アイアンのティーアップの高さ調整でスコアがアップする?

ショートホールをアイアンで打つときはティーアップをしますよね。

ティーアップをすることでボールをクリーンにとらえやすくなり、高さのある弾道でグリーンへ飛んでいきます。

大切なのは地面からどれくらいボールを浮かせるかです。

そのためのティーの種類やティーアップのやり方を説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パターの練習を自宅で効率よく行うポイントとコツを紹介

パターとは求められる飛距離もなく、初心者であろうともすぐにスコアを縮めることに使える唯一のクラブ...

アイアンは鉛で飛距離のある安定したショットを手に入れろ

アイアンを思い通りに操り、狙い通りにボールを運ぶことはゴルファーの憧れです。そんな素晴らしい...

ドライバーのグリップを太いサイズに交換したらフックが改善

ドライバーがフックするのは、もしかしたらグリップが細いからかもしれません。そこでグリップのサ...

パターマットを使った練習方法を間違えていませんか?

自宅で簡単にパッティングができるパターマットを用意して練習している割りに効果が現れてこないとした...

ゴルフ練習場の距離表示と本当の距離との誤差と必要な意識!

ゴルフ練習場で練習を行うとき、自分の感覚と飛距離に誤差を感じることはありませんか?その原因と...

ウェッジは鉛の貼り方を間違えたら効果がない?

ウェッジのヘッドの効きを良くするために鉛を使うことがあります。貼り方によっては効果が見られる...

ドライバーのフックを直してくれる鉛の貼る位置とその効果

ドライバーショットのフックを抑えるするためには、インパクトでのフックフェースをスクエアフェースに...

本当にパターマットを自作して練習する覚悟はある?

大半のゴルファーにとってパターの練習は自宅でしかできないものです。多くの場合は市販の専用マッ...

アイアンのヘッドカバーの目的と使い方を分かっている?

アイアンのヘッドにカバーをつけているゴルファーを見かけます。その使い方によっては遅延プレーに...

ドライバーをまっすぐ飛ばすための練習方法(自宅での練習)

ゴルフのラウンドにおいては、必ずといってもよいほど、最初のホールでドライバーショットが必要となり...

グリップの替え時とゴルフを充実させるおすすめのメーカー

ゴルフのグリップがしっくりこない、替えたらもっと良いスイングができるのでしょうか。グリップは...

ゴルフが上達するにはアプローチの練習方法を自宅で見つける

ゴルフでグリーン周りのアプローチを強化したいと願ってもプロでないと練習場へ行く時間を作るのも容易...

ウェッジのバランスを軽くする究極で過激な方法を知ってる?

ウェッジはバランスを軽くすると、操作性が高くなります。ヘッドのコントロールが高くなるのですが...

アイアンのグリップを太めのタイプにするときの注意点

アイアンのグリップを太めにすると、方向が安定すると言われています。一方、太いとスライスすると...

簡単にできるドライバーの重りでカスタマイズ効果を得る!

ドライバーが安定しなくて困っているゴルファーは購入時のまま使っているのかもしれません。そんな...

スポンサーリンク

ティーアップに必要なティーとははどんな道具?

ティーアップとは、ティーイングエリアからボールを打つときに、ボールを地面から浮かせることです。

ボールを浮かせる道具をティー(ティーペグ)と言います。

ラウンドでティーを使えるのは、ティーイングエリアとローカルールのプレーイング4の特設ティーから打つときだけです。

ラウンドでは18ホールでティーを使用しますので、ゴルフにはなくてはならない道具のひとつです。

ドライバーは長めのティー、フェアウェイウッドは中間のティー、アイアンは短いティーを使用します。

ティーアップの効果は、ティーイングエリアのライの状態を気にせずに打てるということ。

ティーイングエリアは多くのプレーヤーがスタンスを固めて使うので当然荒れています。

そんなティーイングエリアで正確にボールを打つために、ティーを使うことは非常にメリットが高いのです。

特にアイアンはボールの高さを調整することで、弾道の高さと飛距離が期待できます。

道具としては非常に小さいモノですが、その存在はかなり大きなモノです。

ティーアップの高さはどうする?

ところでアイアンの正しいティーアップの高さとはどれくらいでしょうか。

アイアンはラウンド中は芝からあるがままに直接ボールを打ちます。

そのためティーイングエリアのライが良ければ、同じように直接ボールを打っても構いません。

しかしながらアイアンでティーを使うのはショートホールが多く、ティーアップしたほうが方向性と弾道が良くなります。

ワンオンするためには、ティーアップしたほうが良いのは間違いありません。

一般的にティーを高くすると球筋が高くなり、低くすると低くなります。

そして高いティーアップは力が入りすぎると左にひっかけやすくなり、低いティーアップは右に行きやすくなります。

ショートホールは距離が短いぶん、真っ直ぐ高い弾道でベタピンを狙いたいところです。

ショート4ホールを全てワンオンするためにも、ティーの高低を調整して自分に合った高さを決めてください。

次に一般的なティーアップのやり方を説明します。

アイアンのティーアップのやり方

一般的なアイアンのティーアップは、ミドルアイアンで地面から1センチ程度。

ショートアイアンで、地面から1~2ミリ程度にボールを浮かせます。

大切なのはフェースのスイートスポットにボールを当てることです。

ボールがヒットする場所が上過ぎても下過ぎてもいけません。

丁度良い高さを知るには、微調整を繰り返すしかありません。

とは言え、ラウンド中に何度も微調整はできません。

高さの感覚は練習場のティーで養いましょう。

練習場のティーは少し高めになっています。

その高さでベストショットするのであれば、ティーは高めが良いでしょう。

かなり上部分に当たるのであれば、ラウンドでは低めにすべきです。

ラウンドではしっかりとティーを芝に刺し込みましょう。

高さを整えようと軽く刺してしまうとボールは安定しません。

アイアンのティーアップは、フェアウェイから打つ最高の状態で刺すのが理想です。

最高の状態とは、フカフカの芝の上にボールが少し浮いている感じです。

ティーイングエリアは結構デコボコしているので、スタンスとグランドの状態を確認して高さを調整しましょう。

いつもと同じティーの高さでも、スタンス場所が沈んでいるかもしれませんし、ティーを刺した場所がへこんでいるかもれません。

ワンオンするには、ティーを簡単に刺すのではなく慎重にセットするのが賢明です。

アイアンのティーアップの高さは低めか高めか?

アイアンは基本的に地面から直接打つように設計されています。

ドライバーのように、地面から浮いた状態で打つことは想定されていません。

これを考えるとティーアップは低いほうが良いと考えられます。

ティーアップが高すぎるとフェースの上部にボールが当たり、いわゆるテンプラのボールでグリーンに届かずショートしてしまいます。

しかし、アマチュアのショートホールでのミスはザックリが多いのではないでしょうか。

これはワンオンさせようとして、つい力が入ってしまい起こるミスです。

レギュラーティーのショートホールは、150ヤード以下のコースが多くコントロールショットができる距離です。

練習場のティーの高さは少し高めなので、この高さでコントロールショットを練習して、ラウンドでワンオンを狙ってみるのも良いのではないでしょうか。

創意工夫もゴルフの楽しみですから、練習段階でいろいろ挑戦してみましょう。

ショートティーの種類と高さ調整

ティーの素材は木材、プラスティック、シリコンなど種類があります。

形状は地面に刺すタイプと地面に置くタイプがあります。

ロングティーには段が付いていて高さを自然に調整してくれるものもあります。

アイアンで使用するショートティーは長さが短くティーの種類は限られてきます。

ショートティーを選ぶ基準は、振り抜く際の打感の良さで選ぶと良いでしょう。

インパクトの際にショートティーの頭部分をかすめる感触は結構伝わってきます。

ただ短いからといってなんでも良いようではないようです。

シリコンタイプのティーには、2段階で高さを調整できるものもあります。

このティーはティーアップで地面に刺して高さを調整する必要がなく、ティーを置くだけなので便利です。

ショートティーは非常に小さく種類も少ないせいか、何となく選ぶ場合も多いかもしれまえん。

しかし、いろいろなタイプを使ううちに、自分に合う最良のショートティーが見つかるかもしれませんので、いろいろ試すことをおすすめします。

ティーを変えるだけでワンオンの確率も高くなるかもしれません。

季節によって変えるアイアンのティーアップ

季節によってもティーは変えたほうが良いでしょう。

冬季はティーイングエリアが凍っていて、ティーボーリングで穴を空けてティーを刺します。

これは結構面倒という、ゴルファーも多いです。

そのため冬場は置くタイプのティーを使うほうが良いでしょう。

地面が凍っているので、アイアンでダフると手首を痛めます。

クリーンに打てるようティーアップは高めに調整するのが良いです。

また夏場はティーイングエリアの芝が長い場合もあります。

少し長めのティーをしっかり刺して、高さを調整しましょう。

ゴルフ場によってはティーイングエリアが人工芝のところもあります。

硬くて刺しにくい場合もありますので、この場合はシリコンタイプの置くティーがおすすめです。

ティーイングエリアの状態は季節によって変わってきますので、季節に合わせたティーを持っておきましょう。

ショートティーはアイアンのヘッドが直接当たるため摩耗も激しいです。

ボールがティーのヘッドに上手く収まらず転がり出したら替え時です。

イライラするよりも、ティーは消耗品として割り切って使いましょう。

ゴルフは数センチの違いがスコアアップにつながるスポーツ

ショートティーの長さは長くて5センチ程度ですが、ゴルフは数ミリの違いでボールの方向や飛距離が変わってきます。

つまりミリ単位でスコアも変わってくるのです。

特にショートホールをパーで上がれるようになるとスコアは安定します。

僅か5センチのショートティーですが、自分に合ったティーがスコアアップにつながるかもしれません。

そのためティー選びは慎重にすることをおすすめします。