ゴルフを楽しむ女性のための色々な帽子に合うオススメの髪型

ゴルフ場でプレーをする際は基本的に帽子を被ります。

着用するものには、キャップやサンバイザー、ニットキャップなど様々なタイプの帽子があります。

男性にとっては良い寝癖隠し等に使えますが、女性はそれぞれのタイプの帽子に合う髪型に悩みますよね。

そこで今回は、女性にオススメの帽子に合うヘアアレンジを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パターの中で削り出しを使う意味と日本製の評価が高い理由

多くのパターがある中、トッププロの多くは削り出しタイプを使っています。その中でも日本製の削り...

シャフトの重さは大切!ドライバーの飛距離を伸ばすには?

シャフトの正しい選び方を知らずにいると、本来持っている自分のパフォーマンスが出ないこともあります...

パターの距離感が難しいのは合わせ方を知らないから?

パターの距離感は実践を重ねないと、上手い合わせ方はできないものです。しかしシンプルな打ち方に...

飛ばせるドライバーのロフト角は12度以上あったほうが良い訳

飛ぶ人の多くはフェース面の立っているドライバーを使っているという神話があります。確かに過去に...

ゴルフ全米オープン/世界最高峰の技が集結する場所とは?

1895年に第1回が開催されましたが、その時を知る者のない遠く古い歴史を誇る全米オープンは、世界...

自分に合ったアイアンのシャフトの長さを見つける方法

アイアンのシャフトの長さが身長に合っていないと、フックやスライスの危険性が高まると考えられます。...

ドライバーをレディースゴルファー目線の選び方で検証する

レディースゴルファーと一言でいっても、個々それぞれ体格も違えばゴルフスタイルも当然違います。...

ドライバーの飛距離が平均値を更新しているのはプロだけ?

毎年のように飛ぶドライバーが発売されていて、その飛距離は気になるものですが、データのあるプロゴル...

ドライバーをサイズアップすると今よりゴルフが難しくなる?

ドライバーの飛距離アップを狙うために、シャフトやヘッドのサイズをアップさせるという考え方がありま...

ウェッジセッティング2本で決まるスコアアップへの近道!

ドライバーは試打をしてから選ぶゴルファーが多いですが、ウェッジはアイアンセットのままや、ネットで...

パターのライ角がアップライトなときの対処法は慎重に!

パターのライ角がアップライトになっていると、アドレスで構える位置よりもグリップの位置が高くなって...

ゴルフ練習場の練習球より一般球の飛距離が上は間違い?

ゴルフ練習場の練習球は本当の飛距離ではないと言われています。さらに練習球は飛ばない作りに...

ゴルフに必要な股関節の柔軟性を確保する最適ストレッチ法

ゴルフスイングにとってテークバックの捻転は重要なものです。その捻転をするためには肩の回転と一...

アイアンの正しい選び方を知って中級者より上を目指そう

初心者用のアイアンで技量がアップしてくると、もう1段上のアイアンが欲しくなるものです。ただそ...

軟鉄鍛造のアイアンの打感が最高なのは気のせいらしい?

アイアンの打感が最高なのは、軟鉄鍛造のマッスルバックと言われています。多くのプロゴルファーが...

スポンサーリンク

そもそもゴルフ場で帽子を被るのは必須?

ゴルフ場でプレーをする際に帽子を被るのは必要不可欠です。

それはマナーでもあり、自分の身を守るためでもあるからです。

ゴルフ場によっては絶対とはしていませんが、ほとんどのゴルフ場では着用を求めるよう提示してあります。

いづれにしてもゴルフをプレーする際は帽子を被るものだと捉えておいて間違いはないでしょう。

しかしクラブハウスの中では脱帽がマナーとなっています。

お昼休憩やプレー終了後にクラブハウス内で過ごすときには帽子は脱ぐようにしてください。

女性は帽子を被った後は髪型がぺチャンとなっていたり乱れていたりするので、脱ぎたくない気持ちになるのは理解できます。

ただどんなに抵抗があってもそれは守らなければならないマナーなので仕方がありません。

そこで帽子を脱いでも髪の乱れを感じさせない、またすぐに直せる髪型があります。

どうしても気になるような人はそのような髪型にすると良いでしょう。

またそれだけでなくプレーの邪魔にならないというのもゴルフをプレーする際の大切なポイントとなります。

キャップこそ定番!女性ゴルファーが被る時のオススメの髪型

ゴルフ帽子といえばまずはキャップです。

近年は女子プロゴルファーもサンバイザーよりキャップを被る選手の方が増えています。

キャップを被る際の定番の髪型は「ポニーテール」です。

これは世界共通ともいえる定番中の定番の髪型になります。

ポニーテールをキャップの後ろの穴から出すスタイルが多いです。

そこに女性らしさを出すために根元にシュシュやリボンを付けるのがオススメです。

ゴルフウェアやキャップの色に合わせた飾りを付けるとより締まった感じに見えるでしょう。

また冬は季節感を出すためにファーやニット素材のシュシュを付けるとよりお洒落に見えます。

ミディアムやロングヘアの人ならポニーテールができますが、そうでない人は耳に掛けてサッとキャップを被りましょう。

キャップはロングヘアからショートヘアとどんな髪型でも合わせやすいです。

特に夏はキャップの方が後頭部もしっかりと日から守ってくれるので、熱中症予防にもなります。

そういうこともあり、熱中症がより注意されている近年はキャップの人気が高まっているのでしょう。

女性がサンバイザーを被るなら髪型の中でも前髪がポイント

サンバイザーといえばゴルフのイメージが一番強い帽子ではないでしょうか。

そのサンバイザーを被るときの女性にオススメの髪型は、定番のポニーテールと後頭部でのお団子です。

サンバイザーであればポニーテールの位置を気にせず、高めや低めとその日の気分によって結ぶ位置を変えても良いです。

またミディアムヘアの人はハーフアップにしてもスッキリさせる中にラフな感じを出せてかわいいでしょう。

ハーフアップであればショットの邪魔にならない上に寒い冬は首元が隠れるので防寒対策にもなります。

もしショートやボブであれば、サンバイザーだと髪型によってはプレーの邪魔になる可能性があるのでキャップの方をオススメします。

またサンバイザー着用の際に一番悩まされるのが前髪です。

前髪にカールを掛けて下ろしている人はそれを保つのは難しいからです。

被っているときは大丈夫ですが、脱帽した後のペチャンコ前髪は避けられません。

精一杯の抵抗として前髪を横に流す感じにすると良いでしょう。

前髪のある女子プロゴルファーでも流して対策している人が多いです。

ただプロはスポンサーの関係もあって脱帽することがほとんどないのでペチャンコになっても問題はないようです。

寒い冬はニット帽がオススメ!ただ髪型は崩れる前提で

寒い冬のゴルフ場で大活躍するのがニット帽です。

ゴルフだけでなく普段でも被る人は多いでしょう。

ニット帽もまた女性にとってはペチャンコになってしまう可能性が高いので髪型を悩ませます。

しかし意外とニット帽はキャップやサンバイザーよりも色々な髪型を楽しめる帽子なのです。

ロングヘアやミディアムヘアで下ろしてもニット帽であればプレーの邪魔にはならないからです。

これもまた首元を隠してくれるので防寒対策になります。

そしてニット帽にとってベストの髪型は、低めの位置で結ぶツインテールやサイドポニーテール、そして三つ編みヘアです。

女性らしさがアップし、ツインテールであればかわいくまとめることもできます。

ボブやショートカットの人は小さめのツバの付いているニット帽にするとあまり髪が出ない状態でも違和感なく被ることができるでしょう。

ただどんな髪型にするにもニット帽を被る際には深く被り過ぎないように気をつけてください。

深く被り過ぎると視界も悪くなり、さらに女性はメイクが取れる心配もあるからです。

バッチリメイクで眉毛だけ無くなるなんて残念な結果にならないように気をつけましょう。

女性ゴルファーにとってベストな髪型とは

ここまで様々なタイプの帽子に合う髪型と紹介しました。

ところで女性にとってゴルフをする上でベストな髪型とはどのような髪型でしょう。

ズバリ「ワンレンロングヘア」ではないでしょうか。

もちろん女性だからこそ色々な髪型を楽しみたいという気持ちはあるでしょう。

夏にはショートヘアにしたり、春にはふんわりしたミディアムヘアにしたり、秋にはすっきりボブヘア、冬はロングヘアなど季節ごとに髪型を楽しむこともできます。

しかし「ゴルフをプレーする」という1点だけに目的を絞った場合は、ワンレンロングヘアが一番良いのです。

なぜなら練習場でも髪を一つに束ねてしまえば全く邪魔になりません。

暑い夏であればお団子ヘアにまとめてしまえば暑さをしのぐこともできます。

あえて「ワンレン」と言ったのは、帽子を被るにも結ぶにも前髪が一切邪魔をしないからです。

またゴルフ場でプレーする際に帽子を被るのも様々なタイプの帽子に簡単に対応することができます。

髪の毛全てをまとめてしまえば、帽子でペチャンコになっても軽く結び直せば全く分かりません。

ただロングヘアといっても長すぎるとまとめるのが大変になるので、肩から10cmくらいがベストでしょう。

女子プロゴルファーを参考にしよう!

女子プロゴルファーのゴルフスイングを参考に動画等を見て勉強する人は多いでしょう。

そしてゴルフウェアも好きな女子プロゴルファーを真似たり、好きなブランドを着ている女子プロゴルファーの着こなしを真似たりしている人も多いでしょう。

そこで髪型も女子プロゴルファーを参考にしてみましょう。

プロゴルファーはスポンサーの関係もあり、帽子を被っている頻度が非常に高いです。

トーナメントではもちろんのことイベント等でも帽子を被っています。

当然状況によって帽子に合う被り方を変えます。

また彼女たちはスポンサーの帽子がより売れるように工夫もしています。

だからこそ髪型に悩んでいる女性は是非参考にしてみましょう。

参考にしやすいのはゴルフ雑誌等に出ている彼女たちの写真です。

じっくりと見ることもできますし、撮影のためにベストな状態を作り上げているのでとても参考になります。

ただ気をつけて欲しいのはゴルフファッション系の雑誌です。

ゴルフウェアをお洒落に見せることに重きを置いており、ゴルフをプレーするのには向いていない髪形が多いためあまり参考にはなりません。

目いっぱいお洒落を楽しめるのもゴルフの醍醐味

昔からゴルフはルールが多いとかマナーが厳しいとか敷居の高さを感じる一面も少なくはありません。

また男性のスポーツというイメージも強く、女性は更なる敷居の高さを感じてしまっていました。

しかし近年はより沢山の人が親しみ易いようにとルールを改正したり、マナーが寛容になったりしています。

アパレルメーカーの参入もありお洒落なゴルフウェアも増え、それに併せて帽子や小物、髪型など女性もより楽しめるようになってきました。

マナーを守りつつも、新たな目線でのゴルフを一杯楽しみましょう。