ドライバーのライ角が正しいとアドレスで違和感がなくなる

ドライバーのライ角が合っていないと、方向性が安定しないといわれています。

アドレスでドライバーを構えたときと、インパクトの状態に違いがあるのは、シャフトの傾きの角度が自分に合っていないことに原因があるとされています。

そこでドライバーショットにライ角が与える影響について考えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショートヤードで使うウエッジでロフトを立てる打ち方を習得

ウエッジを使ってアプローチショットを打つとき、ボールを上げて寄せる方法をとっていませんか。し...

ドライバーショットでティーを下げて低い弾道にする方法

横風などを避けるためにドライバーのティーアップを下げて、低い弾道を狙うことあるでしょう。上手...

アイアンの正しい握り方と構え方。そして右手の活用法

ゴルフを始めるときは、アイアンでスイングを作っていくのが一般的です。そのスイングは「左手主導...

ドライバーのスライスはトップのフェースの向きでチェック

ドライバーがスライスするときは、トップの位置のフェースの向きをチェックすると原因が一目瞭然かもし...

フェースを開く特殊な打ち方とリスク回避のための考え方

グリーン周りのショートアプローチでは、フェースを開く打ち方を選択する場合があります。1本のク...

アイアンのダフリの原因を理解すること。上達への階段を上る

アイアンのミスショットのほとんどがダフリとトップです。これらミスショットをなくすには、その原...

グリップの正しい握り方は左手を決めて右手は下から合わせる

グリップは両手で握るものですが、スイング中は左手の役割と右手の役割がそれぞれ違います。基本的...

ゴルフのアドレスで左足体重にするとスイングが安定する

ゴルフクラブを握ってアドレスの姿勢をとったとき、左右均等の体重配分を左足体重にかえるとスイング軌...

ドライバーはトップで右肘が地面を指しているかがポイント

ドライバーのスイングスタイルは常に変化をしています。縦振りに近いスイングのときはリストターン...

パターの技術力の向上~スパイダーの打ち方のレベルアップ~

パターのレベルアップは、ゴルフのラウンドでのスコアアップのためには必須の条件と言っても過言ではあ...

【効果得やすいパター練習方法】自宅で行うために必要なこと

ゴルファーなら、「パット・イズ・マネー」は良く聞く言葉ではないでしょうか。プロゴルファーにと...

アイアンショットはスタンス幅とボールの位置が大切

アイアンは他のクラブに比べて使用頻度が多いことから、練習の割合も多いのではないでしょうか。練...

ドライバーの方向性が安定しないゴルファーにおすすめ対処法

ドライバーの方向性が安定しないのは、初心者からプロまで一緒です。ただプロは対処法を知っている...

アイアンのヘッドスピードを変えて飛距離を調節する方法

アイアンショットでターゲットまでの距離を打ち分けるときは、フェースの角度を変えるか、ヘッドスピー...

アプローチ技術を向上させるゴルフの練習方法と練習場の活用

ゴルフにおいて、スコアアップを目指すならば、アプローチが重要であることはいうまでもありません。...

スポンサーリンク

ドライバーのライ角が合っていないとアドレスの姿勢が不安定に

ドライバーの方向性が不安定な場合は、ライ角を調べてみてはいかがでしょう。

ドライバーヘッドをソールするとシャフトは傾きますが、このシャフトの中心と地面がなす角度をライ角と呼びます。

アドレスしたとき、シャフトが立っていると「アップライトな構え」になりますし、シャフトが寝ると「フラットな構え」になります。

つまりライ角によってアドレスの姿勢が変わるわけです。

一方で、アドレスの姿勢は固定されているものでもあります。

肩幅にスタンスを広げて、膝を軽く曲げ腰を落として前傾姿勢をとると、肩から下りた手の位置は一定のはずです。

もしもライ角に合わせてアドレス姿勢をとると、前傾姿勢の角度を変えることになります。

そうしてアドレスで姿勢を変えても、テークバックからダウンスイングと動くことで、本来の姿勢に戻ろうとするものです。

ショートアイアンでコントロールショットをするのであれば、変形姿勢でもフェースを合わせることはできますが、フルショットするドライバーはミスショットに繋がります。

ライ角が大きいときはドライバーを短く握ってアドレスする

自分のアドレス姿勢とドライバーのライ角が合っていないと正しいインパクトはできません。

アップライトな構えでドライバーを握り、インパクトで正しい姿勢になっていたとしたら、ドライバーのヘッドの先は浮きます。

試しにアップライトに構えるドライバーをインパクトの形に戻してソールすると、ヘッドのトゥ側が浮いてヒール側だけが接地しているはずです。

ドライバーのスイングは、ティーアップしたボールの手前で最下点となって、そこから振り上げるときにボールをとらえます。

もしも接地することがあれば、ヒール側だけに抵抗がかかるので、トゥ側が左回転してフェースが左を向き、フックボールになる可能性が高くなります。

つまりライ角の角度が大きいためにシャフトが立ち、そのシャフトの傾斜に合わせて通常よりも高い位置でグリップを握っているのが、フックの原因ということになります。

自分の本来のアドレス姿勢と、アップライトで高くなったグリップの位置を合わせるためには、短く握って合わせる必要があります。

アドレスに合わないドライバーのライ角は調整できない?

ドライバーのライ角が大きくてアップライトなシャフトになっている場合、アドレスでは上半身の傾きを起こさざるを得ません。

しかしながらテークバックからダウンスイングへと続くゴルフスイングによって、正しい姿勢でインパクトをしようと修正してしまいます。

先ほど説明したようにドライバーのグリップ位置が低くなることから、トゥ側が浮きフックボールになる可能性意が高くなるのです。

そこでアドレスのときにグリップを短く握ることで、いつもの姿勢でもグリップ位置を変更しなくても良いようにすることをオススメします。

では、どのくらい短く握れば良いのでしょうか。

個々の腕の長さやアドレスの姿勢によって違いますが、身長を目安にすると45インチのドライバーで、170センチの適正なライ角は51度、180センチなら53度といわれています。

身長170センチと180センチで比較するとライ角は2度の差がありますが、グリップエンドから指幅2本強を空ければ、違和感をなくして握ることができるでしょう。

本来はライ角調整をすれば簡単なのですが、ドライバーはアイアンのようにシャフトの挿す箇所とヘッドが一体になっているので、根元から曲げることはできません。

ドライバーのアドレスに影響を与えるJP・US仕様のライ角違い

球筋が安定しない理由の1つに、ライ角が適合しないドライバーが考えられます。

アップライトに構えなければならない場合、スイングするとフックすることが考えられますし、フラットに構える場合はスライスの恐れがあります。

しかしこれは机上の空論であって、実際には心配するほどのことはありません。

日本人の体型に合わせた、いわゆる国内(JPモデル)用のドライバーと、海外(USモデル)とのライ角の違いは1度です。

国内モデルは身長170センチを基準にしているといわれていますし、海外モデルは180センチを基準にしているそうです。

この身長差による適正なライ角差は2度ですが、実際には1度程度しか違いはありません。

一方でグリップの握り方はバラバラで、必ずしもグリップエンドぎりぎりに握るとは限りません。

アドレスの時点で、身体が勝手に反応して、長さを調節していることが多いようです。

そもそもアドレスとインパクトでは、シャフトの傾き(=ライ角)はまったく違うものになるので、アドレスの姿勢でインパクトを迎えているわけではありません。

ドライバーショットはアドレスとインパクトでライ角は全く違う!

ドライバーショットの場合、アドレスとインパクトのライ角差は10度以上あり、インパクトのほうがアップライトになっています。

つまりテークバックのスイングプレーンに比べると、ダウンスイングのスイングプレーンのほうが急角度になっているのです。

アドレスでのライ角がどんなに正しくても、ダウンスイングでのシャフトの傾きが10度以上も違えば、インパクトでライ角が影響を与える可能性はほぼないといっても良いでしょう。

最近では首元からヘッドを結ぶ縦のプレーンと、アドレスしたときのシャフトの傾きを表す横のプレーン、その中間をダウンスイングするオンプレーンという考え方が主流となってきています。

これはアドレスとインパクトでは、シャフトの傾きが変わることを示唆しているわけです。

ですからドライバーに限っては、ライ角についてナーバスになる必要はないということになります。

アドレスに入るときドライバーのライ角を無視して大丈夫?

アドレスに入るときドライバーのライ角をまったく無視をしても、大丈夫なのかといえばそうではないようです。

そもそもドライバーは、シャフトの差込口とヘッドが一体になっているので、ライ角を微調整することができませんでした。

そのため長さを変えてグリップの高さを調整するために、リシャフトしていたのです。

ところが道具の進化によって、自分でライ角調整ができるようになりました。

通称「カチャカチャ」と呼ばれる、ライロフト角調整機能付きのドライバーが市販されています。

こだわりを持つゴルファーにとっては、微細な調整ができるので高評価を得ているようです。

身体の硬さ(柔軟性)は日々違いますし、スイングの角度も多少は違っているはずです。

そう考えれば、スイングが安定しないアマチュアだからこそ、簡単にライ角調整ができるカチャカチャは便利な機能だと考えられているようです。

前述したように、アドレスとインパクトのシャフトの傾きの差は10度以上ありますから、このカチャカチャの効用はアドレスに限ったものと考えられます。

構えたときに安心感があれば、球筋が荒れないことを証明していると考えても良いのではないでしょうか。

アドレスでドライバーのライ角調整は違和感回避のため

ドライバーはヘッドの形状によって、ライ角調整ができないので、アドレスでのグリップの位置が合わなければシャフトの長さで調節するしかありません。

一方アドレスとインパクトではスイングプレーンが違うので、ライ角を調節してもインパクトに直接的な影響はないとも考えられます。

ドライバーの場合は、構えたときに違和感がないためのライ角と考えたほうが良いかもしれません。