アイアンショットはスタンス幅とボールの位置が大切

アイアンは他のクラブに比べて使用頻度が多いことから、練習の割合も多いのではないでしょうか。

練習を多くするがゆえに疎かになりがちなのが、ボールの位置やスタンス幅です。

安定しない人は、改めて基本的なところから見直しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンが飛ばない理由を深く掘り下げベストの対策を考案

「アイアンの番手が変わっても飛距離が変わらない」「うまく打ててもボールが高すぎ、飛ばない...

アイアンを構えるときの正しいグリップの位置はどこ?

アイアンを構えるときのグリップの位置は中央が良いのか、少しだけ左側が良いのか、もしくは少しだけ右...

アイアンの打ち方がわからなくなったときの自己分析法

一度はアイアンの打ち方がわからなくなったと悩んだことはあるでしょうか。一生懸命に練習をする人...

ドライバーショットでティーを下げて低い弾道にする方法

横風などを避けるためにドライバーのティーアップを下げて、低い弾道を狙うことあるでしょう。上手...

アイアンでフックが出るときの原因と修正方法を探してみよう

アイアンでフックが出始めると、なかなか修正できなくなることがありますよね。そしてフック系の球...

ゴルフの構えに違和感があれば手の位置をチェック!

ゴルフクラブを構えたとき、正しいアドレスの姿勢で作られた手の位置とグリップの位置は合っているでし...

グリップの正しい握り方は左手を決めて右手は下から合わせる

グリップは両手で握るものですが、スイング中は左手の役割と右手の役割がそれぞれ違います。基本的...

ゴルフスイングでシャフトを立てるコツは下半身リードで行う

ゴルフスイングは、ボールの下からヘッドを入れると曲がりやすくなります。これはヘッドが下から入...

これでスコアアップ!アプローチとパターの実践的な練習方法

ゴルフはショートゲームが重要という言葉はよく耳にすると思います。その言葉を胸にアプローチやパ...

アイアンの構え方はハンドファーストでないといけないのか

皆さんはアイアンの構え方はどのようにしていますか。人によって構え方は異なりますが、一般的には...

ドライバーのスライス防止に手首を固定したらマイナス効果?

ドライバーがスライスするとしたら、それはオーバースイングに原因があるかもしれません。そのオー...

初心者必見!アイアンスイングのトップ位置とフェースの向き

ゴルフを始めたら、まず練習するのがアイアンでのショットですね。始めたときこそ、理想とされるト...

インパクトでドライバーを右手で押し込むことの意味を探る

ドライバースイングの中で、「右手で押し込む」というインパクトの仕方があります。以前は右手を使...

ドライバーのスイングに右手の返しを入れたらダウンブロー!

ドライバーのティーショットがスライスするようなら、インパクトの直前に右手の返しの動作を入れてみる...

アプローチはアドレスが肝心!体は正面、開く、どっち?

ゴルフのスコアメイクにおいて、アプローチは極めて大きな要素です。ドライバーで飛距離を稼いでも...

スポンサーリンク

各クラブにおけるスタンス幅とボールの位置

まず、スタンス幅とボールの位置にはどのような考え方があるのでしょうか。

スタンス幅は、ドライバーが最も大きく肩幅よりやや広めに取り、アイアンやウェッジなどクラブが短くなるに連れて狭くなります。

全て同じスタンス幅で打つことはなく、多少の幅に違いはありますが、一般的にはこの考え方が主流です。

そしてボールの位置については、考え方が大きくふたつあります。

ひとつは、全て左足踵の延長線上に置くというものです。

そこに合わせてスタンス幅を変えることによって、最下点の位置からのボールの距離が変わります。

基本的には体の中心から、全て左側にボールがあることになります。

ふたつ目は、ボールの位置を変えるというものです。

体の中心をスタートとし、ドライバーでは左足踵の延長線上になります。

ボールの位置、スタンス幅ともに変わるので難しく感じるかもしれません。

しかし、今は多くのゴルファーがこちらをベースに考えています。

スタンス幅、ボールの位置どちらも人によって差がありますが、基本的な考え方は変わりません。

ボールの位置を変えるほうが現代のゴルフ理論とは合いますので、ボールの位置を変えることを前提に考えたほうが上手くいくかもしれません。

アイアンが安定しない理由はボールの位置

アイアンショットが安定しないゴルファーはボールの位置を見直す必要があるかもしれません。

正しくアドレスを取り、スタンスがバッチリでも、ボールの位置が間違っていたらミスショットの確率が高まるからです。

アイアンはダウンブローでインパクトできることが理想です。

ダウンブローと言っても、極端に上から叩くわけではなく、レベルブロースイングの最下点の少し手前でインパクトを迎えるだけです。

言い方を変えれば、最下点の少し前にボールがあれば良いということになります。

最下点の基準はショートアイアンで体の真ん中と考えてください。

そこより右側に最下点が来る人はスイングの見直しが必要です。

問題はボールの位置と各クラブの最下点のバランスが正しいかです。

正しくないとトップ、ダフリが起きます。

またクラブヘッドがスクエアに戻る前後でインパクトするため、スライスやフックも出る可能性があります。

毎回同じ位置であれば、慣れてアジャストできるようになりますが、バラバラだとスイングが毎回変わり、安定しない原因になります。

ボールの位置を変えればアイアンで打ち分けができる

スイングの軌道とボールの位置の関係が分かってくれば、アイアンで打ち分けもできるようになります。

もちろん、いきなりラウンド中にできるわけではありませんが、普段の練習に取り入れてみてください。

クラブヘッドの動きを平面的に見ると必ず弧を描いています。

弧のセンターが普段のストレートを打つ基準としたとき、ボールをずらすことでどのような違いが出るでしょうか。

右にボールをずらすとインサイドから、左にずらすとアウトサイドからインパクトすることがイメージできます。

そこでドローボールを打ちたいときはボールを半個分程度右に置きます。

そしてスタンス幅は変えず、打ち出し方向(右方向)にアドレスを取ります。

あとはフェースをターゲットに向け、インサイドから右方向に打ち出すだけです。

そしてフェースをしっかり返すようにしましょう。

フェードボールの場合は、ドローボールの逆になります。

ボールの位置は左、オープンスタンスで左に打ち出します。

このとき、フェースは無理に返さないでください。

練習では曲がれば曲がるほど成功体験になるため、できるだけ極端にやることでイメージをつけてください。

スタンス幅の違いによるメリットデメリット

なんとなく、スタンス幅を決めているゴルファーは多いのではないでしょうか。

ドライバーでは、ボールの位置を左足踵の延長線上と言いますが、スタンス幅が一定にならないと意味がありません。

一定にすることも大切ですが、どのようなスタンス幅が大切なのか根本的なところを考える必要があります。

ドライバーでは広く、アイアンでは肩幅、アプローチでは狭くするのが基本的な考えです。

そこで、なぜそのようにするのか理由を考えたことはありますか。

●広いスタンスのメリット

・左右への体重移動がしやすくインパクトゾーンが長くなりやすい
・大きな遠心力がかかっても踏ん張りが効く

●狭いスタンスのメリット

・体の回転がしやすくなる
・重心移動が制限でき、インパクトを揃えやすい

それぞれのメリットについて話をしましたが、デメリットはその逆だと考えてください。

広いスタンスと狭いスタンスは、メリットとデメリットともトレードオフの関係にあります。

スタンス幅を決める上で大切なことは、軸がぶれずクラブにとって必要な捻転が行いやすいことです。

ドライバーは他のクラブに比べて広くなりますが、しっかりと軸が保てて遠心力に負けなければ肩幅程度でも良いです。

アイアンも肩幅より広いほうがインパクトゾーンが長くて安心というのであれば、多少広くても問題はありません。

自分に合うスタンス幅を見つけてください。

ラウンド中に意識するボールの位置とスタンス

ラウンド中に上手くいかなくなるとスイングを気にし始めてしまうものです。

しかしライの状況や傾斜によって打ち方は異なるため、調整は難しくなります。

特にヘッドが重いアイアンで調整を行おうとすると、ヘッドが落ちてダフってしまいます。

そこでラウンド中に上手くいかなくなったらどのように対処すれば良いか考えてみましょう。

まず、ボールの位置です。

ダフってしまう、トップしてしまう場合は、スイングはそのままボールの置く位置を変えることで対処しましょう。

先にも説明しましたが、最下点の前にボールがあればダフらずにインパクトができます。

素振りをして、ブラッシングした位置を最下点として、ボールの位置を決めましょう。

また左足上がりは少し左側、左足下がりでは少し右側に置くと上手くいきます。

スタンスは、『軸がぶれない』形だけを探しましょう。

気持ち普段よりも広めのスタンスでも良いかもしれません。

上手くいっていないときは、無意識に体の動きが大きくなり軸がずれてしまっていることが多いです。

意図的に動かしにくいスタンス幅にして軸を安定させることで、ボールへのミート率が上げていきましょう。

ロングアイアンを打てるようになる秘訣

最近は、ユーティリティが発展してきてロングアイアンを使う機会が減ってきた、必要性を感じないゴルファーも増えているようです。

しかし、やはりロングアイアンをコースで使えるようになるとクラブセッティングの幅も広がりますし、何よりかっこ良いと感じられます。

ロングアイアンが上手くいかない、飛距離が出ない原因は何にあるのでしょうか。

ロフト角やシャフトの長さに原因を求めがちですが、大切なことは『ヘッドスピード』です。

アマチュアはヘッドスピードが足りていない、つまり必要十分にヘッドを走らせられていないため、ロングアイアンでスピンが作れずボールが上がらないのが飛ばない原因なのです。

それでは、どのようにすれば良くなるのでしょうか。

ヘッドを走らせるためには、遠心力の活用が必要不可欠です。

つまり、スタンスを広めに取り、遠心力に耐えられるアドレスを作ることが大切です。

次に、スイングのイメージはドライバーを振るイメージで行います。

『アイアン=ダウンブロー』のイメージですと、長いシャフトを扱うのが難しくなるからです。

ボールの位置はやや左寄りに置き、払うイメージでヘッドを走らせると上手くいくでしょう。

もし、ヘッドスピードがなかなか上がらない場合は、シャフトを少し軟らかいものに変えて、道具に頼ることも選択肢としては良いでしょう。

アイアンを安定させるには日々の積み重ねが大事

スタンス幅やボールの位置を何となく合わせてバラバラになっているゴルファーは、アライメントスティックやクラブを地面に置き、目印を作って揃える練習しましょう。

日々積み重ねることで、スタンスやボールの位置を体が覚えてしまえば、ラウンド中そこまで意識しなくても同じように打てるようになります。