ドライバーのリシャフトの方法と作業に必要な工具とは?

ドライバーのリシャフトは専門の工房に依頼する方法が一般的ですが、自分で交換することもできます。

ただし自作だと初期投資に結構なお金が掛かるため、工賃を浮かせることが目的であれば効果は薄いかもしれません。

それでも長い目を見て交換回数を積み重ねていけば、その初期投資分もバックできるようにはなるでしょう。

そこで今回は、一度はやってみたいドライバーのリシャフトに必要な工具と作業の方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ用のキャップが似合わないのは顔の形や大きさが原因?

ゴルフ用のキャップをかぶると、なぜか違和感があって似合わないような気がすることがありませんか。...

ドライバーの長さだけでは飛距離アップは期待できない!

ドライバーは長さによって飛距離が変わると言われています。長いほどヘッドスピードが増しますが、...

ウェッジセッティング2本で決まるスコアアップへの近道!

ドライバーは試打をしてから選ぶゴルファーが多いですが、ウェッジはアイアンセットのままや、ネットで...

ゴルフの打ちっぱなしを自宅に作るときの注意点とは?

練習することがゴルフ上達の近道です。しかし毎日のように打ちっぱなしに通うのは、時間的にも...

アイアンのグリップ交換にスコアアップにつながる効果を期待

プレー終了後にアイアンのヘッドは拭くけれど、グリップは汚れたままでバックインしていませんか。...

高級そうなゴルフ場への車に軽自動車を使っても大丈夫?

ゴルフ場への車に気を遣うのは面倒なことですが、それでも「軽自動車でも大丈夫?」と心配することがあ...

ドライバーは長さで最適なものを選ぶことができるのか?

ドライバーの長さで最適なものを選ぶとしたら、何を基準にすると良いのでしょうか。飛距離や方向性...

アプローチがすべての基本!ゴルフのスコアアップへの近道

ゴルフのスコアを少しでも良くしたいと思うとき、皆さんはどのように考えて練習をしていますか?平...

パターの長さを気にするよりプロの打ち方を覚えよう

パターの長さが気になることありませんか?長さがしっくり来なくなってフォームに違和感が...

安定したアプローチのための階段の状況別の高さの克服方法

安定したスコアの実現のためには、ゴルフでのアプローチは非常に重要なショットになります。な...

アプローチイップスの原因と克服法を独自の視点で解説

アプローチイップスとは、打つ前から悪い結果が頭に浮かび、思うように体が動かなくなることを指します...

多くのシャフト種類から自分のアイアンに合うものを選ぶ

シャフト選びではスチールとカーボンの材質による種類の違いや、フレックスやバランスなど性能による違...

簡単にできるドライバーのバックスピンの減らし方

ドライバーのバックスピンの減らし方が分かれば飛距離アップが期待できます。飛距離を伸ばすために...

ジュニア用のゴルフレッスンができる本当のプロの見極め方

ジュニアのうちに、しかるべきプロからゴルフのレッスンを受けると、確実に上達しているようで、現在の...

梅雨と猛暑を繰り返す7月のゴルフ場で対応できる服装とは?

夏のイメージが強い7月ですが、一方でジメジメした梅雨の時季でもあります。ゴルフ場での服装は真...

スポンサーリンク

ドライバーのリシャフト前に合っているかを確かめる方法

ドライバー自体は気に入っているのに、ヘッドスピードが速くなったことでシャフトの硬さが合わなくなったときは、リシャフトで自分のスイングに合わせ使い続ける方法があります。

仮にヘッドスピードがコンスタントに43m/sを超えるようになったことから、RシャフトをSシャフトに交換したいと思ったとします。

この場合は希望するフレックスが決まっているので、同じ種類のシャフトを選んでRからSに硬さを変えれば良いだけです。

しかしながらヘッドスピードが速くなったことで、ヘッドの効きが気になる場合には、キックポイントも考え直すべきポイントになってきます。

その場合には、仮にRシャフトでD0だったものを、SシャフトでD2にするといった変更が必要になるでしょう。

そこで問題なのは、その変更が正しいのかを知ることができないことです。

リシャフトして使ってみて合わなければ、さらにリシャフトするか、もしくは鉛を使ってバランス調整をするしか方法はありません。

ゴルフ量販店に行くと、同タイプでフレックスやバランスの違うものが並んでいますので、まずは手にとって感触を確かめることが大切です。

専門工房に依頼するのがドライバーをリシャフトする確実な方法

基本的には、ドライバーのリシャフトを始めてしまうと元に戻すことはできません。

正確にはヘッドからシャフトを抜いて、他のシャフトを挿して使用してみて、また抜いて古いシャフトをつけることはできますが、リシャフトする理由があったから古いシャフトを抜いたのに、それを元に戻すことが正しいはずがありません。

仮に戻したとしても、常に違和感の中で使い続けることになり、プラス要素はないわけです。

つまりシャフトを抜いた瞬間に、元に戻す意味はなくなったということになります。

できるのであれば、リシャフト後と同じ仕様のドライバーを手にしてみること、チャンスがあれば試打をしてみることが大切です。

リシャフトした結果を知っておくことが、シャフト交換の失敗しない方法だからです。

新しいシャフトが装着されたときの状態に納得ができたら、専門の工房にリシャフトの依頼をします。

専門の工房であればバランス調整も一緒にしてくれますので、仕上がりはほぼ満足のいくものにしてくれるでしょう。

リシャフトのことを知っても失敗することはある

ドライバーのリシャフトを安価に済ませたいと、自分で交換作業を行う場合があります。

リシャフトにはシャフトの抜き挿しと、グリップの装着の作業が必要です。

当然依頼すれば工賃が掛かることになるため、自分で行えばその数千円の出費を抑えることができます。

またネットショップでは低価格でシャフトを入手できる場合もあるので、手間賃と本体価格差を合わせるとかなりお得になることもあります。

一方で、作業にはいくつかの工具が必要であり、自宅にないものは購入しなければなりません。

また接続部分を固定する接着剤などは少量で済みますが、購入単位が多いものもあるので、1回限りのシャフト交換であれば、出費額のほうが多くなる可能性は高いでしょう。

さらに仕上がり具合の問題もあります。

作業方法は簡単ですが、何事も初心者に失敗はつき物です。

リシャフトの場合、失敗すると再交換しなければなりません。

最悪の場合は、もう1度同じ経費がかかるかもしれないことを覚悟しておく必要があります。

ドライバーをセルフリシャフトする方法と注意点

自分で行うドライバーのリシャフトの方法は、シャフトの抜き挿しとグリップ装着の2工程に分かれます。

まずシャフトの接続部分を「ヒートガン」で熱して接着力を弱くし抜き取ります。

その後、ヘッドの接続内部をクリーニングしてから、新しいシャフトを接着して、固定したら必要な長さにカットしグリップを装着して完了です。

作業としては簡単なのですが、最初の問題はヒートガンを持っていないことです。

簡単に言うと炎が出ないバーナーのようなもので、施工工事用のドライヤーを想像すると良いかもしれません。

価格はピンキリですが、安価なものであれば5,000円以下で探すことができるかもしれません。

またシャフトを抜くときは、ヘッドを固定してシャフトをねじることになりますが、ヒートガンの熱でシャフトのカーボン繊維がバラバラになることがあります。

また熱し方が足りずに、シャフトの先端が折れてしまうこともあります。

どちらにしても、再利用できなくなる前提があることを理解しておきましょう。

リシャフトに際し「抜き挿し」に必要な工具

ドライバーのリシャフトを自作する方法を覚えるとともに、先ほどのリスクについて理解することが大切です。

ここからは、先ほど簡略に説明したリシャフト作業工程をまとめます。

シャフトを抜くために必要なのは、「ヒートガン」と「万力」です。

シャフトを万力で挟み、ヒートガンで接続部分を熱してヘッドを回すと外れます。

1度の加熱で外すのではなく、何度か加熱と捻るを繰り返して、無理なく外すようにしてください。

ヘッドはかなり熱くなることがありますから、濡らした雑巾を被せておくと良いでしょう。

また最初は最低1分は熱しないと、ほとんど抜けることはありません。

運悪くシャフトが折れてしまい、内部にシャフトの先端が残った場合には、「ドリル」の刃を低速回転させて丁寧に取り除きます。

奥まで突っ込んでしまうと、接着剤のヘッド内部流れ込み防止用の蓋まで削ってしまいますので気をつけてください。

ホーゼルの内部に残った接着剤を耳かきのようなもので取り除き、灯油やガソリンなど接着剤の「溶剤」となるものをティッシュに染み込ませ完全に拭き取ります。

新しいシャフトの先端の塗装をカッターの刃でないほうを使って削り落とした後、「ソケット」を差してから、先端とホーゼルの中に2液タイプの「接着剤」を万遍なくつけて装着します。

ソケットとホーゼルに隙間がないところまで入ったら、シャフトの装着は完了です。

このとき一気に押し込むと空気と共に接着剤が溢れてきます。

それでは接着強度が落ちてしまいますから、空気を押し出すようにゆっくり押し込んでください。

接着剤は物によっては2時間程度で硬化すると表記されているかもしれませんが、半日は放置してシャフトをひねってもびくともしないほど完全に固着したのを確認してから、グリップの装着にかかります。

ドライバーをリシャフトする方法を知っているとプラスになる

リシャフトの仕上げはドライバーにグリップを装着することです。

グリップの装着の手順は、シャフトに両面テープを巻いて、その上に溶剤をかけて表面が滑るようにしてからグリップを装着し、あとは乾燥させれば完了です。

まず新しいグリップがどこまで入るのかを確認し、そこから両面テープを貼っていきます。

貼り方は螺旋巻きと縦貼りの2つの方法がありますが、初めてのときはシャフトの上部を縦に貼り、そのまま切らずに折り返して裏側も貼る方法が良いでしょう。

テープの上紙を取り除きます。

そうしたら、グリップエンドの空気穴を液漏れしないように塞いだら、溶剤を多めに入れ、さらにテープにも万遍なくかけたら、間髪入れずグリップを装着してください。

グリップには天地があるため、装着したらすぐにヘッドを敷居に当てて、シャフトを真っ直ぐにした状態でグリップを回してフェース面とグリップの天地を微調整します。

あとは2日間ほど放置すれば、乾燥して固着しているはずです。

リシャフの作業自体は簡単ですが、ヘッドとの接続が完全でなければ使用中にヘッドが抜ける恐れがありますし、グリップの微調整が不完全だとアドレスでフェースをスクエアにセットできないこともあります。

そうした装着後のリスクを考えると専門工房への依頼は安心できますが、これからの長いゴルフライフを考えるとセルフメンテナンスができることはプラスになるでしょう。

自分でやるならリシャフトのリスクを理解することが大切

ドライバーのリシャフトは専門工房に依頼するのが一般的ですが、自作するときはそれなりの工具が必要です。

経費を浮かせる利点だけではなく、作業方法や注意点を知った上で、失敗のリスクを理解してから始めることが大切です。