アプローチ下手ゴルファーのための簡単に失敗をなくす打ち方

せっかくグリーン近くに来たのに、アプローチがトップ、ダフリ、チョロ、ザックリでは、本当にガッカリしてしまいますよね。

フルショットは打てるのに、いざ距離を調整しようとするとどう打って良いか分からなくなるものです。

「振り幅で調整すれば良い」と言われても、それができない。

そんなゴルフになると、スコアは望めなくなってしまいます。

ここでは、なぜボールを飛ばさなくて良いのにそれができないのか、そんな人はどんな打ち方をすれば良いのか述べていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パターの理論と打ち方のコツをつかんで劇的にスコアアップ!

スコアが悪くなる原因は何でしょう。ティーショットやバンカーショット、アプローチショットなどい...

フェアウェイウッドショットがスライスするときの直し方

フェアウェイウッドがスライスするときは原因を特定してから、その原因を取り除く直し方をするのが一般...

ゴルフスイングのコックは意識しないでほどくと上手くいく!

ヘッドスピードを加速するゴルフスイングでは、コックの使い方が重要になってきます。今回は、分か...

アイアンはレベルブローのスイング軌道を完璧に習得しよう

一般的にアイアンを練習するときは、レベルブローのスイングを主体にしますが、コースでプレーをすると...

不調なパターの改善にアドレスをプロに近づけてみよう!

パターに迷いが生じたら、もっと練習をして克服するという方法もありますが、アドレスやパッティングフ...

ゴルフのスイング改造で簡単にボディターンができるコツ

現在のゴルフスイングの多くはボディターンが使われています。いわゆる横振りのスイングで、円を描...

ゴルフスイングで手首を使わないのは迷いを払拭するため?

ゴルフスイングでコックをリリースするタイミングに迷いがでたとき、手首を使わないノーコックのス...

もう3パットはしたくない!パター上達の為の練習方法とは?

ティーショットでナイスショット!セカンドもナイスショットで見事にパーオン。しかしそこから...

アプローチ用のゴルフクラブを駆使しなくても上手くなる方法

アプローチの仕方を少し変えるだけで劇的に上手くなれます。ゴルフクラブの使い方や難しいスイング...

失敗しないアプローチでスピンをかける打ち方と考え方

ゴルフにおいて、アプローチの技術はスコアに直結します。また、キュッと球が止まるアプローチや、...

ドライバーを安定させるには正しいテイクバック軌道を知ろう

ドライバーの球筋が安定しないのは、インパクトのフェース面のズレによるものです。フェース面をタ...

ドライバーの長さが身長に合っていないのが曲がる理由に?

ドライバーの長さが身長に合っていないと、打ち出すボールが曲がってしまうことがあるのを知っています...

正確なショットを望むならゴルフスイングは左足に重心を置く

ゴルフクラブを構えたとき、左足と右足のどちらに体重をかけているでしょうか。アドレスでの重...

フェースを開く特殊な打ち方とリスク回避のための考え方

グリーン周りのショートアプローチでは、フェースを開く打ち方を選択する場合があります。1本のク...

パターが上達したい!ゴルフの基本とする構え方と打ち方

パターに関して昔からゴルフ界では「打ち方は自由」といわれていますが、本当に好き勝手に練習をしても...

スポンサーリンク

なぜ調整を振り幅でアプローチするゴルフが難しいのか

「アプローチはフルショットの振り幅を小さくて打つ」そういった打ち方は一見シンプルで理屈としては簡単なのですが、実は相当な熟練が必要です。

50ヤードのアプローチの場合、ピッチングでフルショット100ヤードを打つゴルファーなら半分です。

それに合わせてあらゆるところが半分とするなら、二の腕の振り幅、肘の角度やコッキングの角度全てが半分なのでしょうか。

それはどこまで上げれば良いのでしょう。

しかしながら例えクラブヘッドの移動距離が半分だとしても、距離が半分になるとは限らないのがゴルフの難しいところです。

なぜなら振り始めとインパクトゾーンではヘッドスピードが違うからです。

したがって熟練していないと距離と振り幅とのミスマッチが起こります。

それだけなら大きなミスにはならないかもしれませんが、思わずインパクトを緩めたり逆に力を入れたりしてしまいます。

そうなればダフリやトップ等、あらゆるミスが出てしまうのです。

アプローチをウェッジで打つゴルフが難しいわけ

ゴルフボールの最下点と赤道を結んだ線は、地面に対して45度です。

そのためロフト角が45度のクラブをレベルブローで打つ場合、リーディングエッジがボールの赤道から下半分の間に入れば、フェース面にボールが当たってくれます。

それは最下点と赤道を結んだ線よりボールの円弧が外側にあるからです。

ではロフト角が60度になると、ボールがフェースに当たるのは、ボールの最下点から地面との30度(90-60=30)の直線とボールの円弧との交点との間で狭くなります。

さらにそのクラブのソールにバンスがついていると、リーディングエッジはぴったり地面につかずにバンスの分浮くことになりますから、その浮いた分フェースに当たる範囲が狭くなります。

仮にバンスがなくてもフェースを開いたりするとソール面がバンスの役割をするので、リーディングエッジが浮いてきます。

また、アプローチでやりがちなボールをしゃくり上げようとして、スイング軌道の最下点がボールの手前になるような打ち方をすると、ほとんどボールがフェースに当たる範囲がなくなるためミスしか出ません。

アプローチでパターのような打ち方はできる?

「パターの打ち方のようにアプローチをする」と良く言いますが、実はパターとそれ以外のゴルフクラブは構造の違いで、同じような打ち方をできないようになっています。

第一にパターはシャフトのグリップ側の延長線上と、両肘の位置がほぼ一致するように設計されていますが、その他のクラブはシャフトの延長線より肘が高くなるように設計されています。

第二にパターのシャフトのヘッド側の延長線はほぼフェースの中心に重なるようになっている場合が多いですが、他のクラブはそのようになっていません。

ルール上そのようなクラブを作ることはできまいのが理由です。

こうしたことからパター以外のクラブは自然にバックスイングでフェースが開き、意識しなくても勝手にコッキングされタメができます。

そしてダウンスイングでフェースを閉じていく、腕を返していくことで、ヘッドスピードが上がるように設計されているということです。

ゴルフは振り子のような打ち方はできる?

「ゴルフは振り子の原理を活かした打ち方をする」と良く言われます。

ただそのアドバイスはザックリしていて良く分かりません。

確かに振り子の原理から言えば、振り幅に関わらず一定時間に振れる回数は同じなので、最下点を通り過ぎるスピードは振り幅が大きいほど速いことになります。

再現性も高く方向性も正確です。

それでは、例えば首筋を支点として本当に振り子を垂らすとしたら、ボールは両足の間くらいに置かなくてはならなくなります。

しかしながらこれではボールを打つことはできません。

なぜならゴルフクラブにはライ角があり、「力を抜け」と言われてもこのライ角を保つ力まで抜いてしまっては打てないからです。

更に、アプローチであれ体が回転するのであれば、バックスイングは体の右側に手を上げます(右腕のラジオ体操の深呼吸のときの動き)が、フォローでは体の正面方向に上げます(桶の水を背中にかけるような動き)。

つまり、オーケストラの指揮者のように方向が横から縦に変わりながら振っているのです。

アプローチが苦手なゴルファーの打ち方

ドライバーショットのような飛ばすためのスイングは、体のどこかを動かさないように我慢する所はありません。

一方パターの一般的なアドバイスは、「下半身も腕も一切動かさずに、肩だけでストロークする」です。

つまり、正確さを要求されるショットほど体の動く所を最小限にすることが求められます。

前述した通り、確かにアプローチでも体を回転させるべきというアドバイスがあり、そうしているプロゴルファーもいるでしょう。

しかし苦手克服ということでしたら、体の回転や体重移動のないアプローチの打ち方をすることをおすすめします。

前述の通りパター以外のクラブはシャフトと肘との高さに差があるので、アドレスで少しコッキングした状態になっているため、その角度も維持しなくてはなりません。

コッキングの角度を維持するには、シャフトプレーンが平らではなく、横にした円錐の側面をなぞるようなイメージ(例えばバケツを横向きにして、上の輪がフェースの軌道で底の輪がグリップの軌道になるようなイメージ)を意識して振ります。

この打ち方をするだけで苦手なアプローチを克服

これまで述べてきた問題点は、あることを意識した打ち方をするだけで、かなり解決します。

それは、手首のローリングを反対にすることです。

普通のショットは、バックスイングではゴルフクラブの構造で自然に右手の手のひらが少し上を向き、フォローでは下を向きます。

それを、バックスイングでは左手の甲が下を向き、フォローでは右手の手のひらが上を向くようにスイングするのです。

これをすると、ボールに当たる段階ではロフトが立ったクラブでアプローチするようなフェースの入り方をして、ボールがフェースから離れる際には、しっかりクラブのロフトになるので、簡単にボールに当てられスピンもかかります。

腰を回転させなければ、左腕がロックされ、腰辺りより上がらないようにできます。

またいくら腕を90度に抑えても、コッキングが90度ならシャフトは180度になりますが、先ほどの方法ならコッキングもある程度抑えられ、左腕との一体感が出ます。

したがって、これにより3時9時のスイングが簡単にできるようになります。

また、良く言われる「右手でゴミを下手で放ってゴミ箱に入れる」ような距離感の出し方ができるようになります。

ウェッジは飛ばさない道具ではない?

ゴルフクラブはパター以外、アイアンであれウェッジであれ、フルショットしたときに適正な距離が打てるように作られています。

それを振っても距離が出ないような、ちょっとした工夫をすることでゴルフの腕前は上がります。

今回アプローチ下手なゴルファーのうまくいかない理由をまとめましたが、上手くなるための方法も合わせてまとめましたので、試してみてください。