パターをアドレスで浮かせる構えとソールを地面につける構え

パッティングの目的は、ボールをカップインさせること。

パターを構えたときソールする理由と、パターをアドレスで浮かせる構えの違い。

どちらの構えが、ボールを綺麗に転がすことができるのでしょうか。

パターを構えたときにヘッドを地面につけるか、浮かすかは人によって違います。

今回はパターのヘッドをソールしたときと、浮かせる構えをしたときの違いを解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンのアドレスでシャットフェースが流行るかも!

アイアンショットがスライスするようなら、アドレスのときにフックグリップで構えるか、フックフェース...

飛ばせるドライバーのロフト角は12度以上あったほうが良い訳

飛ぶ人の多くはフェース面の立っているドライバーを使っているという神話があります。確かに過去に...

上級者用アイアンで打感が柔らかいタイプが減少している理由

アイアンを評価するときに、「打感が柔らかい」と使うことがあります。ソフトなインパクトだけでは...

パターの打ち方を見直すときに基本部分だけは外してはダメ!

パターの調子が悪いと感じたら、打ち方を再チェックしてみると良いかもしれません。基本となる部分...

ゴルフ初心者がラウンドで悩むアイアンの番手の選び方を解説

ドライバーショットにもだいぶ慣れてきた初心者ゴルファーが、次に悩むのはアイアンの番手の選び方。...

ゴルフ場が混雑しているはずのお盆期間を格安で利用できる!

ゴルフ場の稼ぎ時と思われるお盆期間ですが、実は集客するためにあの手この手を使って苦労しています。...

シャフトの選び方を間違えるな!アイアン上達への近道!

アイアンの上達への近道は、自分に合ったクラブに早く出会うことです。それはどのスポーツにも言え...

ジュニアのゴルフ用グローブの正しい選び方と必要性を考える

ジュニアゴルファーは「格好から入る」のが常道です。ジュニアの競技人口はそれほど多くないため、...

ドライバーのロフト角の決め方とヘッドスピードの関係

ドライバーの買い替えを考えると気になるのが、ロフト角です。シャフトと同じく、ロフト角を選ぶ際...

ゴルフ会員権の減損損失を利用した節税のための税務処理

ゴルフ会員権を保有することは、ゴルフプレイヤーにとってはひとつの夢でしょう。一方で、バブル時...

購入時パターに装着されたグリップは選び方の基準にならない

パターを選ぶとき、グリップを選び方の基準においていませんか?最近大人気のため、店頭では太いウ...

シャフト重量の選び方!バランスはD0~D2が良いのか?

シャフトを選ぶ際、フレックスばかり気にしていませんか。フレックスはもちろん重要ですが、実は重...

ゴルフコンペの幹事が決めないスタートの順番決めの方法

ゴルフコンペの幹事役が回ってくると、スタートの順番を決める重大な仕事があります。出欠確認の空...

ドライバーの練習は少しの工夫で自宅でも確実にできる!

ドライバーの練習を毎日したくても、練習場通いは経済的にも時間的にも厳しいものがありますよね。...

よくあるラウンド後の浴槽にまつわる失敗を犯さないために

1日がかりのラウンドが終わって、浴槽に身を沈めると溶け出るように疲れが消えていくものです。た...

スポンサーリンク

パターを構えるときアドレスでヘッドを浮かせる

パターを構えるときに浮せるか、それともソールをする(地面につける)かに分けられます。

多くのゴルファーはパターのヘッドをソールしているほうが多いように見受けます。

何故かというと、ドライバーにしてもアイアンにしても、アドレスに入るときソールを浮かしたまま構えることはないからでしょう。

ドライバーにしても、アイアンにしてもヘッドを浮かしたまま構えてしまうと、ヘッドが安定しません。

一度ソールしてフェースをターゲット(スパット)に合わせる作業を必ず挟むはずです。

パターも同じ理由ですが構えたときヘッドを浮かさず、ソールを地面につける人が多いです。

しかしパターに限っては構えたとき、ヘッドを浮かせるゴルファーがいます。

その理由にグリップの前面がフラットになっているため、手の感覚だけでフェースをスクエアにする作業が省けることにあります。

パターのヘッドをソールさせる際気をつけなければならないのは、肩、それと手に力が入ってしまうことです。

パターヘッドをアドレスで浮かせることにより力みをとることができます。

パッティングをする際にグリーン上で引っかけが多いゴルファーは、一度試してみてください。

アドレスしたときにパターを浮かせる箇所

パターをアドレスしたときにパターのヘッドを浮かせる箇所は、次の3通りの方法があります。

・パターヘッドの全体を浮かせる。
・パターヘッドのヒール側だけを浮かせる。
・トウ側だけを浮かせる

ほとんどのゴルファーがパターをアドレスで浮かせる箇所と聞いて思うのが、ヘッド全体を浮かせる方法です。

このパターをアドレスで全体を浮かせる方法は、ライ角が変化しないので従来の打っていた感覚と同じ感覚でパットすることが可能です。

欠点としては、ヘッドが地面と接触していないので、ヘッドを安定させることが難しいことです。

次にパターのヒール側だけを浮かせる方法です。

クラブのヒール側を浮かせて構えて打つ方法の利点は、クラブのシャフトが立つことにより体との距離が近くなりストレート軌道で打つのに向いています。

最後にトウ側を浮かせる方法です。

トウ側を浮かせる方法は、昔のゴルフ中継を見ている方はお気づきでしょうが、男子の青木功プロがこの方法で打っていたことがあります。

このトウ側を浮かせる方法は、手首を使うことにより打つのでラインは出しやすいですが、インパクトを調節するのが難しい打ち方です。

アドレスでパター浮かせるときの注意点

パターをアドレスで浮かせる注意点として、まずソールしてフェースの向きを合わせてから浮かせるようにしなければならないこと。

このルーティンは、パター全体を浮かせる方法、ヒール側だけを浮かせる方法、さらにトウ側だけでも変わりありません。

パターをアドレスで浮かせる方法で注意すべきなのは、どの高さでボールに合わせるかですが、この構えたときの高さは硬貨1枚分の高さから10mm前後と言われています。

それからパターのグリップの握り方ですが、ヘッドを浮かせるので、その分グリップを短く持たなければなりません。

パターのグリップの長さを変えないと、ヘッドを浮かせた分は僅かですが肘を多く曲げた状態で構える、もしくは膝を伸ばしたり、前傾を浅くすることになってしまいます。

その結果、パッティングをしたときに目標に対し真っすぐにパターのヘッドを出すことができなくなります。

そうならないためにも、インパクトでのパターの高さを合わせながら練習を繰り返すことになります。

この項目の最初に書いたように、とかくルーティンを忘れて、パターをアドレスで浮かせることに注意を取られてしまい、基本であるフェースの向きを合わすことが抜けてしまうことが良くありますので注意してください。

アドレスでパターを構えたとき高さに注意する

パターをアドレスで浮かせる高さに決まりはありませんが、浮かせすぎないことに注意をはらう必要があります。

なぜならヘッドを浮かせすぎるとパターのヘッド下側でボールをインパクトすることになるからです。

つまりこのとき点でパターの芯を外してしまっているので、ボールに綺麗な回転をかけることができなくなります。

またボールに無駄なバックスピンがかかってしまうので、さらにボールが転がらない回転になってしまいます。

つまり逆に言えばパターをアドレスで浮かすことにより、プレイヤーの思うように回転をかけられるということ。

パターの下側でインパクトすると、ボールにバックスピンがかかり、下りのラインで転がらないボールを打つことが可能です。

対してヘッドの上側で打てれば、ボールが転がりやすい順回転で打つことができ、上りのラインでも転がるボールを打つことが可能になるのです。

このようにパターをアドレスで浮かせることによりボールに回転をかけやすくできますが、転がりを正確にコントロールすることができなくなり、パッティングの再現性がなくなってしまうことには要注意です。

パッティングでのボールの綺麗な回転

パターをアドレスで浮かせる利点、欠点等を書いてきましたが、ゴルファーの一番の悩みはパッティングです。

グリーンに乗せるまでにパーオン、或いはバーディーチャンスに寄せたとしても、最後のパッティングがカップインするかは、ボールが綺麗な回転をしていないと外してしまう確率が高まります。

まずは、パターをアドレスで浮かせることによって腕の力が抜け、スムーズにパターのヘッドが動くことを素振りでまず確認してください。

これを練習グリーンで行い、ボールが綺麗な回転になっているのかをまず確認します。

ボールが綺麗な回転をしているか確かめるには、ボールの中央にマジックで線を引き、その線を目標に対し平行に置き、転がせばボールが綺麗に回転しているか確認することができます。

ボールが綺麗に回転していることを確認しませんと、フィーリングがいくら良くてもカップインにはつながりません。

パッティングのときのヘッドのふらつきを抑える方法

パターをアドレスで浮かせて打つので、当然打つ構えをしてからパッティングの動作に入るとヘッドがふらつきます。

パターをアドレスで浮かせるので、支点がなくなって安定しづらいのは事実です。

しかしヘッド浮かせても、プロゴルファーの松山英樹選手のように2回から3回ボールの後ろを叩いてリズムをつけることで、ヘッドのふらつきを抑えてパットする選手もいます。

リズムをつけたのち構えると、ヘッドのふらつきは抑えられ、ソールを地面につけた状態と同じようにパッティングすることが可能です。

この地面を叩いてヘッドのふらつきを抑える方法ですが、両手で行わないで、利き腕でパターを持ち方向を合わせてから、もう片方の手を添える方法が良さそうです。

パターヘッドをアドレスで浮かせる効果

パターヘッドをアドレスで浮かせることをここまで説明しました。

安定したパッティングのストロークを得るうえで肩の力と手の力を抜くには、パターヘッドをアドレスで浮かせてから打つことが効果的です。

加えてパッティングをした際に起こるパターヘッドのダフリを防止することに繋がります。

ただしアドレスでパターを浮かして打つのときに注意すべきなのは、まずパターのヘッドを目標に合わせたのちに、ヘッドの高さを合わせることが重要です。

パッティングの構えや打ち方は、本人の感覚によるところが大きいと言われていますが、ここ数年はパッティングを行うのにも再現性があることが重要視されています。

同じラインから打ったら、いつも同じようにカップインできる方法を取り入れるのが良いのです。

パターをアドレスで浮かせる方法もその一つです。