SEARCH

「飛距離」の検索結果727件

  • 2021年4月23日

ゴルフ上達の第一歩として道具の違いを知ることから始めよう

それぞれのゴルフクラブの種類と性能を理解していますか?初心者にとっては知らないことばかり、また初心者でなくとも何となく経験から道具を使い分けているだけという人もいるでしょう。上手くなるためにはまず道具の違いを知ることからです。初心者はもちろん、そうでない人も初心に返ったつもりでゴルフクラブについて一から学んでみましょう。

  • 2021年1月22日

ゴルフスイングでプロのように左腕を伸ばしたまま振るには

皆さんゴルフ上達のためプロのスイング動画を見ることが多いと思います。彼らのスイングの特徴はバックスイングからトップまで左腕を伸ばしたまま肘がほとんど曲がらない状態でクラブを振っています。それはウェッジからドライバーまで全てのクラブで同じです。そう意識していても左腕の肘が大きく曲がってしまうことに悩んでいるアマチュアゴルファーは少なくありません。

  • 2020年10月23日

パターの長さを気にするよりプロの打ち方を覚えよう

パターの長さが気になることありませんか?長さがしっくり来なくなってフォームに違和感があるときは、アチコチと弄りまくって矯正を試みるよりも、プロのフィームを真似して完全に習得すると、結果的に問題解決は早くなります。今回はパッティングの違和感を、プロの真似で直す方法を紹介します。

  • 2020年9月25日

フェアウェイウッドはユーティリティのラフ打ちができない?

フェアウェイウッドとユーティリティはヘッドのサイズが違うだけと考えているようなら少し違います。フェアウェイウッドはドライバーに次ぐ飛距離を備えたクラブですし、ユーティリティはラフの中からでも平気で打つことができるクラブだからです。そこでこの2つのクラブを対比して、どちらか1本を選ぶときの選択ポイントについて考えていきます。

  • 2020年7月24日

既存のドライバーを短尺にしたときはバランス調整が必要?

これまでの歴史から、ドライバーは軽くて長いほうが飛ぶと考えられてきました。それが近年短尺ドライバーを使って300ヤード超えのプロが増えてきています。今回は、これまでの歴史とルール、そして既存のドライバーをシャフトカットして短尺ドライバーを作るときに注意しなければならないポイント、そしてバランス調整を紹介していきます。

  • 2020年6月26日

インパクトでドライバーを右手で押し込むことの意味を探る

ドライバースイングの中で、「右手で押し込む」というインパクトの仕方があります。以前は右手を使うと球筋が安定しないと言われていましたが、ドライバーそのものの性能が高まった現在は、右手を使うことで球筋が安定し飛距離もアップすると言われています。そこで今回は右手を押し込むインパクトについて考えます。

  • 2020年5月22日

アイアンと連携させようかと迷うときのウェッジを揃える視点

アイアンセットの中に含まれているウェッジよりも、単品で販売されているもので揃えるとアプローチが上手くなりそうな気はしませんか?一方で連続性を考えると、番手間の距離がきっちり刻まれているアイアンセットに含まれているウェッジのほうが扱いやすいようにも思えます。そこで今回はウェッジを揃えるときの視点について考えます。