ドライバーのトルクについて理解すればゴルフは上達する

ドライバーでティーショットして頻繁に曲がるようであれば、シャフトのトルクを確認してみましょう。

ゴルフ用語では良く見るトルクですが、ドライバーを選ぶときにあまり重要視されていないようです。

トルクがどのようなものであるかを含めて、曲がらないドライバーショットのためのトルクについて考えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーのシャフトの長さを使いこなすために必要な知識

ドライバーを選ぶときに、シャフトの長さを見ると小数点のついているものがあります。45インチと...

シャフト選びで知っておきたいトルクの数値とスイングの関係

シャフトを選びのポイントの1つにトルクというスペックがあります。小さな数値で表されていま...

アイアンはグースネックの打ち方を知れば格段に上達する

グースネックのアイアンは打ち易いクラブと言っても過言ではありません。なぜなら打ち方を変えなく...

【ゴルフの謎】少ないウィークグリップの握り方の正解は?

ゴルフクラブを構えたときに、ウィークグリップと指摘されたら、その原因が握り方なのか球筋なのかを見...

ゴルフでミスショットをしない方法を種類別に見てみよう

ゴルフは、『ミスのスポーツ』だと良く言われます。止まっているボールを打つわけですので一見簡単...

パターのL字は難しい!?特徴を知ると打ってみたくなる!

パターの中でもマレット型やピン型を使用する場合が多いのではないでしょうか。おすすめのパターと...

アイアンの長さを同じにしたらスイングも同じになる?

アイアンショットが難しい理由の1つに、シャフトの長さが違うため、アドレスの姿勢が番手ごとに違うこ...

同じシャフトの長さでも測り方によって長さ表示が違う?

シャフトの長さはインチ表示されていますが、日本ではセンチ単位に慣れているので、いまひとつピンと来...

シャフトをカットしてバランスが激変するのはヤリ過ぎが原因

シャフトカットをすると、スムーズなスイングができたり、スイートスポットでの命中率が上がったりとプ...

パターの代表のひとつはピン型!メリットを知って上手く打つ

パターのヘッドの形状で、最近種類が増えているのがマレット型です。昔よりもグリーンが速くなった...

シャフトを選ぶ時ゴルフクラブに表示されている硬さは重要?

最近はシャフトの性能が上がってきたこともあり、ゴルフを始める上でも表示されているRやSの硬さが気...

トルクが合っているかドライバーのゴルフスイングで確かめる

トルクのあるドライバーを使うとスライスが防止できると言われていますが、一方でゴルフスイングの速さ...

ドライバーのライ角、標準のものであっていると思う?

ドライバーのライ角は、アイアンに比べ軽視されがちです。そのため標準的なライ角のもの以外は、あ...

ドライバーのカチャカチャの効果と違和感をなくす方法

最近のドライバーには、ライ角やロフト角を変えることができる、カチャカチャ機能がついているものがあ...

シャフトは振動数で見極める?硬さを正確に把握しよう

クラブ選びの中でも、シャフトの選び方はアマチュアにとっては難しいものです。それを簡単にしてく...

スポンサーリンク

ゴルフ用語のトルクを理解してドライバーが曲がりを知る

ドライバーで打ち出すボールが曲がるときは、シャフトのトルクをチェックしてみると良いかもしれません。

ゴルフ用語ではたびたび目にするトルクですが、関心が薄く「なんとなく分かっている」ことが多いようです。

トルクがシャフトのねじれを表しているとは理解していても、それに対する対策と効果を知らないから関心が持てないのかもしれません。

まずはトルクについて再確認しましょう。

トルクはシャフトのねじれを表す数値のことです。

トルクが大きいほどシャフトはねじれますし、トルクが小さいほどシャフトのねじれも少なくなります。

ねじれの原因はヘッドとシャフトの接続部分にあります。

ドライバーのシャフトはヘッドのヒール側に挿しているため、ヘッドの重心はシャフト軸線上から外れています。

そのためスイングするとヘッドのトゥ側は右側にねじれます。

実際にはダウンスイングを開始するときからシャフトのねじれは始まり、インパクトまで徐々にねじれは大きくなります。

ところがコックをリリースするタイミングで、このねじれは解消されて、元の状態に戻ります。

このシャフトのねじれと戻りがトルクとして数値化されるわけです。

ドライバーに限らずゴルフクラブにトルクは生じる

ドライバーに限らずゴルフクラブは、重心のズレという構造上必ずシャフトがねじれてその分だけ戻るわけですが、それを数値化したのがトルクなのです。

このシャフトのねじれとねじれ戻りのタイミングがインパクトでピッタリ合っていれば問題はないのですが、ねじれ戻りが少ないとフェースが開いてスライス、または右方向に打ち出すことになります。

反対にねじれ戻りが大きいとフェースが閉じてフックする可能性が高まります。

単に上から下にスイングをしていても、シャフトのねじれは解消しません。

グリップが右腿の手間に差し掛かったときに、左手首のコックをリリースしてシャフトのしなりを解消しますが、それと同時にシャフトのねじれも解消するわけです。

このシャフトのねじれとねじれ戻りを数値化すると、シャフトのねじれの少ないものなら「3.0」、大きなものなら「7.0」とトルク値で表します。

実際にこのトルクを計測するにはシャフトの先端から1040ミリの箇所を固定して、先端から40ミリの箇所に約30センチ(1フィート)の紐にぶら下げた箇所に454グラム(1ポンド)のオモリをぶら下げてねじれの度合いを測ります。

ドライバーのトルクの大小はゴルフの技量と関係する?

ゴルフクラブのトルクの測り方が分かったとしても、その数値によってどれだけシャフトがねじれているのかが分かり難いものです。

せっかくトルクが分かっても、その数値の意味が分からなければ、活用することはできません。

そして多くのゴルファーはシャフトのフレックスを注視しているのに、トルクに関心を持たないのは意味を理解していないからでしょう。

シャフトに詳しい人がトルクに関して「車のハンドルの遊びと同じ」と表現します。

トルクを理解している人にとっては上手い表現なのですが、分からない人にとってはチンプンカンプンが増すばかりです。

ドライバーショットでスライスやフックに悩む人は、トルクの大きなドライバーを選んだほうが球筋は安定します。

一方ドローやフェードを打ち分けたい人は、トルクの小さなドライバーを選んだほうが良いわけです。

つまりインパクトでフェースの合わせが上手くいかない初心者はトルクの大きなものを、より高度な操作性を求める上級者はトルクの小さなものを好む傾向が強くなるということです。

ゴルフ史を振り返るとドライバーのトルクは大きくなっている

ドライバーが飛ぶようになってきたゴルフの歴史を振り返ると、ヘッドやシャフトが軽量化されたことで長尺化したことが要因として挙げられます。

確かにゴルフクラブが長くなれば、同じスイングスピードでも回転軸から遠くなるヘッドのスピードは速くなり、強いインパクトを与えることができるようになります。

一方ゴルフクラブが長くなったことでヘッドスピードが速くなり、シャフトのしなりは大きくなってヘッドコントロールが難しくなってきています。

ところがヘッドは大型化されているので、シャフトのつなぎ目からスイートスポットまでの距離が長くなって、それまでよりもシャフトのねじれが大きくなっています。

つまりトルク値は大きくなってしまうわけです。

「トルクが大きければ曲がらない」はずなのに、現実はもっと曲がるようになってきているはずです。

トルクについて少しだけ理解した人にとっては、フェース面が多少乱れてインパクトをしても、ハンドルの遊びのように吸収してくれるはずのトルクが、マイナスに作用しているように思えるのではないでしょうか。

ドライバーのトルクとゴルフスイングの関係を再確認しよう

ここまで説明してきたように、ドライバー選びでトルク値がフレックスほど重視されないのは、トルクに対する理解が途中で終わってしまったからだと考えられます。

ゴルフスイングの上で、シャフトのねじれがどのようになっているかを再度確認すると理解が深まるかもしれません。

ゴルフスイングをすればシャフトはねじれますが、そのねじれの大きさは個々によって違います。

ヘッドの大型化に伴って重心距離が長くなり、以前と比べるとねじれは大きくなってきたとも説明しました。

しかしながらシャフトのねじれの根本理由は、平均的にヘッドスピードが速くなったことなのです。

ドライバーは軽量化され長尺化されたことで、同じスイングスピードでもヘッドスピードは速くなっています。

ヘッドスピードが速くなると、重心距離の長いヘッドほどねじれは大きくなるため、ドライバーのねじれは大きくなります。

このときトルクの大きなシャフトを装着すると、シャフトのねじれ戻りも大きくなり、フェース面を合わせるだけではなく、強いインパクトを与えることができます。

ただしトルクが大きすぎると、フェースが返りすぎてしまってフックフェースでインパクトをすることになります。

そこで適正なトルク値が必要なのですが、自分に合ったトルクが分からないことが多いのが現状なのです。

ゴルフの技量に合わせて実際のドライバーのトルクを確認

ゴルフクラブのトルク値を確認してみましょう。

トルク値の平均は3.5と押さえておいて、長さのあるドライバーの場合には4.5のトルク値が扱いやすいようです。

インパクトが安定しない初心者にはさらに大きな5.5もあり得ますし、ボールコントロールができる上級者は、3.0以下もあり得ます。

基本的にはヘッド側が重く感じる先調子のシャフトは、トルクが大きめで初心者に合っていますし、操作性を重んじる上級者はヘッド側が硬い手元調子で小さいトルクを好みます。

またシャフトが軟らかいとトルクも大きくなるので初心者に向いていますし、硬い場合はトルクが小さくなるので上級者に向いていることになります。

ところが初心者ほど硬いシャフトを好むようですが、それはシャフトのしなりが曲がりの原因であると考えて、間違った選択をしてしまうことが多いようです。

近い将来ゴルフの腕前が上がることを想定して、トルクの小さなドライバーを購入する場合もあるかもしれませんが、曲がりに悩んでいるようであればトルク値が小さくないか確認してみると良いと言えます。

トルク値を確認して曲がらないドライバーにしよう

ドライバーの曲がりが気になるようであれば、シャフトのトルク値を確認してみましょう。

ゴルフクラブをスイングすると、シャフトは右方向にねじれて、インパクトの直前にねじれを戻します。

シャフトの硬さや調子と共に、自分の技量にあったトルクにするとほとんど曲がらないドライバーショットが打てるかもしれません。