ドライバーのリシャフトを考えよう!可変式スリーブを活用!

今回はドライバーのリシャフトについてお話をします。

リシャフトとはいわゆるシャフト交換のことです。

アマチュアゴルファーの多くは、最初にシャフトを選んだらそのままではありませんか。
スイングが変われば合うシャフトも当然変わります。

今回はリシャフトについて、そして可変式スリーブについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

現代の女性のシャフトはレディース用の硬さでは物足りない!

女性用のシャフトとして「レディース」はありますが、実はシャフトの硬さにレディース用、メンズ用とい...

ユーティリティとフェアウェイウッド。初心者向けなのは?

ゴルフを始めたばかりの初心者は、どのクラブから練習しますか?その考え方はいろいろだと思います...

アイアンやウェッジの選び方での迷いはマルチタイプで解消?

昔のアイアンセットでは3番アイアンからサンドウェッジまで10本揃っているのが当たり前でした。...

パターの特徴を知って自分に合ったクラブの種類を選択しよう

ゴルフでは、各ホールともに必ずグリーンではパターを使ったパッテイングを行います。そこで使うパ...

ドライバーだけどうして?スライス防止とクラブの特徴

アイアンはまっすぐ飛ぶのに、ドライバーだけ曲がってしまう。しかも、スライスばっかりというゴル...

ユーティリティとフェアウェイウッドの比較と場面別の使い方

ゴルフプレーでは、距離ごとに各種のクラブを使い分けていきます。特にロングホールのセカンドショ...

ウェッジは角度より技量に合ったものを選び方の基準にしよう

ウェッジを選ぶときは、ロフト角が気になりませんか。角度のあるクラブを使えばピタッと止まる球筋...

アイアンでフォージドのやさしいタイプを探しても意味がない

ゴルフのレベルが上がってくるとフォージドアイアンを一度は使いたくなるものです。柔らかい打感で...

パターは進化系のマレット型と従来型のピン型どちらが良い?

現在のパターの主流はネオマレット型と言われていますが、その原型はマレット型にあります。マレッ...

アイアンのグリップを変更!太さで変わるショットの精度!

ゴルフを始めて一番始めに教えてもらうのがグリップの握り方ではないでしょうか。実際、グリップの...

先調子のシャフトでアイアンショットがフックするのは間違い

先調子はつかまりが良くなり、手元調子は球離れが良くなると言われています。シャフトの仕上がりに...

憧れのアイアン!マッスルバックを選ぶメリットがあるのか

アイアンには、クラブヘッドの構造からふたつのタイプがあることは知っていますか。マッスルバック...

ドライバーのヘッドスピードを上げる!自分に合ったシャフト

ドライバーでヘッドスピードにやたらこだわる人を見たことがありませんか?ヘッドスピードが速...

パターのカーボンシャフトのメリットはスライド式にあり!

パターにカーボンシャフトを装着していることにメリットはあるのでしょうか。あまり見かけませんが...

ドライバーは短尺シャフトのほうがスコアアップにつながる!

ドライバーの短尺シャフトのものを短尺ドライバーと言います。またミニドライバーというカテゴリも...

スポンサーリンク

今のドライバー、本当に自分に合っている?

今使っているドライバーが合っていると思ったゴルファーは今一度考えてみてください。

何を根拠にそう感じたのでしょう。

ボールが狙ったところに飛んでくれるからでしょうか。

それももちろん大切ですが、自分のスイングを最大限生かせているかはもっと重要です。

そう考えると、意外に自分に合っていないドライバーを無理して合わせて使っている人が大勢いるかもしれません。

調子が良い悪いはあるにせよ、経験を積めば少しずつ上達していきます。

上手く打てるようになってきたドライバーが、必ず合っているかは別物です。

どういうことかというと、実はアンダースペックのものを使っているゴルファーが意外に多いからです。

ドライバーに合わせたスイング作りを無意識にしてしまっているのです。

そうではなく、上達に合わせてリシャフトを検討する必要があります。

次に当てはまる人は、少しアンダースペックを疑ってみてください。

・力まないようにとスイングを常に抑えている

・気持ち良く振り切れたのに振り遅れてスライスに悩む

・捕まりが良すぎて左へ曲がりすぎる

当てはまるようなら、一度クラブフィッティングをしてみてください。

最近は、可変スリーブ付きシャフトが多くなったため、お店でもたくさんの種類の試打ができます。

ドライバーのリシャフトは専門知識とデータが重要

ドライバーのリシャフトを少し検討してみましょう。

リシャフトは、より振り抜きやすいものにすることも大切ですが、専門知識とデータが重要です。

アンダースペックを理由にリシャフトを考えるとき、フレックスを硬くすれば良いと思っていませんか。

シャフトの硬いものが、スペックが高いとは限りません。

クラブヘッドとシャフトの相性もありますが、シャフトはメーカーによって表記が同じでも実際のスペックは異なります。

安易にフレックスだけで考えるのではなく、自分のスイングに合ったシャフトを客観的に選ぶことが重要です。

つまり、専門知識と実際に打ったときのデータを元に考える必要があります。

面倒臭いと思うかもしれませんが、非常に大切なことです。

そのためしっかりとした機器で計測できるお店に行き、専門スタッフに相談をしましょう。

買い替えではなくリシャフトを前提とする場合は、使っているドライバーを必ず持参してください。

最新のドライバーから、話題のカチャカチャ(可変式スリーブ付き)のドライバーまで比較しながら試し打ちできます。

リシャフトのリスクをあらかじめ知っておこう

ドライバーのリシャフトを検討することは、非常に前向きで良いことです。

ただし、何かを変えるということはリスクが伴います。

そのリスクを正しく把握しておきましょう。

まず、シャフトを変えると振りやすくなったりするのと同時に違和感も生じるものです。

『違和感=変化』と考えると分かりやすいのですが、この変化にはプラス要素とマイナス要素があります。

違和感があっても継続することで効果が出ますが、プラス要素とマイナス要素を判断する必要があります。

マイナス要素で変えたシャフトが全く合っていないということもあり、スイングを崩しかねません。

従来のドライバーだとシャフトを簡単に戻したりすることができません。

工賃がそれなりにかかるので当然です。

リスクがあるからこそ、しっかりとクラブフィッティングを行い、客観的なデータを元にリスクを軽減してください。

次で、そのリスクをさらに軽減できる可変式スリーブについて話します。

ドライバーの可変式スリーブとは?

ドライバーのリシャフトにおけるリスクについて話しましたが、そのリスクがクリアできればもう少し気軽にリシャフトを検討できるのではないでしょうか。

そこで注目したいのが、可変式スリーブ付きのドライバーです。

最近は、各メーカーで取り入れるところが増えています。

まず、可変式スリーブについて解説します。

可変式スリーブをつける目的は、ロフト角やライ角、フェース角の調整が簡単にできるということです。

従来は、ロフト角などを変えるには、買い替えるか、接着部を改造するしか方法がありませんでした。

その問題を解決したのが可変式スリーブの登場です。

対応しているドライバーであればユーザー自ら好きなタイミングで変更ができるのです。

しかし、注意点がいくつかあります。

基本的にシャフトの向きを変更すると、ロフト角やライ角、フェース角も同時に変わってきます。

これらはすべて連動しており、すべての角度を自由に決められるわけではないことを知っておきましょう。

可変式スリーブで簡単リシャフト

可変式スリーブ付きのドライバーは専用レンチで、クラブヘッドからシャフトを簡単に取り外すことができます。

本来の目的とは異なりますが、シャフトを簡単に取り外せる点に着目すると、リシャフトのリスクが解決できると思いませんか。

先々のスイングの上達を見据え、可変式スリーブ付きのドライバーの購入も検討してみてください。

後程、おすすめのメーカーを紹介します。

可変式スリーブ付きのドライバーであれば簡単に自分でリシャフトができます。

現在は可変式スリーブのついたシャフトが簡単に手に入るようになったため、手軽です。

ただし、注意点があります。

可変式スリーブはすべて共通で互換性があるわけではないということです。

例えば、Aメーカーの可変式スリーブ付きのシャフトをBメーカーのドライバーにつけることはできません。

またAメーカーの可変式スリーブ付きのシャフトをAメーカーの他シリーズのドライバーにつけられないこともあります。

可変式スリーブの形状は、メーカーごとに違う、メーカー内でも互換性がない場合があることを理解しておきましょう。

おすすめ可変式スリーブ搭載のドライバー

最後に、気軽にリシャフトできるドライバーを紹介しましょう。

可変式スリーブ搭載のドライバーと言えば、テーラーメイドが最も有名ではないでしょうか。

かなり前から取り入れており、現行のMシリーズは統一した可変式スリーブを使っています。

テーラーメイドのドライバーはプロアマ問わず人気があり、販売本数も他のメーカーと比べると多いと言われています。

実際、ネットオークションで検索をすると出品数も多いです。

テーラーメイドの良い点は、発売年数がある程度経っていても、互換性のある可変式スリーブが使われていることです。

そのためたくさんの種類のカスタムシャフト(可変式スリーブ付き)があり、ネットオークションで売られています。

販売本数も多く、出品数も多いため、自分に合った重さやフレックスのシャフトに出会える確率が増えるからです。

ただし、グリップ種類や長さを考慮しないと、想定したバランスにならないことがあるため、注意が必要です。

そんなテーラーメイドのドライバーは扱いやすくなっていますが、上級者でも使えるものばかりです。

長く使えるという点でも、テーラーメイドはおすすめできます。

リシャフトの重要性と可変式スリーブの活用

ドライバーのリシャフトは気軽にできるようになりましたが、長さやバランスなど考えるべきことが多いです。

また慣れたものから変えるのには勇気も必要です。

だからと言って足踏みしていてはスコアアップは叶わない可能性が大です。

もしアンダースペックのものを使っているがゆえに、ゴルフの上達が止まっていると考えたのであれば、一度検討してみる価値はあります。