ドライバーの飛距離アップ!女性のための効率スイング

男性と比べるとどうしても女性は、飛距離が落ちるのは体格差を考慮すれば当然のことです。

しかし女性であっても、効率的なドライバースイングを身につけることによって、200ヤード越えも決して夢ではありません。

ぜひ、効率的なスイングを身につけ、男性顔負けの飛距離を目指してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーの飛距離アップするスイングはスローなリズム!

ドライバーのスイングスピードは、単純に「速ければ飛ぶ」というものではありません。スローなスイ...

ドライバーが苦手なレディースゴルファーが飛距離を伸ばす

ゴルフをする上で一番の醍醐味といえば、ドライバーで気持ちよく飛距離を出すことではないでしょうか。...

ドライバーのコックを使うタイミングが分かれば上手くなる

ドライバーの飛距離と方向に影響を与えると言われるコックの使い方ですが、いまひとつ使い方が分からな...

ドライバーで飛ばしたい!スピン量が飛距離に与える影響

ゴルフをしていて、ひとつの楽しみはやはりドライバーで飛ばすことですよね。プロのように飛距離を...

ドライバーの飛距離とヘッドスピードの速さを比較しよう

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、飛びの条件となるボール初速と打ち出し角とバックスピン量を比較...

ドライバーの重量を軽量化して飛距離アップが実現するまで

ドライバーの重量は使われる素材開発に伴って軽量化したことで、飛距離は格段に伸びてきています。...

ドライバーは横振りスイングのほうが飛距離は伸びる!

皆さん、ドライバーのスイング軌道はどうなっていますか。ドライバーは横振りしたほうが飛距離は伸...

アイアンの飛距離を伸ばす打ち方とその必要性について

アイアンショットで同伴者と比べて飛距離が足りないと、距離を伸ばすためのスイングに変更しようと試み...

ゴルフスイングでフォローを低く長く出すと飛距離が伸びる!

ゴルフスイングでフォロースルーを重要視しない人は多いです。しかしインパクトの後のフォローの軌...

【ドライバーのヘッドスピードの上げ方】この4つで速くなる

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、強いインパクトが必要です。そのためにはヘッドスピードの速...

目的別や悩み別!ドライバーの練習ドリルを徹底紹介!

ドライバーの練習ドリルと一言で言ってもたくさんあります。そのためまずは自分がドライバーの何に...

難しいドライバーがレディースタイプの初心者用で簡単に!

ドライバーは飛距離を稼ぎたいクラブですが、意思に反しコントロールするのが難しいクラブでもあります...

ドライバーが飛ばないときの原因、しっかりと特定できる?

ドライバーが飛ばないときは、原因を見つけて対処しなければなりませんが、その原因が良く分からない場...

ゴルフスイングやアドレスで姿勢が歪むときは腹筋を鍛えよう

ゴルフスイングで身体が不安定になったり、アドレスの再現ができないインパクトになったりしているよう...

ドライバーを飛距離アップするためのスイング理論とイメージ

最近のドライバーは、素材的にも性能的にも改良されて、ひと昔前に比べて飛躍的に飛距離アップし方向性...

スポンサーリンク

飛距離アップは簡単!女性の方が上手くなる!

年齢もありますが、男女ともにアマチュアのドライバーの飛距離は実は飛んでいないと言われます。

男性で200~230ヤード、女性だと150~180ヤードの飛距離が平均的です。

平均飛距離を見てみると、男性、女性で確かに差がありますが、上限下限だけなら驚くほど離れているわけではありません。

あくまでも一般論ですが、男性は力で、女性は効率良く飛ばすスイングをする傾向にあります。

力があるということは、力に頼ってしまう傾向が強くなります。

女性の場合、男性と比べ力が劣ります。

そのため女性は本能的に力に任せるより、効率的なスイングをする傾向にあるということです。

実際に、練習場でスイングを見てみても、女性のほうが綺麗なスイングでボールを飛ばしていると思いませんか。

あるレッスンプロによると、男性より女性のほうがクラブの扱い方が上手だそうです。

プロゴルファーでも、男性より女性のほうがスイングが上手くなるという人もいます。

女性だからこそ、その特性を活かして、効率スイングを手に入れ飛距離アップを目指してみましょう。

ドライバーの飛距離は力ではない!

ドライバーで飛距離を出すためには、少なからず力は必要です。

女性の場合、男性に比べて力が少ないため飛距離が劣ってしまうと前項で述べました。

しかし女性プロゴルファーは平均230~240ヤードのドライバーの飛距離があります。

人によっては250~260ヤードの飛距離すら出します。

最近の若手は特に飛距離が出せるようになってきているようです。

そうなってきた理由に、昔と比べてテクノロジーの発展も寄与しているのでしょう。

ドライバーの反発力の向上(ルール範囲内のもの)や重心設計による慣性モーメントの向上と適正スピン量の確保。

また、シャフトもエネルギーロスを抑えるためのしなりを実現したりと様々です。

ドライバーの飛距離は、簡単に言えば初速の4倍と言われています。

もちろん、打ち出し角度などもありますが、力が必要な点は初速と言って良いでしょう。

ヘッドスピードとミート率を効率良く上げ、現在のテクノロジーが搭載されたドライバーを使いこなせれば、アマチュア女性でも200~230近くの飛距離は出せるようになると考えられます。

決して力ではなく、上手に道具を使い効率の良いエネルギー伝達ができるようにするのです。

女性に合ったドライバーのバランスとは?

まずは飛距離アップのためにドライバーのヘッドスピードを効率良く上げるためにはどうしたら良いのでしょうか。

スイングの改造ももちろんあります。

ヘッドがより走るためにはどのようにしたら良いのか考える必要がありますが、この点はミート率との兼ね合いになります。

次のミート率と一緒に話をします。

ここでは、力があまりない女性でもしっかりと振り抜けるドライバーのバランスを話をします。

基本的にクラブのバランスは、すべて統一するほうが振り感が統一できて良いと言われています。

確かにその考え方は正しいのですが、それはしっかりとすべてのクラブが振り抜ける人が前提となります。

ドライバーは、43~44インチ(女性モデル)と最も長いクラブのため、アイアンなどと同じバランスでも抵抗感が強く、振り抜けない人が多いのではないでしょうか。

これは、クラブの重さではなく、バランスによって解決することができます。

総重量が重すぎるものはもちろん疲れてしまうので良くありませんが、バランスがヘッドに寄りすぎていると振り抜きにくく感じてしまう人が多いです。

その場合、少しバランスが手元寄りでB8~C2くらいのドライバーが良いかもしれません。

ミート率を上げて飛距離アップ!

次は、ミート率について話をします。

ドライバーでミート率を上げることは初速のアップに繋がり、飛距離が伸びることに直結します。

ミート率を上げるには、ドライバーの慣性を感じながらしっかりと振り抜くことで、再現性が高まります。

つまり、自分のしっかりとスイングした状態に合うドライバーを使えば再現性が高まると言えるでしょう。

しかし、意外に女性は本来持っている力でスイングしていないことが多いです。

それはなぜかと言えば、シャフトが本来のスイングについてこないからです。

女性の場合、柔軟な体で大きなスイングアークを作って振り抜くことが多く、意外に力がない人でもヘッドスピードは出るものです。

しかし、力がないと思い込んで軽いモデルやシャフトフレックスが柔らかいものを選びすぎる傾向があります。

さらに女性はあまりクラブフィッティングを活用しない傾向にあります。

実際、クラブフィッティングをすると、多くの女性が自分のスイングに合っていない(低いスペック)ドライバーを使っていると判定されるようです。

合わないドライバーを使うとタイミングが合わない原因になり、フックやスライス、上がり過ぎが生じます。

その球筋が出たのを力が入りすぎていると勘違いし、本来の力を抑えてスイングをしてしまっているのです。

一度、クラブフィッティングで自分の本当のスイングにシャフトが合っているのか確認してみてください。

女性はリズム良くスインガータイプに!

先ほど少し触れましたが、男性と違い女性は柔軟な体で大きなスイングアークを作って、振り抜くことはとても強みでもあります。

ドライバーで飛距離を出したいからといって、力が必要なヒッタータイプを参考にしてはいけません。

スインガータイプのスイングを身につけることが、飛距離アップへの一番の近道です。

最近では、パワーヒッターと呼ばれるプロゴルファーも多いですが、参考にしてもらいたいのは引退した賞金女王、古閑美保プロです。

彼女は、現役時代からゆったりとしたリズムでスイングしながらも、曲がらないかつ240ヤード前後の飛距離を出していました。

ヘッドスピードは42m/sといったところでしょうか。

ツアーからは引退したものの、現在でも230ヤードは軽くドライバーで飛ぶようです。

そんな古閑美保プロがジュニア時代から取り組んでいたのが、メトロノームを使った練習です。

常に一定のリズムでスイングすることで、再現性を高め、ミート率を上げてます。

テイクバックとダウンスイングを同じリズムで行うことで、無駄な力みをなくし、クラブの重さや慣性を活かしてヘッドスピードを上げ、かつミート率を高めることができるようです。

ドライバーに頼るのも女性は大切!

女性がドライバーで飛距離を出すためのポイントを説明してきました。

ここで、『飛距離を出したい』、『もっと上手くなりたい』と思う人は、道具に頼ったりしたくないと感じてしまうかもしれません。

確かに、自分のスイングでしっかりと飛距離を出せるようになることはとても大事です。

しかし、これは男性、女性に限らずすべての人に同じ条件であることを認識しましょう。

身長が高い人がいれば低い人、体重があって力を伝えやすい人もいればそうでない人もいる、この体格差、パワーなどは絶対に違いが生まれます。

その違いを理解した上で、どのようにして同じような飛距離を出すのか、最終的にはそれ以上のスコアをどうやったゴルフで出すのかを考える必要があります。

つまり、自分に合った道具に頼るということは、非常に大切な選択なのです。

重いクラブや硬いクラブを扱える人が上手いゴルファーではありません。

最終的には、最小ストロークで18ホールを安定して回れる人が上手いゴルファーです。

そのためには自分に合ったドライバー探しは怠れません。

ドライバーの飛距離アップで周りと差をつける

女性がドライバーで飛距離を出すためについて話をしてきました。

アマチュアゴルファーの場合、プロゴルファーに比べて力がありません。

そのため、話したようなスインガータイプのスイングを手に入れること、また自分に合ったドライバーに巡り合い、ヘッドスピードとミート率の向上につなげることで飛距離を伸ばしていきましょう。