショットでこの対処法を使えるわけではないということです。

なぜならフルスイングのときにはスイングに勢いがあるためインパクトでグリップは左側に移動しますが、距離を調節するようなアイアンショットの場合には、勢いが足りず体の中央でボールをとらえるかもしれません。

するとフックグリップやハンドファーストのアドレスでテイクバックした場合、そのまま左に打ち出すかフックする可能性が高くなってしまいます。

そんなときは体の中央でスクエアグリップに構え普通にテイクバックをしても、インパクトでフェイスが開かない方法を取りましょう。

それは左手首の角度を変えずにテイクバックをし、グリップが右腿の辺りまで達したときに、コックを作ってトップへと引き上げる方法です。

まったく違和感のないテイクバックですが、グリップが右腿に達するまで、シャフトが右斜め前を指しているのが少しだけ違うところです。

アイアンショットのフェイスの形はテイクバック前に決まる

アイアンのヘッドを右斜め前に向けてテイクバックすると、インパクトでフェイスが開くスライスは防止できます。

手首の形を変えずにテイクバックをするとき、グリップエンドは自分のおへそを指すように体をひねります。

そうして右腿まで達したら右肩を引きながら、さらに腰を回してトップの位置へとグリップを引き上げます。

このとき右手はアイアンのグリップを下から支え、その右手から右肘までを地面と垂直にします。

右手でグリップを支えていますから、左手は上から押さえるような形になります。

すると左手首は手のひら側に折れているはずで、このときフェイスは空を向いているでしょう。

この空を向くフェイスをシャットフェイスと言います。

空を向いているため、とてもボールに向かうフェイスには見えません。

しかしながら一度この状態を作れると、インパクトでフェイスは左側を向くことになります。

つまりトップの位置で言われるシャットフェイスとは、インパクトのときの形を現したものなのです。

テイクバックでアイアンはシャットフェイスを選択できる

テイクバックでフルショットの位置まで引き上げた際、トップでシャットフェイスになっていれば、インパクトでアイアンのフェイスが開くことはありません。

一方ハーフスイングのときには、トップでシャットフェイスにならないため、アドレスのときのスクエアフェイスのままインパクトを迎えやすいです。

こうしたテイクバックの大きさによって、シャットフェイスとスクエアフェイスの「ハザマ」があるので、練習によって習得する必要があります。

ただ何も考えずにテイクバックをしていたときよりは、あきらかにメリハリがついて正しいインパクトができるはずです。

さらにフックグリップやハンドファーストも併用すると、アイアンショットで良くあるつま先下がりやつま先上がりの斜面で、ターゲットに向けて効果的なインパクトができるようになれます。

ちなみにトップで左手首が内側に曲がるバウドリストは、全英女子オープン覇者の渋野日向子プロも行っている注目のスイング法です。

習得を目指すなら右脇を締めすぎないように、リラックスすることが大切です。

アイアンのスライスはテイクバックでフェイスをコントロールする

アイアンショットがスライスするとしたら、インパクトでフェイスが開いていることが疑われます

それを防ぐための方法として、アドレスでフックグリップにするかハンドファーストで構える、またはテイクバックで手首の形を変えずにトップでバウドリストにするといった選択肢があります。

どれを選んでもインパクトでフェイスが開くことはなくなり、スライスを防ぐことができるでしょう。