ドライバーがスライスばっかり?重心距離が長いせい?

ドライバーは構造上スライスしやすいと聞いたことありませんか。

そこで、なぜスライスしやすいのか考えたことはありますか?

それは、長いシャフトや重心距離に関係があります。

今回はドライバーがスライスしやすい理由を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンのミスを軽減!シャンクやトップの原因と対策

アイアンでのミスショットはなぜ起こるのか、正しい理解はできていますか。シャンクやトップといっ...

アイアン全体の長さと重さの関連性が使い勝手の目安になる

各アイアンの重さがバラバラだと、扱いにくいことは想像がつくと思います。重さと飛距離、重さとシ...

パターのレディース用はシャフトの長さを表す区分ではない

パターの中に「レディース用」という区分があります。色や柄は男女が共有できるユニセックス化が進...

ドライバーのグリップにバックラインは必要なの?

ドライバーのアドレスでフェースをスクエアにセットするとき、グリップの裏側にバックラインが入ってい...

シャフトに表示されているバランスの意味と計算を知ろう!

シャフトに貼られたシールには、D0やD2といったバランスが表示されています。もしもヘッドの効...

ライ角は気にしている?調整するだけでアイアンの精度アップ

アイアンの精度が上がらず困っているゴルファーは多いことでしょう。右へ左へ安定しない、それはも...

正しいシャフト選びの考え方!振動数を目安に探そう!

ドライバーのシャフト選びはとても重要です。しかしなかなか細かいところまで分からず、ヘッドスピ...

ドライバー上達!スライス対策のフックフェイスの合わせ方

ドライバーで、まっすぐ飛んだら気持ち良いですよね。しかしそれを味わえず、スライスが止まらず悩...

アイアンをライ角調整する前に身長との相性を自己確認する

アイアンショットの乱れるのはライ角が合っていないからかもしれません。それが原因であればライ角...

ウェッジのソール形状は大切?プロがソールを削る理由

初心者がウェッジを選ぶときに、必ずと言って良いほどワイドソールのものやハイバンスのものをすすめら...

ドライバーのバックスピンを適正にコントロールする方法

ドライバーの飛距離を伸ばすには、バックスピンの回転数を適正に保たなければなりません。バックス...

ライ角と身長が合わないときは目安としている基準が違うかも

ライ角が合っていないとミスショットの原因となると言われています。一般的には身長を目安にライ角...

飛距離を狙うドライバーとピンポイントを狙うアイアンの違い

ドライバーとアイアンではスイングの軌道が違います。その他にもたくさんの違いはありますが、それ...

同じシャフトの長さでも測り方によって長さ表示が違う?

シャフトの長さはインチ表示されていますが、日本ではセンチ単位に慣れているので、いまひとつピンと来...

ドライバーのカチャカチャの効果と違和感をなくす方法

最近のドライバーには、ライ角やロフト角を変えることができる、カチャカチャ機能がついているものがあ...

スポンサーリンク

ドライバーだけスライスするのは長いから当然

アイアンはある程度打てるのに、ドライバーだけスライスばかりで頭を抱えているゴルファーは多いのではないでしょうか。

ドライバーはティーショットで最も多く使うクラブですが、スライスばかりでOB、OBにならずとも難しいセカンドショットになってしまってフェアウェイに戻すだけのラウンドはスコアばかりかさみ、日頃の練習の成果がコースで出せずにいませんか。

そうしたスライスを直すために、どうしたら良いと思いますか。

多くのゴルファーはスイングが悪いと考え、試行錯誤して練習していることでしょう。

その努力が実りドライバーは良くなったけれど、次は良かったはずのアイアンが上手くいかなくなってしまうケースに陥ることもあります。

ゴルフで大切なことは、クラブの特徴を理解して、クラブがどのように動かしたら効率的にできるのかを理解した上で練習する必要があります。

つまりスイングが悪いのもあるのかもしれませんが、クラブの特徴を理解しないままスイングを変えようとしていることが間違っているのです。

実際、ドライバーはその形状から最もスライスが出やすいクラブと言われています。

長いシャフト、ロフト角、重心距離など様々なものがスライスしやすい構造であることをまず理解しましょう。

ドライバーの形にスライスする原因がある

ドライバーの形そのものがスライスしやすいと言われていますが、具体的にどのような点があるのでしょうか。

●長いからスライスする

ドライバーは最も長いクラブです。

クラブが長くなればなるほど振り抜きにくくなります。

なぜなら、それは手元の動きとクラブヘッドの動きの差が大きくなるからです。

そのため振り遅れたり、ヘッドを無理に返そうと体が開いたりしてスライスにつながります。

●ロフト角が立っている

ロフト角もスライスする原因のひとつです。

ロフト角が立つほど横回転のスピンがかかりやすくなります。

逆にロフト角が寝ていると、バックスピン量が増え、サイドスピンが減少します。

●大型ヘッドがスライスを生む

飛距離性能を向上させるため、最近は大型ヘッドのドライバーが主流です。

昔の小ぶりなヘッドと比べ、大型ヘッドになったことにより、重心距離が平均的に長くなってヘッドが返りにくくなっています。

このように、ドライバーそのものの構造がスライスになりやすいのです。

そのためスライスを直すためには、こうした特徴を理解して、自分のスイングのどこを注意すれば良いのかを考えなくてはなりません。

重心距離がどのように影響するのか

先程説明したドライバーの特徴の中に、『重心距離』というキーワードを出しました。

なんとなく言葉を聞くと理解したような気になりますが、重心距離はどのような影響があるのでしょうか。

重心距離とは、フェースの重心点からシャフトの軸線に向けて垂線を下ろしたときの長さのことを指しています。

それでは、その重心距離の長さが違うとどのような変化が起こるのでしょうか。

分かりやすい例えがメトロノームです。

メトロノームの重りが支点に近いと早いテンポを刻みます。

また支点から遠くするとゆっくりのテンポを刻みます。

支点をシャフトへの垂線の交点、重りをヘッドの重心と考えたらどうでしょうか。

重心距離が短いほどヘッドが早く返りやすく捕まる、長いほどヘッドがゆっくり返って捕まりづらいのがイメージできるはずです。

ここから、スライスを直すためには単純に重心距離を短くすれば直ると考えられます。

しかし、そう上手くはいきません。

重心距離が近くなればなるほど、慣性モーメントが弱くなるためエネルギー効率が落ち、強い打球が打てず、飛距離が伸びなくなってきてしまうのです。

そのため、単純に重心距離を短くすれば良いというわけではありません。

重心距離は自分で変えられるのか

重心距離の話をしましたが、ここでドライバーの重心距離を変える方法をお伝えします。

重心距離を変えるためには、クラブヘッドの重心を動かす必要があります。

そこで使うのがウエイトです。

●ウエイト調整機能がついたドライバー

最近のドライバーは、利用者の好みに合わせて重心距離や重心深度を変えることができます。

タイプは大きく分けると、ウエイトの重さを標準のものから重いものや軽いものに変更するもの、スライド式のウエイトをトゥやヒールにずらすことで重心距離を変えるタイプがあります。

スライド式、且つウエイトの重さも変えられるものだと調整の幅がかなり広いです。

●ウエイト調整機能がないドライバー

ウエイト調整機能がないドライバーを使っていると重心距離の調整ができないかというとそうではありません。

捕まりすぎて重心距離が長いほうが良いときはトゥ側に、スライスが多く重心距離を短くしたいならヒール側にシールタイプの鉛を直接貼ります。

貼り付け用のウエイトはゴルフショップで売られているので簡単に手に入ります。

2g程度でもそれなりの効果を得られます。

自分に合った重心距離は長い?短い?

適正な重心距離はその人にとって必ずあるのでしょうか。

先程、重心距離を短くしてスライスが収まっても飛距離が落ちる可能性があると話しましたが、適正な重心距離はクラブの重さが適正かどうかによって変わります。

ドライバーの重さが適正より軽く、スライスしているゴルファーが重心距離をさらに短くしてしまうと、クラブがより軽く感じてしまいスイングが緩んでしまいがちです。

すると余計にスライス、もしくは左へ引っ掛けてしまうことがあります。

そこで重心距離が長いほうが適度な重さを感じることができ、スイングが緩まずしっかりとヘッドを返すことができ、スライス傾向が直る(ドローよりフェード気味のボールになる)ことがあります。

それからドライバーが重すぎるゴルファーは、重心距離を短くすることで軽く感じられ、ヘッドも返りやすくなるので捕まったボールが出やすくなるでしょう。

つまり、重心距離を考えるときは自分のスイングに対してクラブの重さが適正かどうかもしっかり考えて変える必要があります。

ドライバーは長いからこそリズム良く効率良く振るのが大切

これまでドライバーの特徴を元に重心距離を中心に話をしてきました。

それでは、クラブの特徴を理解した上でどのようにスイングすれば良いのでしょうか。

基本的にアイアンでもドライバーでもスイングの考え方は変わりません。

何が大きく変わるかというと、グリップとクラブヘッドの距離の違い、つまりクラブの長さが大きく異なります。

クラブが長くなればなるほど、クラブヘッドが通る軌道は長くなります。

多くのゴルファーが長いクラブだからこそ速く振らなくてはいけないと考え、体も速く回転させようとします。

確かに体でスイングするという表現からすると速く回転したほうがヘッドスピードが上がりそうな気がするものです。

しかし、ここが間違った認識です。

このような考えをしている人は、ヘッドがついてこず振り遅れてスライスしているケースが多いです。

長いクラブを速く振るときは、少ない体の動きでクラブを大きく動かす必要があります。

効率的にエネルギーを伝えることが大切です。

つまり、体はゆったりしたリズムで回転させ、しっかりと腕を振ってクラブヘッドを走らせる感覚を身に付けるようにしましょう。

ドライバーだからと言って特別なことをしない

スライスする原因は様々ありますが、ドライバーの重心距離の影響も少なからず影響しています。

ただその距離を単純に短くすればスライスが収まるという話でもありません。

長いクラブほど特徴を理解し、どうやったらクラブが効率良く動くのかを考えながらスイングしていきましょう。

ゆっくり振ったほうがスライスが収まって飛距離も伸びることもあるからです。