ゴルフスイングのどこかに右肩がかぶる原因がある?

ゴルフで右肩がかぶるようなら、スイングの修正が必要です。

修正するには、まず原因を探して、その症状にあった修正法で練習しなければなりません。

そこで右肩がかぶるときの原因と簡単に直せる修正法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフスイングで重要な左足の壁とは左足の踏ん張りで作る

現在ダフリやトップのミスや飛距離が伸びないことに悩んでいる人は、ゴルフスイングでの左足の使い方を間違...

アイアンのトップはダウンブローと手首の切り返しで防ぐ

ラウンド終了後に、「あのミスがなければ100を切れたのに」というタラレバは良く聞きます。ミス...

ユーティリティが下手!アイアンと打ち方が違うの?

使えるようになれば万能と言われるユーティリティですが、意外と苦手というゴルファーも多いのではない...

ドライバーがフェードするときの治し方って意外に簡単?

ドライバーでティーショットしたとき、打ち出すボールがフェードアウトするとしたら、原因を見つけて正...

自分のゴルフスイングがわからなくなる時どうすれば良いのか

ミスが続き、「ああでもない、こうでもない」とゴルフスイングを見直していると、突如これまでしていた...

アイアンの飛距離アップ!正しいアドレスと左手の位置が大切

自分はパワーがないから、アイアンの飛距離が伸びなくて当然と思っていませんか?そんなことはあり...

ドライバーショットはトップの位置の左右の手首の働きが重要 

ドライバーショットを左右するのは、ダウンスイングがスタートする「トップの位置」だという考え方があ...

ゴルフ上達!球を上げるためには打ち込むイメージが大切!

ロングホールのティーショット、深いラフからのショット、バンカーショットなど球を上げたいときにどう...

ゴルフスイングの切り返しでは左尻を後ろに引くのが正解

ゴルフのトップからダウンスイングへの切り返し、何を基準にしていますか?腰、膝、肩、手、肘の位...

ドライバーの構え方を正面から見て改善するステップアップ法

自分自身のゴルフの構え方を正面から見る機会は少ないと思います。実は自分の構えを確認することで...

【ゴルフスイング】トップを小さくコンパクトにする方法

ゴルフのスイングの仕方に、「トップを小さくしたコンパクトなスイング」を目標とすることがあります。...

アイアンをテイクバックしながらシャットフェイスを作る方法

アイアンショットがスライスするなら、テイクバックに入る前にフェイスを左側に向けてみましょうた...

パターが上達したい!ゴルフの基本とする構え方と打ち方

パターに関して昔からゴルフ界では「打ち方は自由」といわれていますが、本当に好き勝手に練習をしても...

ゴルフスイングを安定させるには右足の親指を意識すれば良い

ゴルフスイングにおいて右足の親指が機能しているかは、スイングの歪みやインパクトなどに大きく影響す...

ドライバーヘッドの種類とゴルフクラブの性能として理解する

ドライバーを選ぶとき、数多くの種類から選ぶ基準を定めてから、ゴルフショップに向かうことをおすすめ...

スポンサーリンク

右肩がかぶる原因はゴルフクラブを構えるときの右手にある

アドレスのときに右肩がかぶるとしたら、クラブヘッドのセットの仕方が間違っているのかもしれません。

ボールの後ろにクラブヘッドを置いて、そのあと肩幅にスタンスをとっていると、右肩がかぶることになってしまいます。

最初にクラブヘッドをセットするのは、ライ角に合わせたシャフトの傾きを考慮したもので、そのセットの仕方であればグリップは正しい位置にあります。

あとはグリップに合わせて前傾姿勢をとれば、アドレスは完成することになります。

ここまでは何の問題もないようですが、実際にはライ角に合わせてセットしたのは右手のみです。

右手だけでゴルフクラブを握ると、自然に身体は開いて右肩が前に出てしまうはずです。

その右肩がかぶらないようにするためには、右手でヘッドをセットしてスタンスを決めたら、一旦グリップを胸まで引き上げます。

シャフトを立てて、両手でグリップを握り直してから、ヘッドをソールすると両肩は飛球線と平行になっているはずです。

ゴルフで右肩がかぶるときは自分の力で強制的に矯正する

胸の前でグリップを握り直してアドレスに入れば、右肩がかぶることはなくなるはずです。

それでも右肩が前に出るようななら、グリップと身体の間隔を確かめてみましょう。

上半身を前傾して、両肩から腕をだらりと下げたところでグリップを握るのが本来の構え方です。

ところが、グリップを身体の前に出して腕を伸ばした姿勢をとると、左手よりも前を握る右手のおかげで、右肩を前に出さなくてはいけなくなります。

グリップと身体の間隔は握りこぶし2個程度です。

上手く間隔をつかめないようなら、クラブを握らずにアドレスの姿勢をとって、両腕を振り子のようにブラブラさせてから両手を合わせます。

そのときの間隔が正しいグリップの位置です。

ただしドライバーなどの長めのゴルフクラブは左内腿の辺りでグリップを構えるので、もしかすると右肩がかぶるかもしれません。

そんなときは、グリップから左手を外して右肩を押しましょう。

自分の力で両肩が飛球線と平行になるまで押すと、矯正することができます。

右肩がかぶるのは中心軸のゴルフスイングができていないから

ダウンスイングで右肩がかぶるとしたら、左肩の回転に問題があるかもしれません。

ゴルファーにありがちな、左手主導のゴルフスイング、もしくは左肩を回すテークバックを実践した結果です。

左手や左肩が主導したダウンスイングは、身体が開くことになるので右肩は前に出てきます。

そんな左手主導のスイングは、ヒッコリーのクラブを使っていた前時代的なゴルフ理論なので、現代の進化したカーボンシャフトには当てはまりません。

またテークバックで左肩を回すのは、背骨を中心に捻転をした結果でしかなく、ダウンスイングで左肩が主導することはありません。

そもそも捻転は左肩だけでするわけではなく、腰の回転もあってはじめて左肩はアゴの下まで回すことができます。

この腰の動きがダウンスインで右肩を前に出さないためには重要になってきます。

ダウンスイングでは、肩を元に戻そうとすると右肩が前に出てきます。

そこでダウンスイングは、左腰を後ろに引くことから始めます。

この腰の回転によって、身体の軸を中心としたスイングができるようになるのです。

またトップまでの間に、限界値まで捻転していますから、左腰が反対側に回ると必然的に左肩は左腰の動きについていくことになります。

ゴルフスイングで右肩がかぶるのは右肘が原因

ダウンスイングで右肩がかぶるのは、右肘に問題があるかもしれません。

右肘が浮いて右脇が開くと、右手の強い野球スイングになってしまいます。

そこで右肘を下に向けて、なるべく右脇を開かないようにすると、今度は右肩が沈むことになります。

右肘を右脇腹につけたダウンスイングがその原因で、場合によっては右肘が右腰に付いてしまう場合もあります。

この姿勢でインパクトを迎えると、右肩を前に出して、身体の正面をターゲット側に向けることになるでしょう。

これはトップでの右腕の形に間違いがあるからです。

右手は「蕎麦屋の出前」のように、右手でお盆を持ち上げた形を取ってください。

このとき右手首からまっすぐになり、右肘の先は地面を垂直に指していなければなりません。

ところが右脇を締めているため、右腕は開いた状態になっています。

正しいトップの形を取れれば、ゴルフスイングで右肩がかぶることはなくなります。

インパクトで右肩がかぶるのはヘッドアップのゴルフが原因

インパクトで右肩がかぶるとしたら、直前のヘッドアップが原因かもしれません。

ゴルフにとってヘッドアップがダメなことは、始めたばかりのゴルファーでも知っていると思いますが、インパクトの前に顔を上げてしまうことをヘッドアップと言います。

ただし、ヘッドアップ自体はスイングに影響はなくて、それに付随する身体の動きが右肩のかぶる原因となっています。

インパクトの直前に顔が上がるのは、ターゲットの方を見るからです。

小さなスイングであれば、右肩を前に動かすほどではありませんが、普通のゴルフスイングであれば顔の動きに合わせて左肩が開いてしまいます。

つまり前傾していた身体が起きてしまうことで、インパクトの前にフィニッシュへと移行してしまうわけです。

この顔を上げる動きを止めるには、精神力で「見ない」と決めるか、身体の正面でインパクトをするところを見るかのどちらかしかありません。

一般的には後者を選択すると思いますが、そのときはインパクトでグリップエンドが自分を指すところを確認すれば、顔が上がることはなくなるはずです。

アウトサイドインのゴルフスイングが右肩のかぶる原因

インパクトで右肩がかぶるときには、アウトサイドインのスイング軌道に原因があるかもしれません。

スイングを頭上から見たとき、右上2時の方向から左下8時へとヘッドが抜けていきます。

いわゆるカット打ちになっていると、右肩が前に出て左肩は引くフォームになっているでしょう。

この状態で右足のかかとが早めに離れると、極端に右肩がかぶることになります。

これを修正するにはゴルフスイングの軌道をインサイドインにするか、インサイドアウトにするしかありません。

理想とされるインサイドインのスイングは習得するまでに相当な期間が必要になるので、応急処置であればインサイドアウトに変更したほうが簡単かもしれません。

ゴルフクラブをインサイドに引いて、左手の甲でボールを打つようにすれば、ヘッドの軌道はインサイドアウトになるはずです。

インパクトからフォロースルーにかけて、左足の股関節に重心を乗せれば、右肩が前に出ることなくスイングが完結できるはずです。

右肩がかぶる原因が分からないときのゴルフスイングはこれ!

ゴルフスイングで右肩がかぶるのには、たくさんの原因があります。

多くの中から自分の原因を見つけて、修正していくことが必要です。

原因を見つけることができなければ、インサイドアウトのスイングにすれば、とりあえず右肩が前に出ることはなくなるはずです。