多くのシャフト種類から自分のアイアンに合うものを選ぶ

シャフト選びではスチールとカーボンの材質による種類の違いや、フレックスやバランスなど性能による違いがポイントになってきます。

しかしながらアイアンのシャフトの場合には、「安心感」も大きな位置を占めているようです。

そのため今回は、そういったことも含めてアイアンのシャフト選びについて考えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーの純正シャフト交換は必要?自分でできるのか

ドライバーを新たに購入するとき、純正シャフトにするかカスタムシャフトにするか悩みませんか。初...

ゴルフ用のキャップが似合わないのは顔の形や大きさが原因?

ゴルフ用のキャップをかぶると、なぜか違和感があって似合わないような気がすることがありませんか。...

レディースのパターの選び方には女性らしさが必要なの?

パターの選び方はゴルファーによって違うものです。ただしほとんどのパターには男性用、女性用はな...

ユーティリティを選ぶとき他の角度や番手は参考にならない

使ってみると誰もが便利というユーティリティですが、14本に限定されているクラブセッティングでは、...

ゴルフの原点!相手と戦うマッチプレーは戦い方が大事!

ゴルフには、大きく分けて2つの戦い方があります。18ホールのトータルスコアで競う戦い方 ...

世界でウェッジ使用率No.1!選び方が色々できるタイトリスト

100ヤード以内のショットで重要かつ使用頻度の多いクラブがウェッジです。アプローチやバンカー...

ジュニアの育成をシニアが担う時代に違いを感じるはず!

将来のゴルフ界を担うジュニアの育成は、現在のゴルフ界を支えるシニアの責任でもあると言われています...

アイアンの重さが適正だとスイング軌道が安定する理由

アイアンは重たいほうが良いと考えているゴルファーが多く、スチールシャフトの装着率は変わらないよう...

現代版のアイアンでレディースが後悔しない選び方を検証する

現在レディースのアイアンは種類もどんどん増えて、レディースゴルファー個々のタイプで選びやすくなっ...

ウェッジがノーメッキだと「手入れが面倒」はもう古い!

アプローチの微妙な感覚をサポートしてくれるウェッジとして、ノーメッキタイプを使っているゴルファー...

ドライバーのヘッドカバーが2種類必要な理由とは?

ドライバーにヘッドカバーは必要なのでしょうか。木製ヘッドのころには濡れ防止などの役割はあ...

梅雨と猛暑を繰り返す7月のゴルフ場で対応できる服装とは?

夏のイメージが強い7月ですが、一方でジメジメした梅雨の時季でもあります。ゴルフ場での服装は真...

ウェッジのシャフトの重さが自分に合っているのか見分けよう

ウェッジのシャフトの重さが自分にとって合っているのか、不安になることはないでしょうか。単品で...

ドライバーのアドレスで重心を気にすると上達できない?

ドライバーのアドレスに入るとき、重心を気にしていませんか。重心は体のバランスを表す言葉として...

ドライバーの練習は少しの工夫で自宅でも確実にできる!

ドライバーの練習を毎日したくても、練習場通いは経済的にも時間的にも厳しいものがありますよね。...

スポンサーリンク

アイアンのシャフトは硬さの種類を選ぶことが重要になる!

アイアンのシャフト選びは、最初のチェックポイントとして、フレックスに注目することが多いようです。

フレックスは、シャフトの「R」や「S」のような硬さを表したものです。

硬さにはいくつかの種類があり、その中から自分のスイングに合ったものを選ばなくてはいけません。

基本的なフレックスの区分は、L→A→R→S→Xと順に硬くなっていきます。

最近のフレックスは、さらに細分化されてRとSの間にSR、Xより硬いTSやXXなどをメーカー基準として盛り込んでいます。

こういったシャフトの硬さを間違った基準で選んでいることがあるようです。

「硬さ=パワー」と考えているゴルファーが多いようですが、それはパーシモンシャフトからスチールシャフトに移行した時代のことです。

当時は「折れないシャフト」が主眼にあったため、スイングスピードの速い上級者はこぞって硬いシャフトを求めたようです。

しかしながら時代は移行し、シャフトには飛距離アップや球筋の安定など、たくさんの役割が求められるようになっていき、それに合わせたスイングが作られていくことになりました。

アイアンのシャフトは硬めの種類を選ぶことが多い

たくさんの種類があるシャフトの中で、フレックスに注目するのはスイングによるシャフトのしなりと関係があるからです。

すでに時代が進んで技術進化のおかげで「折れ」についての心配はほとんどなくなり、いかに自分のスイングに合ったシャフトを選び出せるかに注目するようになります。

特に飛距離を狙うドライバーのシャフトについて、その役割は大きくなっているようです。

多くのゴルファーが実感しているように、飛距離を伸ばそうとするならスチールシャフトよりもカーボンシャフトのほうが有利です。

カーボン繊維の特色である「軽量」かつ復元力が、スイングスピードを速めて、さらにシャフトのしなりを利用してヘッドスピードも加速させることができるようになったからです。

一方アイアンショットでは飛距離アップを求める必要はないため、シャフトのしなりを利用するショットを求めるゴルファーは少ないようです。

そのためアイアンに装着されているカーボンシャフトは今も少なく、改良型のスチールシャフトの使用率が圧倒的に多くなっています。

硬い種類のアイアンシャフトにするのはしなり量が理由

アイアンショットで求められるのが「しなりのないシャフト」であれば、すべてXXシャフトにすれば良いはずです。

しかしながら実際には、XXシャフトが硬すぎると敬遠するゴルファーが大半のはずです。

そもそもシャフトのしなりは、体の大きさや筋力が影響するわけではありません。

確かに体力によってスイングスピードは速くなりますが、「シャフトの硬さ」はシャフトのしなりを戻すときの強さですから、しなりを戻す技術を表しているとも言えるわけです。

まずは「シャフトのしなりを戻す」ことについて、理解しなければなりません。

トップで切り返してダウンスイングを開始すると、グリップの先にあったヘッドが遅れてきます。

そのヘッドの遅れはインパクトの手前で戻さないと、フェース面が開いて打ち出すボールはスライスします。

そのため一般的にはコックをリリースすることで、遅れていたヘッドを元の位置に戻します。

しかしその動作によって軟らかいシャフトだと戻りすぎ、グリップよりヘッドが先行する結果となって、フェースが閉じてフックボールを打ち出すことになります。

つまりシャフトのしなり戻りが強くならないように、硬い種類のシャフトを選ぶことになるのだと考えられます。

アイアンのシャフトで硬い種類を選ぶ本当の理由とは?

ダウンスイングでコックをリリースすることによってシャフトのしなりを戻します。

そのしなり戻りのコツをつかむと、ゆったりしたリズムでスイングをしても、ヘッドスピードが速くなり飛距離を伸ばすことができます。

ただアイアンの場合には、ターゲットまでボールを運ぶことが主目的ですから、距離に合わせた番手を選べば良いだけなので、シャフトの硬さを重視することは少ないはずです。

それよりもシャフトのしなり戻りによってフェースの角度が変わり、方向性が安定しなくなることを嫌う傾向があります。

つまりシャフトのしなりや、しなり戻りの幅の少ない硬い種類のシャフトを選ぶ傾向が強くなるわけです。

結果的に、「アイアンのシャフトは硬いほうが良い」というゴルファーが多くなる要因はここにあるようです。

ところでアイアンのシャフトは、本当に硬いほうが良いのでしょうか。

すでに答えとして前述しているように、硬いXXシャフトが優れているとは思っていないはずです。

シャフトに適度な硬さが必要なのは、やはりしなりを利用してスイングをしているからなのです。

シャフトの種類が合わないとアイアンが鉛だらけになるかも?

たくさんの種類があるシャフトの中から選ぶときは、インパクトの前後でヘッドをコントロールできる「操作性」がポイントになります。

例えばSシャフトの3番アイアンとRシャフトの9番アイアンを比べると、シャフトが硬いのは9番アイアンのほうです。

同じシャフトの硬さでも、シャフトの長さが短くなるほどしなり幅が減るため硬さは増していきます。

ただシャフトが硬くなっていることが気にならないのは、9番アイアンのヘッドが重たいからです。

シャフト選びのもう1つのポイントはバランスです。

同じ総重量のアイアンでも、ヘッド側のバランスが強いと重く感じられます。

ヘッド側が重いアイアンは、「球のつかまりが良い」と言われていて強いミートができます。

ただし球のつかまりが良すぎると、インパクトでフェースが押し込むようになってフックします。

これはヘッド側が重いことでトップでシャフトがしなり、インパクトの直前のしなり戻りが強すぎてフェースが返っていることが原因です。

こうしたフックを防ぐためには、硬いシャフトに変更する方法と鉛を使ってバランスを修正する方法があります。

一般的にはお手軽な後者の鉛を使って修正しますが、元々ヘッドの効きは感覚的なものですから、気が付くとシャフトが鉛テープだらけになる可能性があるため、張り過ぎには注意が必要です。

たくさんの種類のアイアンから自分に合ったシャフトを選ぶ

たくさん種類があるシャフトの中からアイアンに合うシャフトを選ぼうとすると、硬くて重いタイプを選びがちになるのは、ここまでの内容で伝えました。

しかしドライバーのカーボンシャフトが進化しているように、アイアン用のシャフトも進化しています。

アイアンに使われているシャフトで多いのが、「N.S.PROシリーズ」と言われる軽量タイプのスチールシャフトです。

重量的にはカーボンシャフトに近づいていますし、光沢のあるメッキにスチールらしい安心感があることも人気の理由となっているのかもしれません。

本来はRシャフトで使い勝手が良くても、軽量スチールシャフトにすると、スイングスピードが速くなるため、シャフトを硬くしないと合わなくなることがあります。

もちろんアイアンの場合は、すべてのスイングがフルショットではないため、軽量化されたことでより繊細なタッチでボールをコントロールすることも期待できます。

固定概念で「私はRシャフト」と決めるのではなく、アイアンの種類によって硬さに違いがありますし、バランスや材質によってはSシャフトのほうが良い場合もあります。

自分のスイングに合ったシャフト選びをするには、なるべく多くの試打クラブで実際に打って感じて確認することが良いのです。

アイアンのシャフトの種類からお気に入りを探し出す方法

アイアンのシャフトを選ぶときには、カーボンやスチールといった材質よりも、フレックスやバランスを重視したいものです。

今の製造技術のおかげで、それぞれの素材のターゲットゾーンっが大きく重なってきているからです。

たくさんの種類の中から、自分のスイングに合ったアイアンを見つけることは意外に難しいものですが、試打の機会をどんどん利用すれば絞り込みは容易になるはずです。