SEARCH

「練習」の検索結果668件

  • 2020年1月17日

ゴルフクラブを引くときの右股関節の上に軸を置く本当の意味

ゴルフクラブをトップまで引き上げることで、体がスエーするとしたら、テークバックの仕方が間違っている可能性があります。本来正しいテークバックをするためには、右股関節の上に軸を置くようにしなければならないのです。今回はテークバックの正しい体重移動の仕方を紹介します。

  • 2020年1月15日

ドライバーの調整!いろいろすればスライスを無くせる

ドライバーのスライスで頭を抱えているアマチュアゴルファーは多いのではないでしょうか。ティーショットはOB覚悟で思いっきり打っていても、スコアは一向に縮まりません。そこでスイングをいじって良くしようとするのがゴルファーの性です。しかしスイングをいじる前にいろいろと調整することによって簡単に改善できるかもしれません。

  • 2020年1月13日

シャフトの硬さの選び方はヘッドスピード以外にも基準がある

シャフトの硬さは、ヘッドスピードを目安にする選び方が一般的です。ただ初心者は自分の本当に出しているヘッドスピードを知らないでしょうし、まだスイングが安定していないので正確に計測することもできません。そこで今回はそのような初心者にも通用するシャフトの選び方の基準を紹介します。

  • 2020年1月12日

アイアンのロフト角が1度違って距離が伸びても意味はない

アイアンは正確な距離と方向によって、ターゲットにボールを運ぶのがもっとも大切な役割です。そのためにはロフト角に1度の狂いもなく、正しいインパクトで打ち出すことが重要と考えるのは当然です。今回は飛距離を崇拝しがちなゴルファーのために、アイアンの距離に対する考え方を紹介します。

  • 2020年1月11日

アイアンはシャフトの選び方のポイントを知ることが大事!

アイアンを購入するときに気になるのがシャフトに貼られたシールの表記ではありませんか。表記の内容が分かれば、そのデータを元に自分に合ったアイアンの選び方もトントン拍子で進むかもしれません。今回はアイアンシャフトに貼られたり印字されている性能の見方を紹介します。

  • 2020年1月9日

アイアンのマッスルバックが優しくなって飛距離も出せる

多くのゴルファーは、マッスルバックのアイアンと聞くと、難しいという先入観がありませんか。近年は飛距離も出しやすくミスの許容性も高いキャビティアイアンが、アマチュアの間では定番となっています。ところが一方、再びマッスルバックのアイアンを好むゴルファーも増えてきているようです。

  • 2020年1月8日

ラウンドでドライバーをまっすぐ打つためのクラブ選択方法

ドライバーを思った方向にまっすぐ飛ばすことは、ラウンドでのスコアを良くする要素の一つになります。ドライバーをまっすぐ飛ばすためには、スイング方法は大きな要素のひとつですが、どのようなクラブを使用するかによっても大きく左右されます。今回は、ドライバーの基本的な打ち方とともに、クラブの種類や選択の仕方も考えます。

  • 2020年1月8日

アプローチに強くなるウェッジは溝を削るとスピンが再生する

ラウンド中に残り100ヤードを切った辺りからの強い武器となるのがウェッジです。アプローチショットで打ったボールは高く舞い上がりグリーンにピタリと止まりやすいです。しかしその武器となるウェッジの溝が劣化するとスピンがかかり難くなり、せっかくのアプローチショットもグリーンから転げ落ちるかもしれません。そうならないためにランド前にはウェッジの溝をチェックしましょう。今回はウェッジの溝と削る概念を説明します。

  • 2020年1月7日

アプローチの仕方に悩む男子アマチュアゴルファー必見

ラウンド終了後に反省することが多いショットはアプローチショットではないでしょうか?男子プロのアプローチのようにピン傍にピタリと止めてワンパットで入れたいのに、グリーン手前で崩れてしまいベストスコアはお預けになるというのは良くあることです。ドライバーもアプローチも同じ1打で、アプローチのほうが精密さを求められるため難易度はぐっと上がります。少しでもアプローチの苦手意識を緩和できるようにアプローチの仕方を覚えましょう。