ゴルフシャフトの王道ダイナミックゴールドの安定感を再確認

スチールシャフトのパイオニアといえば、やっぱりダイナミックゴールドですよね。

独特の粘りから放たれる打球は、風に負けない力強い弾道です。

また、インパクト時フェースとボールの球離れ感が遅く、これがボールコントロールをしやすくしている理由とも言えます。

ゴルフではボールコントロールが非常に大切なため、ダイナミックゴールドシャフトは強い味方となってくれます。

最近では、様々な特性を持ったシャフトが揃っており、初心者から上級者までそれぞれのレベルに応じたシャフトをチョイスできるのも魅力の一つです。

では、ダイナミックゴールドについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェッジは鉛の貼り方を間違えたら効果がない?

ウェッジのヘッドの効きを良くするために鉛を使うことがあります。貼り方によっては効果が見られる...

アイアンのスライス予防の鉛はずっと貼っていてはダメ!

アイアンショットがスライス気味で、球筋が気になるときに鉛を貼って応急処置を施すことがあります。...

パターがうまくなるゴルフ場のグリーンでの練習方法

「家の練習マットでたくさん練習しているのに、どうしてゴルフコースだとうまくいかないのだろう・・・...

パターのバランス改善に使う鉛は剥がれないタイプがおすすめ

パターのヘッドの効きを良くするためにバランスを改善すると一定に効果があります。ヘッドに鉛を貼...

グリップ用の両面テープの巻き方次第でゴルフは上手くなる?

グリップ交換のときの両面テープの巻き方は、意外にも多くあるのをご存知ですか。簡単方法から技術...

自分に合うグリップの太さを見つけよう!それがゴルフの骨子

ゴルフをラウンドするときに誰もが求めているのは、ベストスコアの更新です。ベストスコアを更新す...

ドライバーの不調をウエイトの効果に求めるときの注意点

ドライバーショットがスライスして困っているようなら、ヘッドにわずかなウエイトを貼るだけで修正の効...

グリップの替え時とゴルフを充実させるおすすめのメーカー

ゴルフのグリップがしっくりこない、替えたらもっと良いスイングができるのでしょうか。グリップは...

アイアンショットのフックを鉛で防止するのには条件がある

アイアンショットがフックしている場合には、鉛を使うと防止できると言われています。ヘッドに鉛を...

パターに鉛を貼る箇所とその効果。そして剥がすタイミング

パターの調子が悪いと感じたときは、ヘッドを効かせてみると脱出できると言われています。ヘッドに...

ゴルフクラブのアイアンを保護するヘッドカバーは必要なのか

大事なクラブを保護するヘッドカバー。ウッドやパターには、当然のようにヘッドカバーがついている...

パターの上達に必要な距離感を掴む練習方法を検証しよう

パターとは、スコアの半分を占めているといっても過言ではありません。求められる距離は短くとも、...

スコアアップのためのパターを高確率でカップインさせる練習

ゴルフでのスコアアップを目指すならば、ドライバーやアイアンの技術の向上も必要ですが、パターの技術...

弾き系で話題のドライバーシャフト!スピーダーの特徴は?

話題のトッププロゴルファーが使うドライバーシャフトは気になるものです。その中でも女子プロゴル...

アイアンのフェースの傷が消えない!そんなときは

アイアンを使っていると、自然にフェースの表面や溝の角に傷が付いてしまうことがあります。その傷...

スポンサーリンク

ゴルフ用アイアンシャフトと言えばダイナミックゴールドしかなかった

2

今でこそ、日本シャフトがあり、アイアンのスチールシャフトの選択肢が広がりましたが、一昔前まではアイアン用のスチールシャフトといえばダイナミックの前身、ダイナミック位しかありませんでした。

プロや上級者がスチールシャフト独特の粘りがほしいことから、ダイナミックシャフトに最適な設計が施されていました。

その後、さらに進化したダイナミックゴールドは今でも世界のツアーで戦うトッププロのシャフトのシェアNo.1です。

復活したタイガーウッズもずっと使っていますよね。

これからのゴルフ界がまた賑わう起爆剤となることは間違いないでしょう。

そんなダイナミックゴールドのカーボンシャフトとの一番の違いは重量と打感です。

カーボンシャフトは軽い分振りやすいのですが、球離れを早く感じてボールコントロールがしづらいというデメリットがあります。

その点ダイナミックゴールドなら、インパクト時の打感も良く球もちが良いので、コントロールしやすいといえます。

ボールをはじくというよりは包み込むといったイメージです。

多くのプロや上級者がダイナミックゴールドを使う理由はここにありました。

軽量ゴルフシャフトの登場でスチールシャフトの概念が変わった

ダイナミックゴールドしかなかった時代は、スチールシャフトは重くて扱いづらい。

以前はこんなイメージのゴルファーが多かったのではないでしょうか。

しかし今では軽量スチールシャフトの登場で、女性でも使いこなせるスチールシャフトが多くなりました。

特に日本シャフトのN.S.950シリーズは、スチールシャフトにある独特の粘りを維持しながらシャフト重量90グラム台と男性と比べて力のない女性でも扱えるシャフトとなっています。

そこでダイナミックゴールドも90グラム台のシャフトが登場するなど、遅ればせながら海外メーカーでも軽量シャフトが販売される様になりました。

一昔前までなら、非力なゴルファーはカーボンシャフトしか選択肢がありませんでした。

しかし、今は軽量スチールなら十分に使いこなすことができる様になりました。

そうした軽量スチールの登場で、ヘッドスピードが男性並みでなくとも球の高低や左右へのコントロールが容易になり、ゴルファーの選択肢が増えたのは喜ばしいことですね。

女性でもヘッドスピードが出せるゴルファーならぜひスチールシャフトをおすすめします。

シャフトがゴールド色だと高級感がある

これはダイナミックゴールドの話ではなく余談ですが、全メーカーの高級ラインナップの色といえばゴールドが多い様な気がしませんか。

ゴールドは高級感があるため、ゴルフシャフトに限らずヘッドもゴールドの物が高級なイメージで、メーカーも高価格帯のモデルには比較的ゴールドを採用しています。

色はゴルファーの好みが分かれる所でしょうが、年配ゴルファーには受け入れられやすいのがゴールドだと考えられます。

逆に若者や上級者は機能性を重視しますので、色はオーソドックスな物が好まれやすいといえます。

バブル期にシャフトにゴールドの星の数で価格帯を分けていたメーカーがありましたが、今では中国資本に買収されました。

また高価格帯のゴールド色のクラブは、クラブをコントロールするというよりもシンプルに振って当てて飛ばすというイメージの物が多い様な気がします。

やはり色的に年配ゴルファーをターゲットにしているラインナップと言うことができるかもしれません。

ダイナミックゴールドのステップダウン工法は画期的なシステムだった

現代ゴルフでは金属ヘッド、カーボンシャフトが当たり前です。

しかし、昔はそうではありませんでした。

ウッドはその名の通り、木製ヘッド、そしてシャフトも木製だったのです。

シャフトのしなりがあまり利用できないこうしたクラブは、今よりも飛ばない、狙いにくいというゴルフが難しいスポーツと言われる所以でした。

しかし、ダイナミックゴールドが編み出したスチールシャフト、そして先に向かって段々と細くなるステップダウン工法が発明されました。

これにより、ゴルフシャフトのしなり戻りを利用してボールを飛ばせる様になり、ゴルフが一気にメジャーなスポーツへと進化するきっかけになりました。

今でもステップダウン工法は受け継がれ、多くのトップアスリートのギアとして愛用されています。

シャフトの粘りを感じること、しなり戻りによってボールを捕まえ、遠くに飛ばすことができます。

今から50年以上も前に開発された仕様が、細かい進化はあるにせよいまだに引き継がれているということは、いかにすごい技術だったということが言えると思います。

ゴルフシャフトの特性を生かして遠くへ飛ばすには

ゴルフシャフトにはインパクト時のしなり戻りという特性があります。

これは、ダウンスイングでしなったシャフトがインパクトゾーンでヘッドが手元を追い越していくことによって起こる現象です。

しなり戻りが起きると、ヘッドのロフト角が大きくなり、ボールが捕まります。

逆にいつまでも手元がヘッドを先行する形で振ると、ヘッドが返らず振り遅れの原因となります。

このしなり戻りの力を上手く利用できると、目一杯振らなくてもボールを遠くへ飛ばすことができるのです。

インパクトゾーンでヘッドが戻ることによって起こるしなり戻りは、アイアンシャフトでのダイナミックゴールドシャフトでも起きます。

ヘッドがボールにコンタクトした後、ターフが取れてボールが捕まります。

この時の感覚が優れているのがダイナミックゴールドの特性です。

球持ちの良い粘る感覚があるため、ボールを包み込む様に飛ばすことができるのです。

シャフトはしなり戻る時にスピードが上がります。

この特性を利用することで、つかまった良いボールを遠くへ飛ばせるのです。

シャフトの色を黒に!ダイナミックゴールドの挑戦

スチールシャフトと言えば、金属色が定番でした。

しかし、現在ダイナミックゴールドから黒色も発売されています。

従来のスチールシャフトの概念を覆す、黒色スチール塗装シャフトです。

これは、色を黒にすることによって視覚的にシャフトが細く短く見え、ゴルファーに安心をもたらすというのが開発コンセプトです。

ゴルフはメンタルのスポーツと言われる様に、打つ前に少しでも不安感があるとミスショットの確率が格段に上がってしまいます。

黒のシャフトで細く短く見える様にし、しなりやすく当てやすいイメージを与えることでゴルファーが簡単に打てるようにしたのでしょう。

ゴルフクラブは振り抜きやすさが重要ですので、こうした色によってゴルフをやさしくするというのも効果がありそうですね。

最近ではテクノロジーの進化によってゴルフクラブやゴルフボールには様々な改良が重ねられており、こうした視覚効果も加えられる様になってきました。

ゴルフの進化の裏にはこうしたクラブの進化があるのですね。

未だ世界的なシェアが高いダイナミックゴールドシャフト

アイアンスチールシャフトの代名詞と言えばダイナミックゴールドであることは間違いありません。

世界的なツアーで圧倒的な使用率を誇り、ツアープロのニーズを満たすシャフトは、ゴルファーに応じたセッティングを可能としています。

また、重量シャフトから軽量シャフトまでを取り揃えており、上級者だけでなくアベレージゴルファーにもマッチするシャフトの取り揃えがあります。

ダイナミックゴールドスチールシャフトは、その打感から一度使いこなすことができれば満足のいく結果を得られるシャフトだと言えます。