アイアンの平均飛距離は女性ゴルファーだとどれくらい?

アイアンは、男女問わずよく使用するクラブで、最も正確性を求められるクラブといっても過言ではありません。

正確性を保ちつつ飛距離を伸ばす為の練習をする際には、一般的な平均飛距離を目安にした方が目標達成の近道ともいえます。

今回は、女性ゴルファーの7番アイアンのの平均飛距離と、レディースプロの7番アイアンの飛距離を併せて確認して、自分の平均飛距離を伸ばす方法を検証してみましょう。

最近始めたばかりのレディースゴルファーの皆さんも、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーの飛距離アップはステップアップ練習法で叶えよう

ドライバーを飛距離アップするためには、やはり練習をするしかありません。地味と思える練習を繰り...

ドライバーで飛ばしたい!スピン量が飛距離に与える影響

ゴルフをしていて、ひとつの楽しみはやはりドライバーで飛ばすことですよね。プロのように飛距離を...

ドライバーの乱れを直す基本スイングと習得すべき6つのコツ

ドライバーのティーショットが安定しないときは、スイングを一から見直してみてはいかがでしょう。...

ドライバーの劇的飛距離アップ法はコックのリリースの活用!

ドライバーショットの飛距離を確実に伸ばすためには、スイングスピードを速くする練習よりも、コックを...

ドライバーの飛距離はヘッドスピードに合わせるスイング法で

ドライバーの飛距離を伸ばしたいとき、最初にヘッドスピードを速くしようと考えるゴルファーが多いよう...

ドライバーの飛距離アップを狙う女性ゴルファーの打ち方

ドライバーが飛ばないと悩むゴルファーにとって、飛距離アップは悲願とも言えます。曲がらず飛ぶけ...

ドライバーの飛距離とヘッドスピードの速さを比較しよう

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、飛びの条件となるボール初速と打ち出し角とバックスピン量を比較...

ドライバーのコックを使うタイミングが分かれば上手くなる

ドライバーの飛距離と方向に影響を与えると言われるコックの使い方ですが、いまひとつ使い方が分からな...

ドライバーのヘッドスピードが遅いとやっぱり飛ばないの?

なかなかドライバー飛距離が伸びず悩んでいませんか。その理由をヘッドスピードが遅いからと考える...

ドライバーは短く持つことで飛距離が伸びるというのは本当?

ドライバーは短く持つと飛距離がダウンするというのが定説ですが、実際には短く持っても飛距離は落ちな...

アイアンでティーアップしたら飛距離はどうなる?伸びるの?

ティーアップと聞くとドライバーでするイメージがありませんか。しかしショートホールでは、ティー...

ドライバーが飛ばない女性は飛距離を出す打ち方をしていない

ドライバーが飛ばないと嘆く女性ゴルファーの多くは、性別や体力に原因があると考えているようです。...

ドライバーを構えたときにヘッドを浮かすのは正しいの?

ドライバーを構えるとき、ボールの後ろにヘッドをセットしますが、そのヘッドをソールする場合と浮かす...

飛ばないアイアンでもロフトを立てると飛距離はアップする!

他人と比べてアイアンの飛距離が物足りないと感じるようなら、ロフトを立てるスイングをしてみてはいか...

できるようになりたい!アイアンショットでの距離の打ち分け

アイアンショットで距離を打ち分けるためには、自分のスイングの傾向と距離を知る必要があります。...

スポンサーリンク

7番アイアンの女性ゴルファーの平均飛距離

最初に述べましたが、アイアンは飛距離よりも狙ったところに安定して落とす再現性を求められます。

中でも7番アイアンは長すぎず、短すぎず一番練習するには向いている中間クラブといえます。

また、一般的に番手毎に10ヤードの飛距離の差が生まれるのですが、7番アイアンの飛距離を目安にすることで、他のクラブの飛距離も上下してきます。

そこを念頭に、現在の女性ゴルファーの7番アイアンの平均飛距離を見ていきましょう。

平均的な飛距離は90ヤードで、飛ぶレディースゴルファーの飛距離で120ヤード。

レディースプロで150ヤードです。

反対にあまり飛ばないレディースで65ヤード程だとわれています。

因みにこの距離はキャリーのみでランは含まれていません。

しかしながら、初心者のうちからいきなり平均飛距離の90ヤードを飛ばすのは難しいので、一先ず65ヤードを目標に練習を開始してみましょう。

また、全てのゴルファーに通じることですが、正しい打ち方の練習を重ねた方が、飛距離のアップにも正確性アップにも直結しますので、そのポイントから見ていきましょう。

レディースアイアンの練習のポイント

女性ゴルファーのアイアンの飛距離のアップと正確性のアップの練習の秘訣とは、まず正しいスイングにあります。

それを習得することで、番手毎の飛距離の安定性も上がります。

飛距離アップのことだけに重点を置いてしまうと、正しいスイングからかけ離れてしまい、変な癖がついて戻すのに苦労をすることになりかねません。

アイアンの目的とは、1ヤードでも距離を出すことではなく、目標に向けて正確に距離を刻むクラブであるということを頭に置いてください。

したがって、アイアンの練習方法の最重要ポイントとは、正しいスイングを毎回同じ形で再現するように心がけていくことが大切です。

その際のボールの位置も大事なポイントとなります。

ボールの位置は、番手毎に変わります。

クラブの長さにより比例していくのですが、7番アイアンであれば中央か、やや左であることが理想的といえます。

そこから番手毎にボール半分ずつクラブが長ければ左へ、短くなれば右へ置きましょう。

正しいスイングを習得できたら、レディースのアイアンの飛距離を最短で伸ばす練習方法を取り入れていきます。

女性ゴルファーがアイアンの飛距離を伸ばす方法

レディースのアイアンの飛距離を伸ばす練習方法でまず取り組んでいただきたいのは、ティーアップをしてアイアンの基礎を学ぶことです。

通常アイアンショットの練習の際にはティーアップはしませんが、正しいスイング軌道を意識してミート率を上げるために、始めはハーフショットから徐々にスイング幅を広げていってください。

振り幅が狭い内はミート率は高く安定しているのですが、振り幅が広がるにつれてミート率とはどんどん下がります。

それでもフルスイングで確実にスイートスポットを捕えることが事ができるようになれば、ボールを地面に置いて練習をしてみましょう。

その際、ティーアップをした状態でできていたことが、地面に置くことによってできなくなっている可能性もありますが、その際は地面に置いた状態で再度振り幅を落として練習してみてください。

その際、思うような飛距離が出ないからといって、無理にヘッドスピードを上げないでください。

アイアンでヘッドスピードを上げようと力任せに振り抜いてしまうと、再現性が下がってしまうからです。

アイアンで大事なのは再現性、正確性なので、ヘッドスピードを上げる意識よりも、ミート率を上げることを意識していけば、徐々に飛距離は伸びてきます。

女性ゴルファーがアイアンの飛距離を伸ばす練習方法を理解できたら、次は現在飛距離が出ていない、考えられる原因を見ていきましょう。

アイアンの飛距離が出ない女性ゴルファーの原因

長くゴルフをしているのに、先に紹介したアイアンの平均飛距離よりも飛んでいないのは何が悪いのでしょうか。

そして何が足りないのでしょうか。

当てはまるものがないか確認してみましょう。

まずアイアンで飛距離が出ていない女性ゴルファーの多くが、すくい打ちをしてしまっているパターンです。

初心者のうちに当たらないことを恐れて癖がついてしまったのかもしれませんが、すくうように打ってしまうと、インパクトの瞬間にロフト角が増え、ボールが高く上がりすぎ飛距離は伸びません。

この打ち方だと番手毎の飛距離は変わらず、何を打ってもほぼ同じ距離しか飛ばないという結果になってしまいかねません。

スイングの形でいえば、手元よりもアイアンのヘッドの方が先に走ってしまっていることになるのですが、プロの打ち方を見てみると、インパクトの瞬間はアイアンのヘッドよりも手元の方が先行していることがわかります。

この打ち方の直し方は、意識してインパクトの瞬間に、シャフトが目標の方向に少し傾くように打ってみてください。

アイアンのヘッドよりも手元が先行するはずです。

次はさらにレディースのアイアンの飛距離が出ない考えられる原因を見ていきます。

体重移動が飛距離に大きく影響

次に考えられるレディースのアイアンの飛距離が出ない原因とは、体重移動ではないでしょうか。

女性ゴルファーは非力な印象ですが、体重移動さえできていれば飛距離は伸ばすことができるのです。

スイングから見る理想的な体重移動とは、バックスイングで体重を右足にかけ、ダウンスイングで左足へ体重を移動していく方法です。

そしてインパクトの瞬間にはボールに体重をかけて左足へ移します。

これができていないということは、まだまだ伸びしろがあるともいえます。

簡易的ではありますが、体重移動ができていない人に試してほしいのが、バックスイングの際に一旦左足のかかとを上げてみることです。

このスイングの形には賛否両論ありますが、現在体重移動ができていない人が意識的に直すには一番簡単に習得できる方法だと考えられます。

また、スイングの際に右足に体重が残ったままで打ってしまうケースもあります。

その場合の練習方法はバックスイングの際に完全に左足を上げてしまい、インパクトの瞬間に左足を地面に押し付けるように打つ練習をしてみてください。

イメージとしては野球のバットの打ち方のようです。

プロの飛ばし屋もこの方法で練習しているので、おすすめです。

最後にもう一点、レディースのアイアンの飛距離が出ない原因を見ていきましょう。

アイアンを適当に振り上げるのではなくトップを定める

これは初心者によくあるパターンなのですが、アイアンのバックスイングの際にどこへ向かって振り上げたら良いのか理解できていないまま、上へ振り上げてしまっていることがあります。

バックスイングはクラブを上に振り上げるのではなく、肩を回してクラブを持ち上げるイメージでトップを決めると良いです。

昔は女性ゴルファーの場合、バックスイングの際に左の肩に口紅が付くくらい肩を回せといわれていました。

対して現在分かりやすくいうと、自分の背中が目標に向くくらい肩を回すことによって、より深い回転を生み出すことができるといわれます。

この姿勢を作るには多少がに股にならないとできません。

女性にとって恥ずかしいという気持ちは、時として何かを習得する際の弊害になります。

ここはゴルフを上達するための大きな試練と思って乗り越えてください。

深くスイングする方法を習得できれば、その分飛距離は必ず伸びるからです。

次回からの練習の際に意識してみてください。

レディースのアイアンの上達への近道

ここまで見てきて、アイアンに最も必要なのは正確性と再現性という事が分かりました。

求められるのは、ドライバーのように距離を稼ぐことではなく、目標に正確に落とすことです。

そこを念頭に置いた上で飛距離を今以上に伸ばすのであれば、現在飛距離が出ていない原因を探り、それに沿った練習方法を試してみると良いですね。

正しいスイングを身に付けて、今よりもっと上達できることを願っています。