色々厳しいゴルフでの服装マナーでスニーカーはNGなのか!?

服装マナーに厳しいゴルフでは、行き帰りに履く靴とプレー中に履く靴を分けなければなりません。

プレー中はソフトスパイク付き、もしくはスパイクレスのゴルフシューズを着用します。

ゴルフシューズは基本的にスニーカータイプになるのですが、行き帰りやクラブハウス内で履く靴はスニーカーでも問題ないのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフルールによって救済されるものとされない人工物がある

ゴルフのルールでは人工物のことを、「障害物」と呼んでいて救済の対象としていますが、動かせるものと...

パターの持ち方にルールを設けた理由は下品だったから?

パターの持ち方や打ち方は自由だったわけですが、PGAツアーの優勝回数最多の選手の「パターが入りす...

ルールで定められているドライバーの高反発規制の範囲とは?

ドライバーの飛距離に貪欲なのはいつの時代も変わりません。ゴルフは飛距離を競うスポーツではない...

ゴルフの服装でTシャツやジーンズのズボン以外にもNGはある

ゴルフ場によって服装のマナーやドレスコードが定められていて、遵守が求められることがあります。...

【ゴルフのルール】ボールが池に入ったときの数え方と対処法

ゴルフのルールはペナルティが科せられたり、対処法が決まっていたりと結構複雑です。知らずに...

アイアンをアドレスするときソールするとライの改善になる?

アイアンをアドレスするとき、ボールの後ろにヘッドをソールしていますか?ラフの中でソールが原因...

パターのライ角がルールで定められた本当の理由は?

パターにはライ角を規制するルールがあります。普通のパッティングスタイルをとると、このルール内...

ゴルフ用ズボンのカーゴパンツを認められないのはどう思う?

最近ゴルフショップで人気のズボンの一つであるカーゴパンツは、ゴルフ場の服装規定で認められていない...

ゴルフ場の服装規定にない帰りの服装はどうすれば良いの?

ゴルフ場の服装については、マナーを求める場合とドレスコードで規定している場合があります。ドレ...

ゴルフ場でポロシャツ以外でも着られる服装ってある?

ゴルフ場でプレーをするときには、襟付きのポロシャツ以外の服装は着られないのでしょうか?今...

ゴルフルールの改正で厳格になるラウンドの所要時間とは

2019年レディゴルフを提唱するゴルフ規則の改正に伴って、1ラウンドの所要時間が気にかかるところ...

ゴルフの服装マナーで靴下にもマナーが存在するの知ってた?

ゴルフは他のスポーツとは違い格式高いスポーツと言うイメージがあります。その理由としてゴルフは...

ゴルフ場の服装が半ズボンだけではダメという理由を調べる

暑い時には涼しい格好でゴルフをしたいものです。多くのゴルフ場の服装規定には「半ズボンのときは...

ゴルフコースの服装規定は女性へのマナー違反ではないの?

ゴルフコースでの服装規定については、ゴルファーであれば多少なりとも知っていると思います。その...

パターの握り方にはレギュラーとイレギュラーの2種類がある

パターの握り方にはたくさんの種類があります。もちろん基本の握り方はありますが、トッププロをは...

スポンサーリンク

ゴルフ場に行くまでの服装マナー。スニーカーはOK?

ゴルフ場への行き帰りやクラブハウス内での靴に関するルールやマナーを知っていますか?

まず行き帰りにゴルフシューズを履くのはNGです。

それはゴルフ場以外で着用したゴルフシューズの靴底に、芝に悪影響な菌などが付着してしまう可能性があるからです。

芝保護のため芝に悪影響を与える菌をゴルフ場内に持ち込むのは、ゴルファーとして絶対に避けなければなりません。

ただし休憩中などクラブハウス内で過ごす場合はゴルフシューズでも構いません。

それでは行き帰りにはどのような靴を履けば良いのでしょうか。

多くのゴルフ場がスリッパやサンダルを履いての入退場をNGとしています。

スニーカーに関しては賛否両論ありますが、ほとんどのゴルフ場ではOKとされています。

しかし入退場にジャケット着用を義務付けているような格式高いゴルフ場ではスニーカーはNGとされており、革靴の着用をマナーとしています。

初めて行くゴルフ場の場合は、入退場での服装マナーを事前に確認しておくと良いでしょう。

スニーカーNGの場合、入場拒否される可能性もあるので気をつけてください。

プレー中の服装マナーとしてはやはりスニーカーはダメ?

野球やサッカー、バレーボールなど、多くのスポーツにはユニフォームがあります。

しかしゴルフではプロのツアートーナメントでもユニフォームを着ていません。

年に数回国対抗などでプレーする場合でも、カラーの統一等はあるもののそれぞれ違ったタイプの服装をしています。

つまりゴルフにはユニフォームのように決まった服装はないのです。

しかしゴルフ場でも練習場でも服装に関してのルールやマナーがあるので、それに応じた服装で入退場やプレーをしなければなりません。

また靴に関してもプレー中に履いて良いものと履いてはダメなものが明確にされています。

プレー中にビジネス用の革靴を履くゴルファーはまずいないでしょうが、当然NGとされています。

近年はスニーカータイプのゴルフシューズが多く販売されていることもあって勘違いしやすいのですが、ゴルフシューズ以外のスニーカーを履くのはNGです。

見た目が似ているので問題なさそうに感じるかもしれませんが、ソールの仕様が異なり、ゴルフシューズはプレーに適した作りになっています。

ソフトスパイク付きはもちろん、スパイクレスでも滑りやすい芝の上で足が踏ん張れるような作りになっています。

服装マナーでスニーカーはNGだけどゴルフはできる?

ゴルフ場の服装マナーでゴルフシューズの着用が定められていますが、果たしてスニーカーでゴルフをプレーすることはできないのでしょうか。

実際のところ、ゴルフをプレーすること自体はスニーカーでもできると言えます。

ただゴルフ場でラウンドする場合は、マナーや危険性からNGとされているだけです。

故にこれと言って服装マナーに厳格ではない打ちっぱなしゴルフ練習場やショートコースでは、スニーカーを履いて練習をしても問題ないでしょう。

ただそれがベストな選択ではないというだけのことです。

先に話したように、ゴルフシューズは靴底が安定したグリップを得られるような作りになっているので、足の踏ん張りが重要なゴルフスイングに適応しています。

人工芝やゴム製のマットはスニーカーでもグリップするようにはなっているため、許容範囲です。

確かに服装マナーとしてはNGになっていませんし、クラブを振ることが不可能ではないので問題はありませんが、正しい練習ができるとは言いがたい状況にはなります。

また雨の日など地面が滑りやすくなっている日は、ゴルフ練習場でもスニーカーだと怪我をする恐れも十分にあります。

そのため、これはルールやマナーでなく本人の意識の問題になるでしょう。

複数あるゴルフシューズの種類

ゴルフ場の行き帰り以外は基本的にゴルフシューズで過ごすのがゴルフの服装マナーです。

そんなゴルフシューズにも種類があり、中にはNGとされているゴルフシューズも存在します。

まず現在主流となっているゴルフシューズは2種類あります。

それはソフトスパイクとスパイクレスのシューズです。

ソフトスパイクとはプラスチック製のスパイク鋲が取り付けてあり、スパイクレスはスパイクは付いておらず、靴底の形状が凸凹していることでグリップ力を高めています。

どちらも外見はスニーカーと似ているのですが、靴底の作りからゴルフシューズとの区別ができます。

また最近ではあまり見かけるのが少なくなりましたが、革靴に似たゴルフシューズもあります。

昔からゴルフを楽しまれている方は、品位を保つ意味で革靴タイプを好まれることが多いです。

しかし軽量性や防水性に欠けるため、近年はスニーカータイプのほうが主流となっています。

また多くのゴルフ場でNGとされているゴルフシューズが、メタルスパイクのゴルフシューズです。

昔はメタルスパイクしかなかったたのですが、芝を傷めてしまうことから現在はほとんどのゴルフ場でNGとなっています。

ゴルフの服装マナーで微妙なスニーカータイプ

近年はゴルフシューズにも様々なデザインの物が増えてきています。

ゴルフシューズであればゴルフの服装マナーに違反しませんが、斬新なデザインの物は格式高いゴルフ場では確認の意味を込めて尋ねられることもあるかもしれません。

中にはデザイン的にNGとするゴルフ場もあるかもしれません。

斬新なデザインとはどのようなものかというと、「普段使いのスニーカー寄りのデザイン」です。

スニーカータイプのゴルフシューズが主流とは話しましたが、最近は見た目がほぼほぼ街で履くスニーカーというようなデザインのものも登場しています。

何より世界的に賛否両論だったのが、ハイカットスニーカータイプのゴルフシューズです。

ナイキはゴルフウェアでも斬新なデザインのものを率先して取り入れており、服装マナーの中で頻繁に取り上げられています。

ハイカットスニーカータイプのものも、ミシェル・ウィーが履いたときに賛否両論ありました。

ゴルフシューズとして販売されていることもあり機能的には全く問題ないためNGにはなりませんでしたが、ベテランゴルファーが一見勘違いされてしまうようなデザインなので、ゴルフ場によっては気をつけた方が良い場合もあります。

マナーを守ればお洒落要素が満載!

ゴルフの靴に関する服装マナーについていろいろとお話しました。

ゴルフは服装マナーに厳しいイメージが強い人が多いかもしれませんが、実はそこまでないなと思った人も多いのではないでしょうか。

行き帰りは格式高いゴルフ場を除けばスリッパやサンダル以外でOKですし、プレー中はゴルフシューズであればOKです。

それだけのマナーやルールを守れば良いだけなのです。

最近はアパレルメーカーや靴のメーカーなどゴルフメーカー以外の会社がゴルフ業界に参入していることもあり、ゴルフシューズ一つとっても実に様々なタイプのものが出ています。

ここ数年多くのプロが履いており、ゴルフシューズとしても知名度が一気にアップしたのがニューバランスです。

スポーツ用のスニーカーというイメージが強かったのですが、ゴルフシューズのイメージも段々と定着してきました。

またあのコンバースもゴルフシューズを出しています。

若干カジュアル志向が高く、一見普通のスニーカーにしか見えず勘違いされてしまいがちですが、機能性共にちゃんとしたゴルフシューズです。

服装に合わせてゴルフシューズを選ぶお洒落ゴルファーも増えてきています。

お洒落は足元から!ゴルフも足元から!

良くデザイナーやファッションコーディネーターが、「お洒落は足元から」と言います。

そのため、ゴルフウェアをお洒落に着こなすためにもお洒落なゴルフシューズを選ぶのは大切です。

しかしそれ以上に大切なのはゴルフシューズの履き心地や機能性です。

6時間近く芝の上を歩き、ゴルフスイングで何度も足を踏ん張るなど、ゴルフで一番使うのが「足」です。

その足を支えるゴルフシューズ選びはクラブ選びと同じくらい大切です。