ゴルフ初心者必見!練習場でのふさわしい格好とは?

ゴルフと言えば、「マナーが厳しい」とか「ルールがたくさんあって堅苦しいスポーツ」というイメージがあるかもしれません。

コースを回る時はもちろん練習場に行く際にも、どんな服装や格好で行けば良いのか、ゴルフ初心者の方は特に迷ってしまうかもしれません。

そこで最低限覚えておきたい基本マナーを把握して、恥をかくことなく、ゴルフ上達を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャフトの硬さの選び方はヘッドスピード以外にも基準がある

シャフトの硬さは、ヘッドスピードを目安にする選び方が一般的です。ただ初心者は自分の本当に出し...

ドライバーの初心者の打ち方!基本を押さえてコースで活かす

ゴルフの楽しみの一つに、第一打目のドライバーで思いっきり飛ばすことがあります。そんなドライバ...

ドライバーでダフるなんてしたくない!ダフらない対策

ラウンド中、周りの人が見る中でドライバーショットをすることありますよね。誰でもナイスショット...

フェアウェイウッドがスライスする原因を知り苦手克服する

良くフェアウェイウッドが苦手だと言うゴルファーを見かけます。おそらく、そのクラブ自体が苦手だ...

アイアンが思うように打てないのはなぜなのか検証してみよう

アイアンとは、ドライバーやパターのように1種類ではなく、番手毎に求められる仕事が違いますよね。...

ゴルフの基本となる払い打ちのコツをつかめばスイングは簡単

ゴルフのスイングには3つの打ち方がありますが、その中で基本となるのが払い打ちと言われています。...

ドライバーで突然引っ掛けやテンプラが出たらどうする?

ドライバーでもっとも多いミスはスライスですが、「引っ掛けやテンプラも悩みの種だ」というゴルファー...

パターの選び方でゴルフの初心者におすすめなのはこの方法だ

パターはグリーン上で転がすだけの道具。しかし、実際パターは使いようによってはグリーン周りでも...

アプローチのザックリとトップをなくせば簡単スコアアップ!

グリーンの手前まで順調だったのに、アプローチでザックリ、次こそはと打ったら今度はトップでグリーン...

ゴルフで手首が左手甲に向けて折れるようなら矯正が必要!

ゴルフクラブを引き上げると、トップで手首が左手甲側に折れることがあります。これは一般的にオー...

ドライバーが苦手な原因は長さにある?ただ慣れてないだけ?

ドライバーが苦手というゴルファーの多くは、想定している球筋や飛距離になっていないことを理由にして...

スコアアップを目指す人のユーティリティの打ち方のコツ

ゴルフでスコアアップを目指すためには、セカンドショットでの安定的なショットが必要です。距離の...

アイアンショットはグリップの握り方と構える位置で修正する

アイアンショットが狙い通りにいかないときはスイングを見直したくなるものですが、その前にグリップの...

ゴルフスイングをゆっくり振ると飛ぶというのは都市伝説?

ゴルフクラブをゆっくり振ると、速く振っていたときよりもボールが飛ぶと言われることがあります。...

ドライバーが当たらない原因を一つずつ見直しレベルアップ!

ドライバーは、ラウンドで一番最初に握るクラブですよね。その第一打が気持ち良く振り切れ、飛距離...

スポンサーリンク

ゴルフ練習場なら格好は自由

ゴルフの本コースを回る時の格好や服装について、細かいルールがたくさんあり、マナー違反にならないように注意しながらコーディネートをする必要があります。

しかしながら、打ちっ放しなどのゴルフ練習場の場合は、ほとんどの場所で服装についての厳しいルールなどは特に設定されていません。

基本的には自由に好きな格好で練習することができます。

実際に、ゴルフの打ちっ放し練習場に来ている人の格好に注目してみると、仕事帰りと思われるスーツ姿、ラフな上下のジャージ、セーターにジーパン、短パンにTシャツなど、さまざまな方が練習しています。

従って自分のライフスタイルに合わせて、無理することなく、とにかく動きやすい格好で行くのが一番です。

ただし女性の場合は、ミニスカートやタンクトップなど、過度の露出をするのも避けましょう。

あくまでゴルフを練習をする場所なので、露出が激しすぎると他のお客様に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

おすすめのゴルフ練習場での格好

ゴルフ練習場での格好は自由にしてもらって何の問題もありませんが、やはりゴルフもスポーツですので、動きやすさはとても重要になってきますね。

そこで一番気をつけたいポイントとしては、汗をかいても不快感を感じない通気性の良いものを選ぶことです。

ゴルフ練習場では、上達してハイスコアを目指すため、何度も何度もスイングをすることになるでしょう。

夏場はもちろんのこと、冬場でも長時間練習をしているとたくさんの汗をかいていきます。

汗をかいて不快に感じるような服装だと、練習していてもモチベーションがどんどん下がってしまいます。

ですから、できる限り通気性の良いものを着用しましょう。

汗をたくさんかいていくので、汗拭き用のタオルの持参も忘れないようにしましょう。

タオルを首に掛けたまま練習をしている人もたまに見かけますが、それはやめましょう。

大きなタオルだとスイングした時に邪魔になる可能性もあるからです。

ゴルフ練習場にもNGな格好がある

基本的には自由な格好で行けるゴルフ練習場ですが、気をつけておきたいNG例もいくつかあります。

例えば、先ほども記載した首に掛けるタオルのように、長いマフラーやストール、コートなどの着用も控えましょう。

こちらも安全面から考えても、大きなスイングをした時にクラブに絡みついてしまう可能性があり、とても危険です。

こういった防寒具を身につけての練習はやめましょう。

あとは女性の場合だと、胸元が大きく開いたTシャツやキャミソール、タンクトップなども控えましょう。

構えた時に中身が見えてしまうことがあるからです。

そうなると、毎回毎回構える度に胸元に気をつけなければならなくなり、練習に集中できなくなるかもしれません。

また短い丈のワンピースやミニスカートなどもおすすめできません。

練習中スイングした時に、スカートの丈がずりあがってしまうことがあり、あまり格好良いものではありませんし、思いっきりクラブを振り切ることもできなくなります。

スカートの丈は膝下くらいまでにするか、もしくはスカートの下にスポーツパンツなどを履いて、スカート丈がずりあがっても気にならないような対策をとる事をおすすめします。

シューズで練習の質が変わる

次は、ゴルフ練習場に行く際の靴についてです。

ゴルフ練習場でも、なるべくはゴルフシューズを着用するように心がけましょう。

ゴルフ練習場では多くの場合、打席はゴム製のマットを使用しており、その上で1日に何十人何百人もの人が練習をします。

そうなると段々と磨耗していって、とても滑りやすい状態になります。

ですから、できることなら、一番滑りにくいゴルフシューズを履くことをおすすめします。

ゴルフシューズが用意できてなかった場合でも、最低でもスニーカーにしましょう。

サンダルやヒールで練習をしている人もごく稀に見かけますが、それはやめましょう。

格好悪いうえにしっかりと踏ん張ることもできず、スイングした時に滑る可能性が高くなり、とても危険です。

最近では、デッキシューズで打ちっぱなし練習をしている人も多く見かけるようになりました。

自宅からそのまま履いていくことができるうえ、デッキシューズというだけあり、滑りにくいの点も良いですね。

本コースではなく打ちっぱなし練習場だけであれば、デッキシューズは最近では結構おすすめのアイテムになっています。

ゴルフ練習場での必需品

出勤前や仕事帰りなど、思い立った時に行けるゴルフ打ちっぱなし練習場。

なるべくなら身軽な格好で行きたいですよね。

ゴルフ練習場で最低限必要なものは、「ゴルフクラブ」と「グローブ」だけです。

これさえあれば、どこのゴルフ練習場に行ったとしても、練習できます。

ほぼ全てのゴルフ練習場で、ゴルフクラブをレンタルすることができるからです。

グローブに関しても、どこでも販売されていますし、購入したとしてもそんない高い買い物にはなりません。

ですから、最低限お金さえあれば、ゴルフ練習場に行ってしっかり練習することができます。

とはいえ、やはりグローブをたくさん買ってしまってもそれはそれで勿体無いですよね。

グローブはコンパクトで荷物になることもないので、カバンの中に常に忍ばせておいても良いかもれません。

季節によって違うゴルフ練習場へ持っていきたい必要アイテム

季節によって、ゴルフ練習場に行く時の格好もだいぶ変化していきます。

服装を気をつけるのはもちろんですが、それ以外にも、練習場に行く際に持っているととても役立つアイテムがいくつかあります。

夏の場合だと、まず虫対策はしっかりしておきたいですね。

虫除けスプレーや虫除けシート、虫に刺された時の痒み止めの薬などを持っていると、安心できます。

真夏だと大量の汗をかく場合もあるので、タオルや汗拭きシートを用意しておくと良いでしょう。

夏は日差しが強いこともあるので、帽子やサンバイザーなども必要ですね。

あとは、必ず必要になってくるのは飲み物です。

自宅から持参しても、自動販売機で購入しても良いので、水分補給は忘れずにしっかりしましょう。

脱水症状で体調を崩してしまったら、せっかくやる気を出して練習に来たのも全て台無しになってしまうことになります。

練習に夢中になってしまうとどうしても水分補給を忘れがちになりますが、他の人にも迷惑をかけないという点からも、自身の体調管理は怠らないように気をつけてください。

また真冬の場合は、脱いだり着たりと体温調節が簡単にできるウインドブレーカーがおすすめです。

寒いからといって厚着しすぎると、動きづらくて上手くスイングができなくなります。

さらに練習しているとすぐに暑くなってくるので、素早く脱ぎ着できるものが良いでしょう。

その他には、ホッカイロなどのアイテムで温まるのも良いですね。

動きやすい格好でゴルフ練習をして、ハイスコアを目指そう

いかがでしたか?

ゴルフ練習場に行く時の格好についても、いろいろと注意するポイントはありましたね。

ゴルフを上達したいなら、どんな人でも最初は日々の練習がとても重要になってきます。

練習を繰り返す事で、確実にスコアは伸びてきます。

練習場での格好は気にする点は少ないと思うので、気軽に行って練習を重ねて、ハイスコアがとれるようにがんばってください。