ウェッジのシャフトの重さが自分に合っているのか見分けよう

ウェッジのシャフトの重さが自分にとって合っているのか、不安になることはないでしょうか。

単品で購入することが多いウェッジは、アイアンとシャフトの重さが違ってしまうことがあります。

そこで自分にとって合うシャフトの重さを見分ける方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェッジはメーカー別にバラバラに揃えたほうが良いの?

アイアンはセットで揃えているのに、ウェッジを揃えるときメーカーやモデルを統一せずにバラバラに選ん...

劣化したパターのグリップを自分でも簡単にできる交換方法

パターのグリップは劣化する前に、新しいグリップに交換するのが理想です。作業は難しくなく、交換...

アイアンは塗装をDIYで甦らせるといつまでも使えるクラブ

アイアンはフェアウェイやラフ、土や砂等コースのあらゆるライからショットするためのクラブです。...

プロゴルファーとアマチュアのラウンドに掛かる時間の違いは

プロゴルファーのラウンドに掛ける時間はアマチュアと比べると短いです。高い技術を持っている...

多くのシャフト種類から自分のアイアンに合うものを選ぶ

シャフト選びではスチールとカーボンの材質による種類の違いや、フレックスやバランスなど性能による違...

新しいシャフトに交換!ゴルフメンテナンス法『リシャフト』

自分のプレースタイルに合わなくなったシャフトを自分で交換する場合は、新しいシャフトはもちろんのこ...

パターのグリップを交換して、パッティング名手の仲間入り!

未経験者でも大丈夫、決して難しくありません。この記事を読んでいただければ、きっとチャレンジし...

上級者用アイアンで打感が柔らかいタイプが減少している理由

アイアンを評価するときに、「打感が柔らかい」と使うことがあります。ソフトなインパクトだけでは...

アイアンを手入れしておけばいつもピカピカな状態で使える

キャディバッグからアイアンを抜こうとしたとき、ヘッドの汚れが気になることありませんか。日ごろ...

ウェッジの飛距離の目安はスイングの振り幅こそが大切!

ウェッジはラウンドで使わずには済まないクラブです。そんなウェッジは飛距離を求めるクラブではあ...

人気パターを販売している各メーカーの特徴を理解しよう

パターなら何でも良いと思っていませんか?パターはスコアに直結し非常に重要なものです。もち...

シャフトの選び方を間違えるな!アイアン上達への近道!

アイアンの上達への近道は、自分に合ったクラブに早く出会うことです。それはどのスポーツにも言え...

アプローチにスピンは必須!?低い成功率を高めるには!

アマチュアゴルファーは、アプローチがおろそかになりがちと言われています。それは、アプローチに...

使用したアイアンのフェース面の汚れや傷を手入れする方法

ラウンドや練習場でボールを打ったあとのアイアンは、汚れやボール痕がフェースに残っているものです。...

寄せワンを目指すためのアプローチショットの打ち方の種類

ゴルフのスコアメークはショートゲームの出来に掛かっていると言っても過言ではありません。もし寄...

スポンサーリンク

短く握ることが多いウェッジのシャフトの重さはどうする?

ウェッジのシャフトの重さには好みがあるものです。

一般的にはアイアンよりも少しだけ重めのシャフトが扱いやすいと言われています。

この少しだけ重いシャフトによって自重で振り下ろすことができるので、振り子型のスイングであれば簡単になるイメージがあります。

グリーン周りからパター式のアプローチをするとき、振り子型でストロークをすれば、ピンに向かってピッチエンドランのように転がります。

このときグリップを短く握ることでパターと同じ長さにするのですが、短くなったことでウェッジは軽く感じてしまいます。

そこで短く握る分だけシャフトを重くすると、ほかのクラブと同じ感覚で打てるという考えです。

たまたまパター式のアプローチ方法を紹介しましたが、ショートアプローチではほかにも短く握る場面が良くあるものです。

少しだけ重くするというときは、どのくらいに短く握るかが1つの判断材料になってきます。

ただしロフト角のあるウェッジのフェースを、さらに開いて使うアプローチの仕方をする場合には短く握ることはないかもしれません。

ウェッジのシャフトの重さはプラスかマイナスか?

ウェッジのシャフトの重さがスイングに影響を及ぼすことは、パター式のショートアプローチを参考しにすると、およそ想像がつくでしょう。

しかしながら、これだけでは軽いタイプのシャフトがダメな理由は不明確です。

そもそも論になってしまいますが、ウェッジのシャフトの重さとヘッドの重さは違います。

シャフトが重いと感じるときはウェッジ全体の重量が重いはずですが、ヘッドだけが重いときは「ヘッドの返しが良い」「ボールのつかまりが良い」という操作性の違いを感じるでしょう。

そうしたウェッジの重さを感じることで、スイング軌道が安定すると考えられます。

対してシャフトが軽いと、ほんの少し右手の力を加えただけで軌道が変わってしまう可能性はあります。

ウェッジが重ければ振り下ろすときに自重が加わるため余分な力がかかりにくくスイングの軌道が安定するわけです。

ただしロングアイアンのヘッドは、ウェッジよりもはるかに軽く作られているように、目的によっては重すぎることにもマイナスの面があります。

感じを出すウェッジショットにシャフトの重さは必要ない

ロングアイアンは飛距離を求めることを目的としたドライビングアイアンです。

方向性や距離感も大事ではありますが、なによりも飛距離がなければロングアイアンを使う意味はありません。

飛距離を求めるためには、ヘッドスピードの速さが重要となります。

いかにヘッドを走らせるかが飛距離を生み出すポイントだからです。

しかしアイアンの自重に頼っていてはスイングスピード以上のヘッドスピードを生み出すことはできません。

タイミング良くコックをリリースして、インパクトの直前でヘッドを反転させる技術が必要です。

つまり操作性を考えると、ヘッドやシャフトは軽いほうが良いと言えます。

同じことはウェッジにも言えることです。

微細なインパクトを狙うときは、軽いヘッドに軽いシャフトのほうが「感じを出せる」はずです。

感じを出すにはウェッジ全体の重さは必要なく、自分の意思でヘッドコントロールができるスイングを求めるはずです。

どこまでが微細なインパクトになるのかは個々のゴルファーによって違いますが、上級者ほど自分の意思でコントロールしたいという想いが強いことは想像がつくでしょう。

プロのウェッジのシャフトの重さをアイアンと比べてみる

前項で話したように、ウェッジのシャフトの重さについては、ゴルファーの好みによって評価が分かれるところです。

単純な分析ですから異論はあるかもしれませんが、ヘッドの重さをコントロールできる人は軽めのウェッジを好みますし、パワーが足りずにスイング軌道が安定しない人が重めのウェッジを好むようです。

トップクラスの技量を持つ男子プロの場合、アイアンよりも重いウェッジを使っている割合は約2割ですが、女子プロは7割以上が重いウェッジを使っています。

男女のパワーの差や技量の差がこの違いを生んでいるのではなく、好みの問題だということです。

女子プロが重たいウェッジを使わないとしても、技術的には何の問題もないでしょう。

要はフィーリングが合っているか、合っていないかの違いなのです。

ただ活躍する女子プロの7割以上がアイアンよりも重さを感じるウェッジを好むことは、アマチュアゴルファーにも通じる何かがあるかもしれません。

ウェッジのシャフトの重さはプロでも見解が分かれている

プロが使うウェッジの重さをアイアンと比較すると、男子プロの6割、女子プロも2割はアイアンと同じ重さを使っています。

男子プロの場合、重いウェッジを使う割合と同じ重さのウェッジを使う割合の差は少ないです。

確かに男女の違いについては真逆ですが、一定の水準を超えた技量を持つプロでも、その評価は違っているわけです。

ここで気になるのが実際にウェッジを使うときは、フルショットする機会が少ないことです。

フルショットのトップの位置からダウンスイングをすれば、その勢いでヘッドを振り抜くことは可能です。

しかし1/2や1/4の振り幅でスイングするアプローチショットの場合は、ウェッジの大きなヘッドが芝の抵抗を受けても、振り抜けるだけの自信があるかは、やはり個々のゴルファーによって違ってくるでしょう。

そういった場面で、シャフトの重さを利用したほうが安心感があると考えたプロが約半数いるのですから、アマチュアゴルファーにとってこの選択は参考になるかもしれません。

シャフトの重さはウェッジの操作性で決まる

ウェッジのシャフトの重さはゴルファーによって好みが分かれるところですが、芝の抵抗が強いラフからのアプローチショットを考えると、ある程度は重めのほうが安心感はあるかもしれません。

ただし、ウェッジを使うすべてのショットがショートアプローチではないため、自分のスイングパワーを知っておく必要があります。

いかに速くスイングするかはスイングスピード、またはヘッドスピードを確認すれば分かりますが、スイングパワーは分かりにくいかもしれません。

それを確認する単純な方法として、床に置いたウェイトをヘッドでスライドさせる力が、どのくらいあるかがスイングパワーになります。

振り幅の少ないアプローチショットで芝の抵抗を受ければ、フェースを合わせることが難しくなります。

そこでシャフトの重さを利用すれば、小さなスイング幅でも床に置いたウェイトを動かすことができるかもしれません。

ちなみにスイングパワーに必要なのは、体を捻転させるスイングと、グリップをしっかり握れる握力です。

ウェッジのシャフトの重さが気になるようであれば、自分のスイングパワーがどのくらいかを自分なりに分析し、芝の抵抗に負けない程度の重さにすると安心感は得られる可能性があります。

ただし重くなるほど操作性が落ちるので、微細なショットが苦手になることも考えておく必要もあります。

シャフトの重さでウェッジを選ぶときの基準

ウェッジはシャフトの重さを利用したほうが良いのか、自分の意思でコントロールしたほうが良いのか、技量の最高峰にいるプロでも分かれているくらいですから、どちらが良いかは一概に決めることはできません。

自分にとって良い重さを決める基準があるとしたら、芝の抵抗に対してフェースを合わせやすい重さではないでしょうか。