【ゴルフスイングのコツ】正しいコックの入れ方で飛距離UP!

ゴルファーの皆さん、スイングの際にコックを意識して使ってますか?

コックを入れると、ヘッドスピードを加速させられるので飛距離アップが望めます。

極少数ではありますがノーコックで十分な飛距離を出す人もいますが、それにはそれなりの技術や筋力が必要です。

今回は飛距離に悩む方必見、正しいコックの入れ方を説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者ゴルファー必見!フェードとドローの意味とは?

ゴルフ用語は難しいですよね。ゴルフを始めたばかりの人でも、フックとスライスはご存知の方も...

アイアンで打ち分け!フェードとドローを理解し使い分ける

ゴルファーには、それぞれ持ち球があります。持ち球は武器になりますし、逆球は打てるとコースマネ...

ドライバーは打ち分ける?フェードとドローが打てる優位性

ドライバーの打ち分けはうまくなってからと考えている初心者はいませんか?ひとつの考え方としては...

ゴルフの技!アイアンショットは意識的に入射角を変える!

正しいゴルフスイングをしているつもりでも、アイアンショットがトップやダフリになってしまうことはあ...

ドライバーのグリップにバックラインは必要なの?

ドライバーのアドレスでフェースをスクエアにセットするとき、グリップの裏側にバックラインが入ってい...

理想のアイアンショットはミート率の目安を知るだけではダメ

バックスピンの効いたアイアンショットを打ちたければ、最高のミート率を目指しましょう。正しいイ...

アイアンはグースネックの打ち方を知れば格段に上達する

グースネックのアイアンは打ち易いクラブと言っても過言ではありません。なぜなら打ち方を変えなく...

トルクが合っているかドライバーのゴルフスイングで確かめる

トルクのあるドライバーを使うとスライスが防止できると言われていますが、一方でゴルフスイングの速さ...

ゴルフ用語の「タメ」を知ってもスライスは直らない!

ゴルフでは「タメがないからスライスする」、また「君にはタメが必要」と聞きますが、何を指した言葉だ...

パターで陥るイップスの原因とその克服方法を見つけよう

イップスの種類はパターに限らず、さまざまなクラブで起こる現象です。パターのイップスから始まり...

シャフトは振動数で見極める?硬さを正確に把握しよう

クラブ選びの中でも、シャフトの選び方はアマチュアにとっては難しいものです。それを簡単にしてく...

ウェッジの選び方に迷ったらバンス表示にも注目してみよう!

100ヤード以内のショートゲームで欠かせないウェッジ。ゴルフのコースでウェッジはスコア作りに...

ウェッジのバンスはどう選ぶ?プロのウェッジ構成から探る

ドライバーやアイアンはこだわるのに、ウェッジはなんとなくロフト角だけで選んでいませんか?ショ...

パターをオープンスタンスにするときはプロを参考にしよう

パターの調子が悪いときは、気分を一新してオープンスタンスにしてみると良いかもしれません。世界...

ドライバーのカチャカチャの効果と違和感をなくす方法

最近のドライバーには、ライ角やロフト角を変えることができる、カチャカチャ機能がついているものがあ...

スポンサーリンク

ゴルフスイングで使うコックとは

ゴルフスイングで正しいコックの入れ方ができたら飛距離が伸びると話しましたが、そもそも「コック」とは何なか知っていますか。

このコックとはバックスイングの際に手首を親指側に折る動きのことを言います。

正しいコックの入れ方をすれば確かに飛距離が伸びたり、方向性が安定したりするのですが、間違った入れ方をしてしまうと再現性の低いブレブレのゴルフスイングになってしまうので気をつけなければなりません。

金槌で釘を打つ動きをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

金槌を使う際に手首はどうしていますか?

手首を固定したまま釘を打っても上手く力が伝わらず釘を打つことはできませんよね。

上手く手首を動かしスナップを効かせることで釘をしっかりと打つことができます。

それと同じようにゴルフスイングでも手首のコックを上手く使わなければなりません。

しかしここで注意しなければならないのが、手首を右手の親指側だけでなく甲側にも折ってしまうことです。

これはゴルフスイングでいう「コック」とはなりません。

実は意外とこれをコックと勘違いしている人が多いです。

アドレスからテークバックまでの正しいコックの入れ方

ゴルフスイングで最も重要なのは「アドレス」です。

正しいコックの入れ方を理解できたところで、やはりこの最初のアドレスが重要となります。

アドレスでギュッと強くグリップするゴルファーがいますが、力を抜いて自然にグリップします。

腕は真っ直ぐに伸ばさず、腕と手首の間に若干の角度を付けます。

「グリップは卵を握るように」と昔から良く言われますが、アドレスではそのくらいの強さでグリップすると良いでしょう。

強く握り過ぎてしまうと手首を柔軟に上手く使うことができないからです。

テークバックでは左腕が地面と平行になるときにコックを入れます。

先に話したように手首を親指側に折ることでシャフトが真上を向く形になります。

鏡を見ながらゆっくりとここまでの動きをしてみてください。

確認する際に腕とシャフトがL字型になっているかを見るのがポイントです。

正しいコックの入れ方で意識することは、クラブと体の距離が離れないようにすることです。

またここではテークバックでコックを入れるように話しましたが、それが絶対というわけではありません。

人によってタイミングに多少違いがあるのですが、あくまでも目安なのでベストなタイミングが見つかるまではテークバックで入れることをオススメします。

ダウンスイングで正しいコックの入れ方ができたか判断する

ここからがテークバックでのコックの入れ方が正しくできたかどうか、判断の分かれ目になります。

ダウンスイングでコックを意識するゴルファーは余りいないでしょう。

しかしここでコックを意識するかどうかで大きく変わります。

ダウンスイングではテークバックで入れたコックの形を保ったまま、インパクトに向けてクラブを下ろします。

しかし多くのアマチュアはこのタイミングでコックが解けてしまうようです。

コックをインパクトまでしっかりと保つためのコツは、

①グリップエンドを縦に下ろす

②クラブが右腰横に来たときにシャフトがまだ真上を向いているようにする

③体からクラブが離れないようにする

です。

この保ったコックはその後インパクトまで保つようにします。

通常のスイングスピードでは確認しづらいので、ゆっくりなスイングで確認しながらインパクトまでの動作をしてみましょう。

その際にグリップが右足前にくるまでコックを保つように意識してください。

フォローで解くのが理想なのですが、手首を返そうとして左手首が甲側に折れないように注意してください。

フィニッシュでの自然なコックの入れ方

ゴルフスイングの終盤であるフォローでは一旦コックを解きます。

しかしフォロースルーで腕が地面と水平になるところで手首が再度コックされます。

これには正しいコックの入れ方などは無く、ここまで正しい動きをしていれば自然とコックが入ります。

ここで無理にコックを入れようと手首だけを意識的に動かしたりすると、悪いタイミングで手首が返るのでフックのミスが出やすくなるので気をつけましょう。

フィニッシュではテークバックをした際のトップでのコックの形に戻って完了します。

フォローからフィニッシュにかけては実は意識してする動作はありません。

インパクトでボールを打ったら、そのまま勢いに乗ってフィニッシュまで行くのが通常となります。

逆にその部分で動きを意識してしまうと、リズムの悪いぎこちないゴルフスイングになってしまいます。

【アドレス→テークバック→トップ→ダウンスイング→インパクト】

ここまでの動きが正しくできていれば、その後の動きは意識せずとも一気に正しい動きでフィニッシュまでいきます。

多くのゴルファーが悩むコックを解くタイミングの掴み方

ゴルフスイングにおいて正しいコックの入れ方も大事なのですが、実は一番難しいのがそのコックを解くタイミングなのです。

ショットが安定しないことに悩んでいるゴルファーの多くはコックを解くのが早すぎることにあります。

そこでコックを解くタイミングの掴み方を紹介します。

通常通りのアドレスをするのですが、ここでクラブを逆にしてグリップではなくヘッドを持ちます。

基本的にゴルフクラブはヘッドが重いように作られているので、そのように逆に持つと総重量は変わらずともクラブはとても軽く感じるはずです。

その状態で素振りをすると、ゆっくり振ったとしてもビュンと勢いのある音がします。

その音が左側で聞こえたらコックを解くタイミングは正解です。

ただその音が右側で聞こえてしまったらコックを解くタイミングが早すぎたことになります。

まずはヘッドを持った状態でクラブを持って音が左側で鳴るように意識しながら素振りをしてみましょう。

ゴルフスイングを客観的に見るのは難しいですが、音を確認するのは誰でも簡単なので是非挑戦してみてください。

ゴルフ上達のためには、しっかりと動きが分かるまではスローモーションで

ゴルフスイングでの正しいコックの入れ方、そして解くタイミングというのは通常通りのスピードでビュンビュン振っていてもなかなか確認することはできません。

先に話したようなタイミングを掴むための練習であれば問題ありません。

しかしここで説明したようにアドレスからフィニッシュまでの動きを一つ一つ確認するためにはゆっくりスイングが最適です。

またパート別にじっくりと動きを確認することも大切です。

ゆっくりスイングで全体の流れが頭と体で分かってきたら、少しずつスイングスピードを速めていくと良いでしょう。

ゴルフスイングではリズムやテンポが大事と言われていますが、それは正しい動きを身につけた上での話です。

初心者に限らず、中級者や上級者であっても、自分のゴルフスイングを再確認するつもりで練習の中にゆっくりスイングを取り入れるようにしましょう。

悪い癖というのはなかなか直りません。

何球も打っているうちに直ったはずの悪い部分が復活することもあるので、常に自分のゴルフスイングを客観的に見ることをオススメします。

ゴルファーにはコック派とノーコック派がいる

ノーコックの代表と言えば笠りつ子プロです。

同じように最初にノーコックで始めた人に取っては、今回お話してきたコックを入れること自体が違和感でしかないはずです。

もちろんその逆もあります。

ゴルフスイングの基本はありますが、全ての動きにおいて絶対という決まりはありません。

いろいろと試す中で自分に最も合うスイングスタイルを見つけ出すと良いでしょう。

それもゴルフの醍醐味の一つとなります。

違和感なければ身につけて損はないはずです。