ドライバーではハンドファーストのアドレスは間違いなの?

ドライバーのアドレスは、基本はハンドレイトと言われています。

しかし、上級者の中にはハンドファーストで構えている人も多くいます。

今回は、ドライバーのアドレスにおけるハンドファーストとハンドレイトに関して考察をします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーはフェードボールの打ち方を覚えると安定する?

ドライバーはまっすぐ飛ばすのが難しいクラブです。そこで曲がる球筋のフェードの打ち方を習得する...

ドライバーとアイアンは同じ打ち方をするのが正解か否か?

ドライバーからアイアンまで同じ打ち方をしようとすると、ウッドは調子良いのにアイアンが悪かったり、...

「パターの原点」L字型パターの打ち方は知っておくべき!

パターはラウンドで最も使用するクラブです。そのため全ホールを2パットの36でラウンドすること...

ゴルフスイングで重要なフェースを閉じるインパクトの仕方

テークバックでヘッドをボールの後ろに引く動作を見かけますが、それはゴルフスイングはフェースが開い...

アプローチでシャンクが止まらない理由とすべき対処法

アプローチでシャンクが止まらないときは、さっさと家に帰りたいとさえ思うことがあるはずです。シ...

ドライバーを短く持つ今平プロを参考にしたグリップの握り方

ドライバーを短く持つと、ヘッドコントロールがしやすいので球筋が安定します。初心者は空振りやチ...

ドライバーを引いて手首が折れるのは捻転不足が原因なのか

ドライバーをかっ飛ばそうとテークバックしたところ、トップで左手首が甲側に折れることがあります。...

最も難しいゴルフ練習「左手一本打ち」ドリルがもたらす効果

ゴルフの片手打ちでの練習はレッスン雑誌等で良く取り扱われます。しかし何度と無く挑戦して諦めた...

ドライバーが苦手な女性ゴルファーへ!飛距離が伸びる打ち方

ドライバーが苦手という女性ゴルファーは、「打っても飛ばない」と感じていることが多いようです。...

ドライバーのパワーをインパクトに活かせないのは手首が原因

少しでも飛ばしたいと願うドライバーのティーショット、それなのに上手くインパクトができていないこと...

ドライバーをハンドファーストに構えても飛距離は落ちない?

ドライバーをハンドファーストに構えているゴルファーは意外に多いようです。しかしドライバーのス...

ドライバーの構え方『ヘッドをソールする?浮かせる?』

ドライバーの構え方は、ティーアップしたボールの後ろにヘッドをセットするのが当たり前ですが、これに...

ドライバーでインパクトを止める。そして振り切る。

ドライバーでインパクトを止める。そして振り切る。インパクトを止めたら振り切れませんし、実...

アイアンを構えるときの正しいグリップの位置はどこ?

アイアンを構えるときのグリップの位置は中央が良いのか、少しだけ左側が良いのか、もしくは少しだけ右...

ゴルフの悩みで多い「アイアンが右に飛ぶ」ときの原因と対策

ゴルフの悩みで多い「アイアンショットが右に飛ぶ」ですが、右に打ち出しているかスライスしているかで...

スポンサーリンク

ハンドファースト、ハンドレイトとはどういうこと?

まずはハンドファースト、ハンドレイトの違いを正しく理解しましょう。

ハンドファーストとは、グリップのほうがクラブヘッドよりもターゲット方向に出ている状態を言います。

対してハンドレイトはグリップがクラブヘッドよりも出ていない状態です。

つまりハンドファーストかハンドレイトかという状態は、ボールとグリップの位置関係で決まるということになります。

ドライバーのアドレスの場合、ボールは左肩の延長といったように、左寄りに置くことが基本となっていますが、このボールの位置でボールの真後ろにクラブを置くようにアドレスした場合、当然ハンドレイトになるというわけです。

これが、一般的なアドレスとして使われているため、ドライバーのアドレスはハンドレイトが基本と言われているのです。

ドライバーにおける正しいアドレスとは

しかしボールとヘッドの位置の関係で、アイアンやウェッジなどはボールの真後ろにフェースを合わせて構えることがほとんどだと思いますが、ドライバーでは、ボールは左サイドに置き、ヘッドはボールから離してスタンス中央辺りに構えるゴルファーもいます。

これは、ドライバーのスイングがアッパースイングと言われる最下点を通過した後にボールを捉えるスイングが良いとされているからです。

アドレス中央で最下点を通り、そこからターゲット方向に行くにつれて、ヘッドは上を向く軌道になります。

その経過途中で左にあるボールに当たようにするためです。

このようにアドレスを取る人は、ドライバーでもハンドファーストでのアドレスとなっているのです。

直接、地面から打つクラブでは、このようなスイングにはならないため、ボールのすぐ真後ろに構え、構えた場所か少し先に最下点を設定するアドレスとなります。

あるいは、ドライバーを左肩延長ほど左に寄せて置かない場合も考えられます。

スタンス中央寄りにティーアップした場合、きちんとしたグリップを取って構えた場合、自然とハンドファーストになるでしょう。

アドレスでドライバーをハンドファーストにするメリット

では、具体的にハンドファーストのメリットとデメリットは何でしょうか。

上に挙げた例のように、ボールをスタンス中央で取るアドレスで考えてみましょう。

ボールを中央よりに置いた場合、左サイドに置いた場合との違いは、クラブの軌道としてはインサイドから入りやすくなり、出球としてドローボールになり飛距離が伸びます。

このとき、ドローボールとフックを同じように考えてしまう人がいますが、全くの別物ですから注意が必要です。

ドローは、目標の右に対して真っ直ぐに上がり、落下時点から流れるように左に落ちてくる球です。

対してフックは、上がっていく軌道上から左に曲がり進むようで、目標に対して大きく外れてしまうような球です。

ドローやフェードと呼ばれる弾道は、あくまでも狙ったところに落とす技術であり、まずはストレートに打つことができなければ、習得できるものではありません。

ティーショットで言えば、ドローボールは落ちてからのランが出やすく、飛距離を稼ぎたいコースでのドライバーショットには向いています。

逆にショートホールでのティーショットで、グリーンに止めたい球を打つにはフェードが有利と言われています。

ハンドファーストに構えるときのデメリットは

前項では、アドレスでスタンス中央にボールを置いて、ハンドファーストでドライバーショットする場合のメリットを見てみました。

俗に言う「ボールが掴まり易い」ということでしょう。

では、反対にデメリットは何でしょうか。

ハンドファーストに構えるということは、クラブのロフト以上に立てるということに繋がります。

そうなると、ヘッドスピードがかなりある人でないと、低い弾道でしか打ち出せないので、飛距離が落ちてしまいます。

また、ドロー系の球は飛距離が出るとは言っても、インサイドの軌道が強過ぎると右へプッシュアウトしてしまう可能性も高くなります。

また、インサイドの軌道に加えてフェースが返る前に開いた状態でミートすると、【プッシュアウト+スライス】となり、即OBの大きなミスショットとなり得ます。

ティーショットでのミスで一番痛いのはOBです。

飛距離が落ちてもフェアウェイにさえ残すことができれば、セカンド以降挽回の可能性が残ります。

飛距離を得るには、どうしてもスイングスピードを上げることになります。

しかしながらスイングスピードが速くなればなるほど、球に回転が加わり曲がりやすくなりますから、ティーショットでOBが出ることは、ある程度のレベルまで行けば仕方のないことかもしれません。

しかし、打ち出しからすぐにOBとなるようなショットは、すぐに修正しましょう。

正しいハンドレイトのアドレスを身につけよう

ドライバーのアドレスでハンドファーストに構えることは、ある程度のリスクが伴いそうだということが何となく分かってきましたか。

それでは、次に基本的なハンドレイトのアドレスを見ていきましょう。

ハンドレイトは、ターゲット方向に対してグリップがクラブヘッドよりも出ていない状態だということは前項までに説明しました。

一般的にドライバーのボールの位置はかなり左寄りですから、普通にアドレスを取ったら、ハンドレイトの形になります。

では、その際のメリットとは具体的に何でしょうか。

まず、テイクバックのスムーズさが挙げられます。

なぜならテイクバックはほんのわずかにグリップ先行で上げるのが良いとされているからです。

アイアンのようにハンドファーストに構えている場合、テイクバックでグリップを先行させようとすると、ヘッドを追い越そうとして余計な力が入りやすく、スムーズに上げることが非常に難しいと言われています。

それに比べて最初からハンドレイトで構えている場合は、余計な力を入れることなく、自然にテイクバックすることが可能です。

ハンドレイトのアドレスは自然体で作るもの

こうして見てみると、ドライバーのアドレスはやはりハンドレイトが良さそうだと思えてきます。

しかし、ハンドレイトはグリップの位置を調整して作り出すというよりは、肩幅程度に開いたスタンスを取り、自分のスイング軌道に適したボールの位置を見つけ、正しくグリップした上で自然にボールの後ろにクラブヘッドを持ってきた形で良いのです。

大げさに、グリップを右ももの付け根まで持ってきてしまうと、バックスイングでインサイドに引くスペースがなくなり、アウトサイドインの軌道になってしまいやすいです。

あくまでも、スイングは自分の体の力をヘッドに乗せることが重要ですから、形にとらわれ過ぎず、自分のベストなポジションを見つけることが大切です。

基本のハンドレイトでストレートの打球を安定して打てるようになったら、ボールの位置を変えることでハンドレイトの加減を調整しましょう。

ボールを中央寄りにしていけば自然とハンドファーストになっていくものです。

そうしてドライバーの飛距離と弾道のコントロールができるようになると、格段にコースマネージメントのレベルが上がります。

ドライバーもアドレスが肝心!基本はハンドレイトで

ゴルフはアドレスでショットの7割を占めると言っても過言ではありません。

スタンス、フェースの向き、体の向き、クラブの立て方などが噛み合ってこそ、ナイスショットが生まれます。

中でもドライバーは飛距離も欲しいクラブですし、何と言っても1打目が良いと波に乗れるというものです。

是非、基本のハンドレイトをものにして安定したティーショットが打てるようになりましょう。