最も難しいゴルフ練習「左手一本打ち」ドリルがもたらす効果

ゴルフの片手打ちでの練習はレッスン雑誌等で良く取り扱われます。

しかし何度と無く挑戦して諦めた人も少なくはないのでしょうか。

と言うのも、利き手でない左手一本打ちは、ボールを打つことすらなかなかできないくらい難しいからです。

ただこの練習にはゴルフにとって絶大な効果をもたらしてくれることを知ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーをハンドファーストにすると飛ぶのは真実なのか

ドライバーは「ハンドファーストにすると飛ぶ」という説があります。ゴルフを知っている人なら、「...

ウェッジの打ち方のコツを知ったら使い方の幅が広がる!

キャディバッグに入っているウェッジを有効活用していますか?それぞれの打ち方を知っているようで...

ショートヤードで使うウエッジでロフトを立てる打ち方を習得

ウエッジを使ってアプローチショットを打つとき、ボールを上げて寄せる方法をとっていませんか。し...

パターをマレット型に変えて、打ち方次第でスコアもアップ!

プロゴルファーの世界では「パットイズマネー」だと言われています。優勝を狙うにはパターが上手く...

2パットで入れるパターの打ち方を覚えよう~マレット型編~

ゴルフでスコアアップを図るには、パットの打数を減らしていくことが必要です。もちろんドライバー...

ドライバーのフェースの向きは最終的に握り方で決まる!

ドライバーのフェースの向きによって、打ち出すボールの方向性は変わりますし、スライスやフックなどの...

ゴルフの悩みで多い「アイアンが右に飛ぶ」ときの原因と対策

ゴルフの悩みで多い「アイアンショットが右に飛ぶ」ですが、右に打ち出しているかスライスしているかで...

ゴルフ場のバンカーでボールを直接打つためには練習が必要!

ゴルフ場のバンカーショットは、砂と一緒に打ち出すエクスプロージョンショットが一般的です。...

ドライバーとアイアンは同じ打ち方をするのが正解か否か?

ドライバーからアイアンまで同じ打ち方をしようとすると、ウッドは調子良いのにアイアンが悪かったり、...

ドライバーのフェード打ちはクラブフェースを開いてはダメ!

ドライバーでフェードを打とうとしても、上手くコントロールできないことありませんか。普通にスイ...

ドライバーではハンドファーストのアドレスは間違いなの?

ドライバーのアドレスは、基本はハンドレイトと言われています。しかし、上級者の中にはハンドファ...

ゴルフスイングで股関節に重心を移しても前傾姿勢は崩さない

ゴルフではアドレスを再現することが重要とされていて、そのためには軸を中心としたスイングが必要です...

ゴルフスイングでリストターンができるようになるためのコツ

ゴルフでボールを打つときリストターンができていますか?リストターンは目的ではなく結果です。...

アプローチがシャンクする原因となる左肘の逃げの直し方

アプローチがシャンクするのは、左肘が外側に逃げているからかもしれません。シャンクの原因になり...

ゴルフで左手首が痛いときの対処法とその後のスイング改造

ゴルフをしていて左手首が痛いときは、今のスイングやフォームに問題があるかもしれません。今回は...

スポンサーリンク

ゴルフで片手一本打ちができない人とは

ゴルフでダフリやトップなどのミスが多発して悩んでいる人は、片手一本打ちをやってみましょう。

恐らく右手でも左手でも上手く打つことができないでしょう。

ミスが多発するのにも、片手一本打ちが上手くできないことにも同じ原因があります。

それは、体を使わず手打ちをしてしまっていること、右手のコックがインパクト前にほどけてしまっていること、左手主導のゴルフスイングができていないことなど、ゴルフスイング自体に様々な問題があると考えられます。

もちろんここで挙げた3点以外の問題もあるかもしれませんが、ゴルフスイングにとって全て重要な要素となります。

片手打ちだとクラブをまともに上げることすらできない人の多くは、握力や腕力がないからと諦めてしまっているでしょう。

しかし実はそこにできない原因はありません。

握力や腕力がさほど無くても体を使ったゴルフスイングをしていれば、利き手でなくても問題なくクラブを振ることができるからです。

ゴルフで片手一本打ちができない人は、自身のゴルフスイングにどこか問題があることを理解して練習に取り組むと良いでしょう。

体を使ったスイングの習得は左手一本打ちから

ゴルフスイングで大切なことは体を使ったスイングをすることです。

頭では分かっていてもボールを打ちに行こうとしたり、飛距離を出そうとしたりすると、無意識に手打ちになってしまう人が多いです。

そこで、左手一本打ちの練習をすることで体を使ったスイングを覚えるのです。

と言うよりもむしろ体を使ったスイングをしないと左手一本打ちをすることができません。

腕だけでスイングしても左手一本打ちではボールを打つこと自体難しいです。

実は左手に限らず右手一本打ちでも同じことが言えます。

手で打ちに行こうとすればするほど、クラブを上げることもボールに当たることも難しくなります。

この練習では体の動きを意識しながら粘り強く続けることが大切です。

片手だけでしっかりとボールを打てるようになった時には、自然と体を使ったスイングができ、正しい体重移動が身についているでしょう。

何よりもまずは体を使ってバックスイングができるようにすることです。

そこまでできると、意外とダウンスイングからフィニッシュまでは流れるように上手くできるはずです。

片手打ちで左手主導のゴルフを体感できる

ゴルフスイングの基本は「左手主導」です。

しかし利き手が右手の人が多く、左手主導のスイングがなかなかできない人が多いです。

左手主導だと分かっていても利き手の右手が邪魔をしてしまうからです。

と言うのも、やはり利き手の方が器用で上手く使うことができるので、無意識に右手主導でスイングをしてしまうのです。

右手主導になるとアウトサイドイン軌道になり、ダフリやシャンク、トップ等いろいろなミスの原因になります。

左手主導でスイングができるようになるとそのようなミスは激減し、大きなフォローを取れるようになることで飛距離を伸ばすこともできるでしょう。

左手一本打ちの練習を取り入れることで左手主導のスイングを体感することができます。

左手一本でボールを捉えたときのスイング軌道が正しいスイング軌道と言えます。

この練習をすることで、正しいスイングの形や、スイング軌道などを体感することができるのです。

体感しないことには正しいスイングがどんなものかが分からないので、どんなに練習を重ねても身につくことはありません。

ゴルフスイングで「体感する」と言うことはとても大切なことだと言えます。

左手一本打ちの練習方法とは

実際に挑戦したことのある人も挑戦したことの無い人も、まずはゴルフ左手一本打ちの練習方法をしっかりと知っておきましょう。

正しい練習方法をしないと上手くいかず嫌になってしまったり、体を痛めてしまったりします。

クラブはボールを捉えやすいウェッジやショートアイアンのような短い番手にしましょう。

グリップの握り方やアドレスは通常のゴルフスイングと同じ要領でOKです。

ただ最初はクラブを短めに持った方がやり易いでしょう。

右手を使わないので置き場に悩むのですが、基本的にココと場所は決まっていません。

しかし参考までに左手一本打ちの練習を取り入れているプロの多くは、腰やお腹に置いて練習しています。

一番オススメなのは左手を押さえる形にすることです。

特に初めて左手一本打ちの練習に挑戦する人やフォローで左脇が開いてしまう人にはオススメです。

当然最初は上手く打つことはできないので、ハーフスイングもしくはそれより小さい振り幅から始めましょう。

30ヤードくらいを目標にしっかりと打てるように練習してください。

左手一本打ちの練習のコツ

次にゴルフ左手一本打ちの練習のコツを紹介します。

バックスイングで日頃手打ちをしている人は、手でクラブを上げようとしてしまいます。

そうすると小さな振り幅であっても上手くクラブを上げることができないでしょう。

そこでクラブを肩で上げるように意識してください。

手首を縦に折りコックした場所がトップの位置になります。

左手をできるだけ伸ばし、体から離れないように意識しながら行うことです。

また手首の角度をインパクトまで変えないことも大切です。

最初はそれらを意識しながらゆっくりと行ってください。

全体の動きが頭と体で理解できたら、普段通りのスピードでスイングをしてみましょう。

ある程度打てるようになってきたらフォローを意識します。

左手一本だと余計な力を入れることはできないので、ヘッドの重さを感じ、遠心力を使った大きなフォローができるはずです。

大きなフォローは飛距離を伸ばすのに重要です。

そして大きなフォローをするためには脱力感が大切なのです。

左右交互に練習するとゴルフ上達効果は何倍にもなる

ゴルフの左手一本打ちの練習がどれだけ大切で、どれだけ効果的なのかは理解できたでしょう。

左手だけでなく右手一本打ち練習もゴルフスイングの練習には効果があります。

そしてより効果を何倍にもするには、左右の片手一本打ちを交互にすることです。

もちろん、左右それぞれの片手一本打ちでしっかりとボールを打てるようになっていることが前提となります。

効果的な練習メニューは以下の組み合わせです。

①左手一本で30ヤードを10球

②右手一本で30ヤードを10球

③両手で30ヤードを10球

こうして交互、そして両手で練習をします。

①と②の練習をした後に両手で打ったときの感覚は、今まで両手で練習していたときの感覚とは全く違って感じるはずです。

何故なら片手交互の練習をすることで、体を使ったスイング、そして左手主導のスイング、右手の役割の感覚がある状態で両手スイングをするからです。

片手一本打ちの練習が苦にならないほどできるようになったら、打つ球数を増やして行うと良いでしょう。

もしくは①②③を1セットとし、何セットか繰り返しても良いです。

できないことこそ粘り強く行うと効果が大きい

左手一本打ちの練習がゴルフスイングに大きな効果をもたらすことを分かっている人は多いでしょうが、継続できる人が少ないです。

空振りや上手く打てない状態が続くと練習に面白みもなくなり、継続困難に陥るのです。

しかしできないと止めてしまってはゴルフが上達することはありません。

難しい課題こそクリアした時に大きな上達に繋がります。

「諦めないこと」それがゴルフ上達に最も重要なことになります。