ドライバーは女性で飛ばないのは仕方ない!?でも飛ばすには

ゴルフで一番長い距離を出すドライバー。

やはり女性は男性のように飛ばないのでしょうか。

「飛ばないからレディースティーがある」

そう言われたらそれまでですが、女性でも飛ばしたいですよね。

気持ち良く前に進んでゴルフを楽しみたい。

そんな女性ゴルファーのために、少しでもドライバーで飛ばす方法を考えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パターが上手くなるレーザー光線を使った練習方法とは

思っているようにパター打てないときは、レーザーを照射できる練習器具を活用すると、効率良く上達でき...

ゴルフ全米オープン/世界最高峰の技が集結する場所とは?

1895年に第1回が開催されましたが、その時を知る者のない遠く古い歴史を誇る全米オープンは、世界...

アイアンとドライバーのスイングはまったく違うもの!

アイアンショットとドライバーのティーショットは、体の使い方は同じようでも、同じスイングではありま...

ユーティリティを選ぶとき他の角度や番手は参考にならない

使ってみると誰もが便利というユーティリティですが、14本に限定されているクラブセッティングでは、...

アイアンを手入れしておけばいつもピカピカな状態で使える

キャディバッグからアイアンを抜こうとしたとき、ヘッドの汚れが気になることありませんか。日ごろ...

雑誌やネットでゴルフ道具を評価してるけれど信憑性はある?

毎年のようにゴルフクラブなどの道具が評価されています。雑誌やネットではランキングなども発表さ...

ドライバーの弾道を理想に近づけるために必要なこと

ドライバーショットで放ったボールが、本当にこの弾道で良いのかを確かめたことありませんか。イメ...

シャフトの硬さを選ぶときRよりもSRが適正な理由とは?

シャフトの硬さを表すフレックは一般的にRを基準としていますが、クラブの進化によってヘッドスピード...

ドライバーの選び方は中級者ゴルファーのほうが簡単?

ドライバーの選び方は初心者と中級者とでは違います。初心者を卒業し、シングルクラスの上級者にな...

パターをシャフトカットする作業方法と成功の鍵を握る道具

パターが長すぎると感じたときは、シャフトカットするば違和感なく構えることができるようになるでしょ...

ゴルフの原点!相手と戦うマッチプレーは戦い方が大事!

ゴルフには、大きく分けて2つの戦い方があります。18ホールのトータルスコアで競う戦い方 ...

ドライバーのリシャフトの方法と作業に必要な工具とは?

ドライバーのリシャフトは専門の工房に依頼する方法が一般的ですが、自分で交換することもできます。...

ドライバーのティーの飛ぶ方向でスイングチェックができる?

ドライバーでティーショットをしたとき、ティーの飛ぶ方向でスイングの善し悪しを判断できると言われて...

シャフトのトルク?ヘッドスピードだけではないシャフト選び

各クラブのシャフトはどのように決めていますか?一般的には、ヘッドスピードを参考に決めている人...

適正なアイアン重量とは?ヘッドスピードを上げる方法

ゴルフでもっとも多用するのはアイアンカテゴリです。自分が使っているアイアンセットは適切な重量...

スポンサーリンク

女性ゴルファーのドライバーが飛ばない原因

女性ゴルファーのドライバーが飛ばないのは、やはり男性より力が弱いからというのが一つ挙げられます。

そのため男性より飛ばないのは仕方がないことですが、一所懸命練習していると「自分はもっと飛ばせるはずなのに」と思いませんか。

もしそう思えるのなら向上心があるということなので、対策をとれば今より飛ばせるようになる可能性大です。

それでは、なぜ思ったより飛ばないのでしょうか。

力が弱いために一番長いクラブのドライバーでは上手くスイングができないということでしょう。

アイアン、特に7番などでは気持ち良くスイングができませんか。

やはり、クラブが長いと女性は男性より思い切ったスイングをするのが難しくなります。

それから女性は男性より体が柔らかいので、バネのようにクラブを振ることができません。

そのためヘッドスピードも上がらず飛ばないのです。

しかし体が柔らかいということはスポーツをする上で有利に働きます。

つまり体の柔らかさを最大限利用したスイングで打つのが良さそうです。

また、スイングを見直すと自分に合うクラブも変わってくるかもしれません。

クラブだけでなくボールを変えてみる、ティーの位置も考えてみるなど改善の余地がたくさんありそうです。

飛ばない女性のドライバーのスイング改善

ドライバーでもっと飛ばしたい。

男性女性に限らずそう考える方は多いと思います。

それでは、女性ゴルファーが飛ばないスイングから飛ばすスイングにするには、どうしたら良いのでしょう。

それは、レッスンをしている専門の人に見てもらうことです。

飛ばす方法は一通り自分で調べ、練習場で球数もたくさん打っている。

自分の中で知識はたくさんあるし、練習もしているのになかなか飛ばない。

それで困って友人や知り合いの中上級ゴルファーに見てもらう。

そこでのアドバイスも「おっしゃる通り」ですが、人によって言うことが違って戸惑うことも多いでしょう。

やはりお金を払って専門の人に見てもらうのが話が早いかもしれません。

ただそこではボールをなかなか打たせてもらえないかもしれません。

それでもスイングを改善して飛ばせるようになると思えたら頑張れませんか。

専門の人はどれだけ多くのゴルファーを見ているか、ということです。

たとえワンポイントアドバイスでも参考になるでしょうから、お任せしてみると良いでしょう。

ドライバーのスイングを改善したら

女性ゴルファーが飛ばないドライバーのスイングから飛ばすスイングに改善できたら、早速ボールを打ちたくなりますよね。

そこで気をつけなければならないのが、ボールを打ちに行くとスイングがまた元通りになってしまう可能性があることです。

そのため改善したスイングは動画などに撮っておいて、ことあるごとに見返すと良いです。

素振りとボールを打ったときのスイングが一致すればバッチリです。

しかしなかなかそうもいかないもので、ボールが当たった瞬間崩れているのが自分で分かることもあります。

良く考えてみると、ナイスショットの時はフィニッシュの時間が長くて「決まった」という感じになりませんか。

改善されたスイングで振るのは前提ですが、もし途中崩れてしまってもフィニッシュの形だけは必ず取る、と決めるのです。

無理矢理にでもフィニッシュを決めてみてください。

そこに意識を持つことができれば、ボールを当てにいくという考えが薄くなり改善されたフォームに近づけそうです。

そうなると、改善後のスイングで打てるようになり、ボールはまっすぐ遠くへ飛ぶようになるでしょう。

飛ばないドライバーショットを飛ばすための女性用のクラブ

専門の人に教わって、飛ばないドライバ-が飛ぶようになってきた。

しかし、スイング改善したがために今まで使っていたドライバーが合わなくなり、より合ったものに変えた方が良い場合もあります。

そうなると買い換えを検討する場合も出てくるということです。

もしドライバーを今のスイングに合わせたものに変えたら、もっと飛ばせるようになります。

ただゴルフクラブは、靴や服のようにさっと試着して「これでいいわ」と選ぶものではありません。

じっくりと自分の打ち方に合ったドライバーを見つけたいものです。

より飛ばすドライバーというのは、簡単に言うとより長くてヘッドが重いものです。

男性より力が弱い女性はやはり女性用ドライバーを選ぶのが良さそうです。

女性用のドライバーはシャフトが柔らかいので、長くても振りやすいでしょう。

そしてボールをより上がりやすくしたいなら、ロフトを増やすと良いかもしれません。

「ロフトが大きいと吹き上がるのでは?」と思う方もいそうですが、女性には吹き上げるほどの力はないので、心配しなくてもボールは大きく遠くに飛ぶだけです。

以上のように道具にもこだわれば、ヘッドスピードも上がってより遠くに飛ばせるようになるでしょう。

女性ゴルファーがドライバーで飛ばすためのボールやティー選び

ここまでお話してきたように、飛ばないスイングを改善してドライバーも変えてみた。

そこでもっと飛ばすには、ボールを変えてみるという方法もあります。

簡単に言うと「飛ぶボール」でしょう。

また、ボールによって打感は硬いものから柔らかいものまであるので、女性に合ったボールを探してみるのも良いかもしれません。

それから、ドライバーで打つときのボールを置く「ティー」の長さです。

この長さによって第一打が簡単に変わってきたりもします。

飛ばすにはなんとなくティーを高くしたくなりますが、そこはあまり高くし過ぎない方が良いかもしれません。

打ちやすそうですが、無意識に腰が立ってしまってスイングが崩れてしまう可能性もありそうです。

それでもドライバーが飛ばない女性ゴルファーは

飛ばないスイングを専門の人に見てもらいアドバイスをもらい、自分にあった女性用ドライバーを購入してボールも変えてみたのに、コースでやはり遠くに飛ばない。

そういう場合もあるかもしれません。

なぜならコースに出ると、練習と全く状況が変わってくるからです。

ついさっきアプローチしてパターで入れたところで、「はい。またドライバー」となっても、すぐ切り替えるのは簡単ではないものです。

そのため練習場でうまくいったにもかかわらず、コースで同じようには飛ばせないかもしれません。

それでも練習でもう上手に打てるようになっているので、そこは気にせずに「他のクラブの助けを借りる」という考え方にしてみたらどうでしょうか。

つまり得意な7番やウェッジ、パターの助けを借りてトータルでスコアを出せば良いのです。

そんな風に考えられたら、力も抜けていつものスイングで飛ばせるようになるはずです。

ドライバーで気持ち良く女性ゴルファーが飛ばすには

今回女性が飛ばないドライバーを飛ばす方法について考えてみました。

単純ですが、スイングは専門の人に一度見てもらって、自分に合ったドライバーとボールを使うということです。

そしてコースでの攻め方を今一度考えてみることです。

ドライバーが飛ばないことで悩むということは、それだけより良いプレーをしたい思いが強いということ。

強い思いで集中できたら、あとからスコアはきっとついてくるでしょうし、飛ばなかったドライバーもいつの間にか飛ぶようになります。