ドライバーの重量を軽量化して飛距離アップが実現するまで

ドライバーの重量は使われる素材開発に伴って軽量化したことで、飛距離は格段に伸びてきています。

ただ今日に至るまで、紆余曲折が合っての軽量化だったようです。

ユーザーのニーズと作り手と努力が一致するまでの軌跡を追っていきながら、軽量化したドライバーについてお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーで飛ばしたい!スピン量が飛距離に与える影響

ゴルフをしていて、ひとつの楽しみはやはりドライバーで飛ばすことですよね。プロのように飛距離を...

ドライバーショットがヒールに当たる6つの原因とその対策法

ドライバーでショットするとセンターではなく、ヒール(根本側)に当たることがあります。衝撃の割...

ドライバーでドローを打っても飛距離が伸びない原因と修正法

ドライバーの最大の役目は飛距離を稼ぐことです。ストレートの球筋をドローに変えると、ランが...

ドライバー編レディース流の打ち方を習得してレベルアップ!

近年では女性ゴルファーが増えてきましたが、レディースゴルファーのドライバーの打ち方はメンズゴルフ...

上手くいかないドライバー!正しい打ち方と上がらない理由

アイアンは、ある程度打てるようになってきたけれど、ドライバーがどうしても上手くいかない初心者は多...

ゴルフスイングで踏み込みのコツを知れば飛距離がアップする

ゴルフスイングで左足の踏み込みのコツを覚えると、飛距離がアップすると言われています。浮かせた...

難しいドライバーがレディースタイプの初心者用で簡単に!

ドライバーは飛距離を稼ぎたいクラブですが、意思に反しコントロールするのが難しいクラブでもあります...

ドライバーが飛ばない原因とヘッドスピードが上がらない理由

「ドライバーショットが飛ばない」、「ヘッドスピードが上がらない」。こう多くのアマチュアゴルフ...

ドライバーでコックを使うと驚くほど簡単に飛距離が伸びる?

ドライバーの飛距離が男性で平均飛距離200ヤードに届かない人は意外に多くいると言われます。な...

ドライバーを飛ばせる適正なティーアップの高さを考えよう!

多くのアマチュアゴルファーは、スイングは一生懸命に練習するのですが、アドレスを疎かにしている人が...

ドライバーが飛ばない女性は飛距離を出す打ち方をしていない

ドライバーが飛ばないと嘆く女性ゴルファーの多くは、性別や体力に原因があると考えているようです。...

ドライバーの飛距離とヘッドスピードの速さを比較しよう

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、飛びの条件となるボール初速と打ち出し角とバックスピン量を比較...

ドライバーを打つときの身体の使い方と打ち方のコツ

それまで難しいと感じていたドライバーの使い方を知ると、頼れる「相棒」に変わるものです。今...

アイアンの番手は飛距離とロフト角のどちらを基準にするのか

アイアンに刻印されている番手は、何を表しているのでしょう?ロフト角なのか飛距離なのか、それと...

ドライバーがやさしい?簡単な方法で飛ぶようにするには

ドライバーは、飛距離が出て真っ直ぐ飛ぶことが、全てのゴルファーの願いであることは間違いないでしょ...

スポンサーリンク

ドライバーの飛距離アップの要因は重量を軽量化したこと

ドライバーで飛距離アップを狙うのであれば、最新技術の結晶とも言える軽量化したクラブを使うことが重要です。

飛距離アップには、チタン製のヘッドにカーボンシャフトが鉄壁のセッティングです。

ヘッドの素材となっているチタンは、ロケットの先端に使われるほどの硬さを持ち合わせていますから、ヘッドを極薄の肉厚で作っても壊れることはありません。

ドライバーのフェース面は、厚さが3ミリ程度なのに、ボールを打っても割れないしヒビだって入りません。

いくら素材が重そうなイメージのある金属でも、極薄で内部は空洞ですから、昔の木製ヘッドよりはるかに重量は軽くなっています。

それにつけるのが、細くて軽い炭素繊維をよって1枚のシートにして、それを丸めて1本の筒状にしたカーボンシャフトです。

すでに釣竿で大活躍していたのですが、剛性や重量に変化を加えてゴルフのシャフトにも使えるようにしたのです。

このようにヘッドもシャフトも軽くなったことで、誰が使ってもスイングスピードが上がり、結果として速くなったヘッドスピードがボールに強いインパクトを与えて飛距離アップが実現したわけです。

重量が軽くなってドライバーの飛距離が伸びさらにもう1歩進む!

さらなる飛距離アップを狙うためにもう1歩進化させたのが、シャフトを長くすることです。

ドライバーが軽量化したことで、以前と同じようなバランスにすると、その分だけシャフトを長くすることができるようになります。

軸を中心に円のスイングをするので、シャフトが長くなると外周を回るヘッドのスピードがそれまで以上に速くなり、もっと強いインパクトができるようになります。

すでに大満足のはずですが、ドライバーを長いままにしてもっと軽くすれば、スイングスピードが速くなってさらなる飛距離アップに繋がると考えるようになります。

チタンとカーボンを使って軽量化されたドライバーは、さらに軽くなるようにブラッシュアップしていくことになります。

木製ヘッドにスチールシャフトの時代から見ると、50グラム以上の重量ダウンに成功していましたが、さらに20グラム程度の軽量化に成功して、ドライバーの総重量は300グラムを切るのは当たり前、290グラム以下もザラになりました。

さぞかし飛距離が出ると思っていたら、ゴルファーによって違う結果となります。

重量が軽くなって長くなったドライバーの飛距離が伸びない

ドライバーが軽量化したことで長尺ドライバーが登場し、さらに改良されて総重量が落ちたことで飛距離が伸びると考えたわけですが、実際には飛距離を伸ばせる人は一握りだけだったのです。

長いシャフトのドライバーを使いこなすだけのテクニックがないと、飛ばないばかりかフックやスライスで打ち出すボールは荒れて収拾が付かない状態になります。

軽くて長いドライバーをわざわざ短く握ってゆったりとしたリズムでスイングをしなければ、ボールがどこに行くのか分からないようになってしまったのです。

「1周回って元の位置に戻る」で、結果的にそれなりに重たいシャフトが見直されてきます。

ただ振り出しに戻って重たいスチールシャフトを使うわけではなく、「扱いやすさ」重視へと変わってきました。

ドライバーの重量が軽すぎて飛距離ダウンになる?

ドライバーの飛距離について専用の機械を使ってデータをとると、重量が軽くて長いシャフトが絶対的に有利なことが分かります。

ただ機械と違って人間がスイングすると、長いシャフトによってミート率が落ちてしまい、飛ばなくなるようです。

せっかく重量を軽くしたのに、それを活かすことができない時期が続きます。

ところがゴルフメーカーは、クラブの改良が重量や長さだけを行っていたわけではなく、フェース面のスプリング効果についても改良を重ねていました。

ヘッドを大きくすることでスプリング効果は増大し、トランポリンのように弾むフェースを作ったのです。

スイートスポットから多少ずれても、フェース面全体がボールを弾き飛ばしてくれるので、誰もが飛ぶようになります。

やがてコースの距離やバンカーの位置を改造しなければならなくなるほど飛距離は伸びてしまいます。

結果的にルールによって、フェースの反発力を抑える規制を設けることになります。

「より飛ばすクラブを!」と改良を重ねてきたことが新たなルールを生むことになったわけです。

ドライバーの飛距離が伸びる重量の軽さのデメリットを解消

ドライバーの改良を重ねてきた技術者は、究極の飛距離を求めて開発してきたであろうに、結果が良すぎたために飛距離アップを抑えるルールにガッカリしたことは想像がつきます。

そうして飛距離に対する規制が加えられても、万人に向けたドライバー作りは続けられます。

スイートエリアを広く取り、多少インパクトポイントがずれても、芯で打っているのと変わらない飛距離が実現します。

高反発ではなく広反発の時代へと変わります。

また長くて上手く当たらなかったシャフトを短くしても、同じだけのヘッドスピードが出るような粘りのあるシャフトを作り上げていきます。

さらにロフト角やライ角の変更や、重心位置を変えることで捕まりが良くなるタイプやスピンを減らすタイプを、自分で調整できる機能を備えたものまで生み出します。

ドライバーを自分好みに変えられるようになったことで、それまでの重量の軽さのデメリットは解消されて飛距離と方向の安定を得ることができるようになったのです。

重量はセッティング全体で揃えることが大事

ドライバーの重量の軽量化の波は一旦収束し、飛距離追及は別の視点で求められるようになったと説明しました。

軽量化の流れに合わせて生まれたシャフトの長さは、徐々に短くなっているようです。

世界のトッププロの中には、それまでの長めのシャフトをやめて、短尺ドライバーに切り替えた選手もいます。

相対的には軽量化されてはいますが、実際にどのくらいの重量が適正なのかは気になるところです。

自分で調整できるとは言え、重量フローでアイアンとギャップが生じるのは避けたいはずです。

つまりドライバーだけが突出して軽量化し、他のクラブの重量は変わらないのであれば、スイングリズムが崩れて調子が悪くなってしまう可能性が高いです。

確かにドライバーは飛距離を狙う道具ですから、それに合わせた重量の物が欲しいのは当たり前のことですが、同時にドライバーだけが良くてもゴルフのスコアは良くならないということです。

さらに重量配分であるバランスや、シャフトの剛性を示すフレックスなどとの兼ね合いも考えて、トータルで重量について考えていくことが重要です。

自分に合ったドライバーの重量が飛距離アップに繋がる

ドライバーの飛距離を伸ばすには、重量の軽いタイプを選ぶと一定の効果は鰓えます。

ただし軽すぎるとスイング軌道が安定しませんし、重すぎるとスイングスピードが落ちてしまいます。

自分の技量に合った重量であることはもちろんですが、すべてのクラブとの重量差を考えて揃えていくことがスイングの安定、さらにはスコアの安定にとって重要だと言えます。