現代版のアイアンでレディースが後悔しない選び方を検証する

現在レディースのアイアンは種類もどんどん増えて、レディースゴルファー個々のタイプで選びやすくなってきました。

しかしながら、あまりその特性は活かされずに何となく打ちやすいから、何となく可愛いから、人に勧められたから、このメーカーは有名で間違いがないから等の理由で選んでいませんか?

本当に自分に合ったクラブを使用できているのか、確認をしたことはありますか。

今回はそんなレディースのタイプを検証しつつ、自分に合ったアイアンの選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーのシャフト交換の費用は自作と業者のどっちが得?

ドライバーのシャフト交換は、自分で交換するのと業者に依頼するのでは、工賃のかからない自作のほうが...

シャフト重量の選び方!バランスはD0~D2が良いのか?

シャフトを選ぶ際、フレックスばかり気にしていませんか。フレックスはもちろん重要ですが、実は重...

ウェッジはメーカー別にバラバラに揃えたほうが良いの?

アイアンはセットで揃えているのに、ウェッジを揃えるときメーカーやモデルを統一せずにバラバラに選ん...

パターのシャフトをカーボンに!その特性でゴルファーを救う

カーボンシャフトと言えば、ドライバーやフェアウェイウッド、そしてアイアンばかりに目が行きがちです...

アイアンのシャフト交換を自分でするときの準備と心得

アイアンのシャフト交換を自分でするときには、交換するシャフトのほかにグリップが必要不可欠です。...

パターのアドレスでハンドファーストに構えるとどんな効果?

パターを握って体の中心で構えて不安があるようなら、アドレスではハンドファーストで構えてみると安心...

スコアアップのためのパターの練習方法~距離感の覚え方~

ゴルフラウンドでスコアアップするためには、ドライバーやアイアンによる飛距離のあるティーショット、...

アイアンの引っ掛けはシャフトとスイングの見直しが必要

アイアンショットの引っ掛けの原因として、シャフトの硬さを指摘することがあります。シャフトが軟...

伸び悩むゴルファーのグリップに違和感がある理由と対処方法

ゴルフクラブを構えたときに、握ったグリップに違和感があるとミスショットが頻発することがあります。...

自分で行うグリップ交換とゴルフクラブのメンテナンス方法

劣化したグリップは新たなものに交換しないと、スコアアップどころかスコアダウンにつながるかもしれま...

ドライバーと違うユーティリティ!実はシャフト選びが要!

ドライバーとなんとなく形が似ているユーティリティですが、意外にアマチュアはその良さを引き出せてい...

ウェッジの飛距離の目安はスイングの振り幅こそが大切!

ウェッジはラウンドで使わずには済まないクラブです。そんなウェッジは飛距離を求めるクラブではあ...

アイアンの重さはヘッドスピードを左右して飛距離を伸ばす

アイアンはボールをグリーンへと運ぶクラブです。そのため方向性は特に重要となる要素であるこ...

悩めるドライバースペック!シャフトの硬さや重量の目安は?

ある程度ドライバーもアイアンも安定してくると、より自分に合ったものが欲しくなりませんか?ただ...

レディースのパターの選び方には女性らしさが必要なの?

パターの選び方はゴルファーによって違うものです。ただしほとんどのパターには男性用、女性用はな...

スポンサーリンク

貴女の目指すゴルファー像で選ぶアイアンは変わる

最初に述べたように現在レディースのクラブは種類を増し、レディースのゴルファーも個々でタイプが分かれてきています。

それは体力であったり身長であったり、また年齢であったりしますが、クラブに求める手助けの内容でも選ぶアイアンは変わってきます。

例えば体力もあり過去に運動の経験がありれば、フェアウェイウッドよりもアイアンの方が自分の性格にも合っているかもしれない。

クラブは自分の力で操りたい。

こう思う方もいれば、体力には自信はないし、できるだけクラブに助けてもらいたい。

楽にラウンドできた方が良い。

そう考える方もいます。

この全く別のタイプのゴルファーが同じクラブ、同じ番手を選択するのは不自然ですよね。

一昔前までは、レディースのアイアンをセットで購入する際には5番から9番にピッチングとサンドウェッジという男性とほぼ変わらない内容でしたが、現在は7番から下の番手が主流になっています。

これはフェアウェイウッドの番手の種類が増えたことと、ユーティリティの存在が関係しているのが理由です。

それまで力のない女性が出せなかった飛距離を容易に出せるようになり、同時に力のある男性とも肩を並べて一緒にゴルフを楽しめるようになったのではないでしょうか。

それでは更に掘り下げて、レディースゴルファーのタイプ別に合った現在のアイアンの種類とその選び方を見ていきましょう。

レディースの後悔しないアイアンの選び方

現在ショップなどを覗いてみると、レディース専用のクラブのブースを設けてくれていますが、一概にレディースのクラブを選択しない方が良い場合もあります。

先述したように体力もあり、ヘッドスピードが40m/sを超えるレディースゴルファーは、ユニフレックスの物や男性用クラブを検討してみた方が良いかもしれません。

仮に初心者の方で体力もあるのにレディースクラブを使用していると、変な癖がついて、後々直すのに苦労をしてしまう場合なども考えられます。

ただ、やはりレディースのクラブと比べてみたときに一気に重たくなるので、体に負担の無いように慎重に選んでいただきたいです。

レディースのアイアンの重さだけでも幅は広く、昔と違いスチールは重い、カーボンは軽いという常識も覆されています。

体力のあるレディースゴルファーは、スチールのシャフトも選択肢に入れている方は多いでしょうが、現在60g台の軽量スチールも登場しているので、その特性である剛性により曲がりにくいアイアンを手に取りやすくなりました。

そして硬度ですが、こちらはレディースのアイアンだと一般的にLかAの2パターンが主かと思われがちですが、最近はメーカーによってはRの取り扱いもLLの取り扱いも存在します。

ただ、やはりメーカーによって硬度はバランスなども含めて微妙に違うので、必ず試打をしてみて検討した方が良いのは間違いありません。

次はヘッドの形状の種類から、レディースのアイアンの選び方を見ていきましょう。

ヘッドの形状から見るアイアンの選び方

お気づきの方も多いかと思われますが、アイアンのヘッドのソールは広くて厚いものの方が、多少のミスも芝を滑って補ってくれます。

ここから分かるように、アイアンのヘッドも優しいものもあればストイックなものもあるということです。

それでは詳しく見ていきましょう。

・マッスルバック

こちらはボールを操ることを前提にしたストイックな作りの形状になります。

その特徴は、バックフェースのくぼみはなく肉厚で、面積も狭く、ヘッド自体が小さく、ソール幅も薄くてシャープです。

見るからに上級者向けといったアイアンですね。

・キャビティバック

こちらは現在取り扱っているアイアンのヘッドの形状で最も一般的な形状です。

その特徴はフェースの裏を削って重量を外周に配分し、面積はマッスルバックよりも一回り大きく、ソール幅もやや厚めです。

よく見るタイプのアイアンで、幅広いタイプのゴルファーが使用できそうですね。

・ポケットキャビティ

こちらは曲がりが少なく、ミスにも強い、とにかく優しいアイアンです。

その特徴はフェースの後ろはポケットの様で、面積も最大級、ネックも短いものが多くなっていて、ヘッドのサイズも大きくソール幅も厚くなっています。

かなり優しくなっているので、安心感がありますね。

併せて紹介しますが、ネックにもストレートネックとグースネックがあり、グースネックの方が優しいです。

それでは、次にレディースアイアンのスペック表を参照しながら自分に合うアイアンの選び方を見ていきましょう。

スペック表から見るレディースアイアンの選び方

レディースゴルファーの皆さんはスペック表を見るのが苦手ではありませんか?

見たことないゴルファーすらいるようです。

見ても専門用語で書かれていて、理解ができずに有名メーカー数種類から一番打ちやすいものを選んでしまうゴルファーが圧倒的に多いです。

今回は思い切って専門用語を噛み砕いてスペック表を読み取りながら、自分のタイプと比較してみましょう。

まずは誰もが知るゼクシオのレディースアイアンMP1000から見ていきましょう。

このクラブのシャフトはカーボンで、フレックス(硬度)の選択肢はR、A、Lの3種類から選べるようですが、Rは基本特注対応になるようです。

続いて調子は全種類中とありますが、調子とはシャフトの最もしなる部分で、グリップ寄りから元調子、中調子、先調子と分けられます。

一般的に元調子は上級者向けで、ボールが比較的に上がりにくいといわれています。

そして中調子とはオールマイティーで、タイミングが取りやすいです。

また先調子とはアマチュア向けで、ボールが上がりやすく、ヘッドが走ります。

続いてトルクはRが4.5、Aが4.6、Lが4.7とありますが、トルクとはシャフトのねじれ度合いを示す数値で、一般的にトルクの数値が高いほど打点のブレに強いといわれています。

次にドライバーでのヘッドスピードから見るフレックスの適応目安です。

アイアン選びでもドライバーのヘッドスピードが基準となります。

アイアンのスピードは関係ありません。

R/~39m/s

A/~37m/s

L/~35m/s

女性の平均ヘッドスピードが33m/sなので、このアイアンは少しハードルが高いことが分かりますね。

次の項目でも引き続きスペック表から見るアイアンの選び方を見ていきましょう。

まだまだレディースアイアンのスペック表から読み取れる

引き続きゼクシオのレディースアイアンのスペック表を見ていきますと、注目すべき点が、アイアンのフェースの素材がチタンだということです。

チタンといえば軽くて薄くて高反発をイメージしますが、それを惜しみなく使っているのです。

続いてヘッド製法があって、仕上げがあって、ロフト角は7番アイアンが30度から始まり、番手毎に角度が深くなっていくのですが、ロフト角より注目してほしいのはライ角です。

ライ角とは、地面にアイアンのヘッドを置いた際に、シャフトと地面を繋ぐ角度をいうのですが、これが合っていないとヘッドの先が上がったり、ヒールが上がったりしてしまい、ミート率が下がって思うような飛距離も出ません。

自分の身長とクラブの長さが合っていないことも考えられますが、手の長さや構え方などもあるので、一度自分に合ったライ角とインチ数を確認してみることを強くおすすめします。

続いて注目したいのがバランスですが、このバランスとはスイングした際のヘッドの重さの感じ方を数値化したものをいいます。

スイングウェートとも呼ばれますね。

基準をD0として(軽)B0~B9、C0~C9、D0(基準)~D9、E0~E9(重)というようになっています。

一番軽いバランスがAから始まり、重いのがFまで表記が使われます。

女子プロが使うアイアンのバランスがD0前後が多いのに対し、このゼクシオのアイアンはバランスがRはC3でAとLはB8と、比較的軽い作りになっているのが分かります。

以上がスペック表から見る必須項目でしたが、いかがでしたか。

自分に合うレディースアイアンの選び方が見えてきましたか。

最後に、完全に間違えたレディースアイアンの選び方を悪い例として記載しますので、参考にしてみてください。

完全に間違えたレディースアイアンの選び方

まず基礎知識としてお伝えしますが、ヘッドスピードが40m/sあるレディースゴルファーを想定しています。

この時点でユニフレックスか男性用を検討するべきですが、昔男性用のシニア向けのクラブを頂いたことがあり、それも昔のスチールでかなり重かったようです。

とても1ラウンドそれを使い続けるのは無理と判断をして、お蔵入りをしてしまいました。

その印象を払拭できずに、次の選択肢に男性用のアイアンは入れられませんでした。

そしてユニフレックスの存在も知りませんでした。

その方が選んだレディースアイアンは、キャロウェイのフィリーというもので、女性ならフレックスはLが当たり前と選ばれたようです。

この時点で無知の骨頂というところですが、買い替えた際の年齢が30代中ごろだった事もあり、勧められたRは使い続ける自信がなく、自分に優しいと思い込んでLを選択したのです。

その後のゴルフライフで、「せめてAにしておけばよかった」と、いまさらながら後悔してしまったようです。

このように確かにシャフトの選び方は間違えていますが、スペックの見方も分からなけらば仕方のないことです。

このアイアンは握った際にインスピレーションが良かったようです。

調べてみると先調子でトルクは5.2バランスはB8と、今回紹介したゼクシオのレディースアイアンより優しい作りになっています。

スコアアップのためによりベストなアイアンに買い替えるか、リシャフトしてフレックスをAやRに替えるという選択の岐路に立っています。

自分のタイプと求めるゴルファー像

今回は悪い例としてヘッドスピードに見合わない選び方を紹介しました。

こうならないように、そして間違えているところはリカバーできるように、正しいレディースのアイアンの選び方を知ることができましたか?

ぜひ今後の参考にし、ご自分に合ったアイアンに出会えることを願っています。

出会えると今よりもっとゴルフが楽しくなるし、エンジョイできること間違いありません。