ドライバーを武器に!女性ゴルファーの平均飛距離と目標設定

ゴルフでは女性は男性と比べて体格も体力も劣り、飛距離が短くなるのは当然でしょう。

経験が多い女性ゴルファーでも、ドライバーでは男性と飛距離がだいぶ違います。

ある程度練習もラウンドも重ねた、真っ直ぐドライバーを飛ばせる女性ゴルファー。

そのような方は大体ドライバーでどれくらいの飛距離を目指すのでしょうか。

その平均を知った上で、女性ゴルファーの目指す飛距離を考えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーのミート率の平均値を上げられるのは技量と性能

ドライバーの飛距離を伸ばしたいときは、まずミート率を計測してみると良いかもしれません。計測器...

上手くいかないドライバー!正しい打ち方と上がらない理由

アイアンは、ある程度打てるようになってきたけれど、ドライバーがどうしても上手くいかない初心者は多...

ドライバーのスイング中にコックがほどけるのを防ぐ方法

高性能のドライバーほどコックを上手く使うことが必要です。コックを使うことでその性能を余すこと...

ドライバーで飛ばしたい!スピン量が飛距離に与える影響

ゴルフをしていて、ひとつの楽しみはやはりドライバーで飛ばすことですよね。プロのように飛距離を...

ゴルフスイングやアドレスで姿勢が歪むときは腹筋を鍛えよう

ゴルフスイングで身体が不安定になったり、アドレスの再現ができないインパクトになったりしているよう...

ドライバー編レディース流の打ち方を習得してレベルアップ!

近年では女性ゴルファーが増えてきましたが、レディースゴルファーのドライバーの打ち方はメンズゴルフ...

ドライバーのスタンスは肩幅より広めが良いって本当?

ドライバーはスイングが大きくなるため、どっしりとしたスタンスで肩幅よりも広めが安定しそうです。...

ドライバーのヘッドは小さいほうが飛距離はアップするの?

ドライバーは飛距離を狙う道具ですから、スプリング効果で反発する大きなヘッドが主流となっています。...

ドラコンが楽しみになるドライバーにする飛ばすスイングとは

「ボールが空に吸い込まれるように飛んでいく。」これがゴルファーの醍醐味です。誰しもそんな...

ドライバーを飛ばすパワーをつける筋トレのススメ

ゴルフにおいて筋トレは必要か必要ないかは良く論じらますが、答えは筋トレはやるべきだと考えられます...

ドライバーの弾道が高すぎると飛距離を損している可能性大!

ゴルフはスコア以外に、ドライバーの飛距離も楽しみのひとつではないでしょうか。ドライバーを握っ...

ロフト角を小さくしても飛距離の出るドライバーにならない!

アイアンはフェースの上向き角度であるロフト角が飛距離の打ち分けの役目を果たしています。ロフト...

ゴルフ上達!上半身の脱力スイングで飛距離と正確性アップ!

肩に力が入っていると言われたことはありませんか?ゴルフの場合、肩に力が入っているとスイン...

アイアンでティーアップしたら飛距離はどうなる?伸びるの?

ティーアップと聞くとドライバーでするイメージがありませんか。しかしショートホールでは、ティー...

ドライバーが飛ばないときの原因、しっかりと特定できる?

ドライバーが飛ばないときは、原因を見つけて対処しなければなりませんが、その原因が良く分からない場...

スポンサーリンク

ドライバーの女性ゴルファーの平均の飛距離はどれくらい?

女性ゴルファーでもドライバーで200ヤードを目指しましょう、などと耳にします。

ドライバーで200ヤードも飛距離が出たら、ゴルフがとても楽しくなりそうです。

ところで初心者ではなくラウンドを重ねた女性のドライバーの平均はどれくらいでしょうか。

そんな女性ゴルファーの平均的なドライバーの飛距離は、175ヤード前後と言われています。

これはある程度練習とラウンドを重ねた方の平均です。

初心者ともなると、これほど飛ばない方が多いです。

もし飛んだとしても、初心者で175ヤードを安定して出すのは難しいはずです。

単純に考えると、レディースティーからドライバーで175ヤード前後出せて2打目以降でまとめられるなら、スコアは100切りを目指せます。

そして、もちろん身長が170㎝なのか150㎝なのかによっても出せる距離は変わってくるので、この数字が全てに当てはまるわけでありません。

飛ばす女性ゴルファーのドライバーの距離は

女性ゴルファーがドライバーで飛ばす距離の平均は175ヤードだと説明しました。

それよりもっと飛ばす方はどれくらいの飛距離を出すのでしょうか。

ドライバーで飛ばせるタイプの方の平均的な飛距離は、200ヤード前後と言われています。

女性ゴルファーの中で、体格が大きく大きなスイングができる方でしたら、普通にその距離が出せる可能性はあるでしょう。

175ヤード飛ばす方でスコアが100を切るなら、この飛距離を出す方はレディースティーからでは80前後のスコアを出せそうです。

これだけ飛ばせる女性ゴルファーは、レディースティーからではセカンドショットがいつもウェッジになり物足りなく感じることが多くなるはずです。

そのため200ヤードの飛距離でしたら男性ゴルファーとも引けを取らないので、レギュラーティーから挑戦しても良さそうです。

初めはレギュラーティーからでは距離が長く感じますが、すぐに慣れるでしょう。

ちなみに女性プロゴルファーのドライバーの飛距離は230ヤードほどです。

その中でも飛ばす方だと250ヤードの飛距離を出すので、男性ゴルファーの平均をも上回ることになります。

もちろんプロゴルファーの飛距離はとても目標にはなりませんが、実際女性でもこれだけ飛ばせるということは参考になるでしょう。

ドライバーで飛距離が出ない女性

一方、ドライバーで飛ばないタイプの方はどれくらいの飛距離なのでしょうか。

練習やラウンドを重ねたとしても、ドライバーであまり飛距離の出ない方は150ヤードほどです。

飛ばないタイプだからといって、ダメということではありません。

この距離を安定して出せるのであれば、レディースティーから打つのには十分です。

例えば150ヤードどころか100ヤードしか飛ばせないとしても、いつも安定して真っ直ぐ飛ばせるなら問題ありません。

ゴルフではちょうど良い飛距離は人によって違うので、一概にこの距離を目標にとは言えません。

ゴルファーの身長が20センチ違うとか、体重が20キロ違うなどではあまりにも条件が違いすぎます。

このように身長だけでなく体重も大きく関わってきます。

ゴルフの場合はやせ形より少し体格が大きい方が飛距離も出ます。

それでも、初心者でまだ飛距離が安定していない女性ゴルファーは、まずこの150ヤードが目標とすべき飛距離です。

女性のドライバーの飛距離はどれくらいが目安?

女性ゴルファーの平均的なドライバーの飛距離が分かりました。

さてそうなると自分はどの距離を目指せば良いのか気になります。

例えば目標は大きく持てば良いからと、230ヤードを目指すのはどうでしょうか。

練習もラウンドも何度か重ねて、180ヤードは安定して出せるようになったとします。

その方が230ヤード出すのを目標にするのは現実的ではありません。

安定したスイングをしているのに、今よりさらに50ヤード伸ばすのには、体格も相当変えなければなりません。

230ヤードを目指すのに色々と無理をするなら、180ヤードを安定して出して他のクラブの技術を磨いた方が遙かにスコアがまとまります。

では飛距離を伸ばしたい場合、どれくらいが目指せる妥当な飛距離なのでしょうか。

180ヤードを安定して出せている女性ゴルファーなら200ヤードは目指せる飛距離です。

なぜその目標飛距離なのかというと、飛ばせるドライバーに換え、それに見合った体力とスイングを身につけた場合に、無理せず飛ばせる距離がそれくらいだからです。

女性ゴルファーが飛距離を伸ばすドライバー

ではどのようにして女性ゴルファーがドライバーの飛距離を伸ばすのでしょうか。

まず道具を見直し、自分に合った飛ばせるドライバーに換えることです。

今までのドライバーでスイングを見直すのももちろん有効ですが、道具を見直すほうが話が早いです。

女性用のドライバーは、一般的に男性のものより短くすることによって振りやすくなっています。

短いことに加え、クラブの重量やバランスも軽めに設計されています。

そのため初心者ならば、そういった短くて軽いクラブが扱いやすいです。

しかし180ヤードも飛ばせるようになるとヘッドスピードも上がってきているので、そのクラブでは軽くて物足りなくなります。

せっかく真っ直ぐ飛ばせていたのに、そのまま使っているとクラブが軽すぎて不安定になり、曲がりが大きくなってしまう可能性もあります。

遠心力からすると、より飛ばせるクラブというのはより長く重いものですから、レディースモデルはもう卒業かもしれません。

男性用のドライバーと聞くと不安になりますが、200ヤード以上を目指すなら、視野に入れることをオススメします。

メーカーによっては、男性用と女性用同じモデルで、少しの仕様の違いで区別しているドライバーもあるので、男性用でも違和感がないものもあります。

検討してみると良いでしょう。

女性ゴルファーがドライバーで飛距離を出す練習

今のドライバーより長くて重い、飛距離を出すのにちょうど良いクラブが見つかったら、それを使う体力をつけることです。

体力をつけると言っても筋肉をつけることではありません。

もともと女性は男性に比べて筋肉はそう簡単につきません。

それよりもクラブを振るのに必要な体幹を鍛えることです。

女性は軽いドライバーだと腕の力だけで手打ちになる場合が多いです。

そこで、ドライバーのスイングを大きくゆっくりするように気をつけます。

少し長くて重いクラブを大きくゆっくり振ろうと思うと、手だけでは振れません。

それに耐えるように振ると体幹と下半身を使えるようになって、自然と力が付いていきます。

大きくゆっくり振れるようになると遠心力が大きくかかるようになるので、ヘッドスピードがどんどん上がります。

ヘッドスピードが上がるとおのずとドライバーの飛距離がアップします。

その練習の時に、無理をしてジャストミートさせようとする必要はありません。

あくまでもスイングに集中することで、ボールが真っ直ぐ当たるようになります。

また日常生活でも階段の昇り降りなど工夫して、なるべく意識して下半身を鍛えるようにしましょう。

このように、なにも専門の筋トレをしなくても、体力がアップができて200ヤード飛ばせるようになります。

女性のドライバーの飛距離を知って練習する

今回女性ゴルファーのドライバーの飛距離と目指す距離について説明しました。

練習とラウンドを重ねた女性で平均より少し多い180ヤードくらい飛ばせるのでしたら、目指す距離はまず200ヤードです。

目指す距離を決めて今より飛ぶクラブに変えて練習をしたなら、それに合った体力もついていきます。

200ヤード飛ぶようになったら、その先にまた目標の飛距離を設定すれば良いのです。

こうやって今よりドライバーで気持ち良く飛ばすことができたら、コースに出るのももっと楽しくなることでしょう。