ドライバーからパターまでセットでゴルフクラブを揃えてみる

初心者であれば、ドライバーからパターまでをセットで揃えるときに、選ぶ基準となるものが分からないかもしれません。

ゴルフ未経験者がゴルフセットを揃えるときに、基準となるクラブの選び方と、セットならではの利点についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユーティリティをロフト角で選ぶとき初心者が注意したいこと

ラフからでも簡単に打ち出すことができる便利なユーティリティですが、キャディバッグには14本以内と...

ドライバーショットが当たらないでゴロになる原因と対策法

「ドライバーが当たらない!」ティーショットしたボールが飛ばすにゴロになってしまうことがありま...

ドライバーでティーが飛ばない?スイングに問題があるかも?

練習場でドライバーの練習をする場合ゴムティーですから気にしないかもしれません。しかし、ラウン...

アイアンが当たらないのは突然な気がするけれど原因はある

普通にアイアンショットをしていたのに、理由も分からず当たらなくなることがあります。突然当たら...

アイアンはどのメーカーにする?ヤマハは初心者でも安心

アイアンセットを買うときに、初心者はどこのメーカーの物を選んで良いか分からないと思います。ゴ...

7番アイアンのマッスルバックを使うと初心者でも上手くなる

アイアンの練習をする際、敢えて難しいマッスルバックを使うと、初心者でも成果を自己チェックすること...

フェアウェイウッドがスライスする原因を知り苦手克服する

良くフェアウェイウッドが苦手だと言うゴルファーを見かけます。おそらく、そのクラブ自体が苦手だ...

アイアンの種類と初心者のための失敗しないクラブの選び方

ゴルフを始める人にとって、クラブ選択は非常に重要なことの一つです。特にアイアンに関しては、ラ...

ドライバーが振り遅れるときの代表的な原因とその直し方

ドライバーが振り遅れると、打ち出したボールはスライスします。この場合はグリップの握り方等でス...

ドライバーで打ったボールが上がらない初心者ならではの理由

ドライバーのティーショットが上がらないのは、フェースの向きかスイングの軌道のどちらかが原因と言わ...

ドライバーで飛ばせるようになるための初心者向け練習方法

ゴルフを始めたからには、ドライバーでまっすぐきれいに飛ばすことに憧れますよね。しかし初心者の...

アイアンは苦手なはずが簡単な練習でなぜか得意クラブに!

アイアンショットでダフリやトップが続くと、誰でも苦手意識を持ってしまうのです。なぜミスショッ...

アイアンはグリップを構えてボール位置を右側にするのが正解

アイアンを構えたとき、ボールをスタンスの中央に置くのか、番手ごとにボール位置を変えるのか迷うこと...

ドライバーの手打ちのせいでスライスしても簡単に直せます!

手打ちスイングでは、ドライバーで打ち出すボールがスライスすることが多々あります。それはアウト...

ゴルフスイング中にグリップが動くと大変なことになる?

ゴルフスイングしていると、グリップが上下に動く、または軸を中心に回転するような気がするときがあり...

スポンサーリンク

ゴルフ初心者はドライバーからパターまでセットで揃えよう

ゴルフをはじめるのには、とりあえずゴルフクラブが必要です。

ゴルフ経験者であれば、「初心者はコレがよいかも」とササっと見つけ出すことはできますが、ゴルフをはじめる人にとっては良し悪しより、何が必要なのかも分からないかもしれません。

そんなときはドライバーからパターまで、セット販売されているものがおすすめです。

少し上手くなってくると、もっと飛びそうなドライバーに買い換えるかもしれません。

でも買い換えるまでは、練習用のゴルフクラブのつもりで、どんどん打ち込みをすることが必要です。

最初は空振りをしたり地面に打ち付けたり、フェース面に当たらずにヘッドの最頂部でボールを打ってしまってへこむこともあります。

フェースの真ん中でボールをとらえるようになり、ある程度自分の意思で球筋をコントロールできるようになったら、新しいゴルフクラブに買い換えていくとよいのではないでしょうか。

そこで初心者にとって必要と思われるゴルフセットを考えていきます。

ゴルフセットで気になるドライバーよりもアイアン選びが大事

ゴルフクラブで最初に気になるのは、ドライバーではないかと思います。

でもゴルフセットで購入するときは、アイアンを主体に探したほうが効率よく選ぶことができます。

ゴルフショップによって販売方法は違いますが、アイアンを決めたらドライバーをチェンジしたり、加算してグレードアップしたりすることもできます。

まずはアイアンを選ばなくてはいけません。

アイアンセットは3番アイアンから9番アイアンまでの7本セットと、5番アイアンから9番アイアンまでの5本セットがあります。

むかしは7本セットで揃えたものですが、最近は5本セットを選ぶことが多くなっています。

5本セットを選ぶ理由は2つあります。

1つはドライバーとアイアンの間を補うクラブが増えたことです。

フェアウェイウッドの幅が広がり、3番ウッドや5番ウッド以外にも7番ウッドや9番ウッドを常備するようになったことで、等距離の3番アイアンや4番アイアンが必要なくなったことがあります。

ゴルフクラブはアイアンセットを決めてからドライバーを選ぶ

ゴルフなし
ドライバーとアイアンの間を補うクラブとして、フェアウェイウッドの7番や9番ができたことで、難しいと感じていた3番アイアンや4番アイアンを使わないという傾向が強くなっています。

また最近ではフェアウェイウッドに代わって、ユーティリティが使われるようになってきています。

ユーティリティは3番アイアンや4番アイアンに代わるフェアウェイウッドよりも簡単にボールを捌くことができるため、初心者から上級者まで幅広く使われています。

とりあえずアイアンは5本セットで揃えて、次がウェッジになります。

単品で揃えることもできますが、しばらくはフェースの角度を変えて打つような、特殊なショットをすることはないはずですから、アイアンとセットになっているもので十分です。

ウェッジはピッチング、アプローチ、サンドと3種類必要なので、アイアン5本とウェッジ3本で合計8本が決まりました。

次はドライバーを選ぶわけですが、「飛ぶ」というキーワードよりも「簡単」「やさしい」と表示されたものがおすすめです。

ゴルフセットでは曲がらないドライバーを選ぼう

ゴルフをするものにとって、ドライバーショットの曲がりは永遠のテーマとなります。

たとえプロ並みに上手くなっても、もしくはプロゴルファーになったとしても、ドライバーは曲がるものです。

ましてこれからゴルフをはじめる人にとっては、真っ直ぐに飛ばせるようになるまで相当な時間と努力が必要になります。

もしかすると、あまりにトラブルショットが多くて、ゴルフと言うゲームがつまらないと思うようになるかもしれません。

はじめてから数年でゴルフをやめてしまうと人多くは、上達しないから面白くないこといが原因のようです。

でも科学の進歩はドライバーにも注がれていて、フェースにさえ当てることができるようになったら、真っ直ぐ飛ばせることができるヘッドが開発されています。

独特なスタイリングなので、すぐに見つけることができるはずです。

ヘッドは上下の幅が狭く、奥行きの長いタイプが、その簡単・やさしいドライバーです。

ただしこのドライバーは意識的にフェードやドローを打ち分けることができないので、曲がらなくなったと思ったころに、コロンとしたタイプのヘッドに買い換えてセットを組み替えてみても良いかもしれません。

ドライバーの次をユーティリティでゴルフセットを組む?

ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ウェッジと、ゴルフセットの基本となるものはほぼ揃っていますが、ここでユーティリティとの組み換えが必要になります。

前述でも触れていますが、ドライバーとアイアンの間のクラブとして、ユーティリティを使うことが多くなってきています。

特に初心者にとっては、苦手とするシャフトの長いフェアウェイウッドや、インパクトが難しいロングアイアンよりも、扱いやすいユーティリティの人気が高いようです。

使う機会がほぼないスプーンやバフィよりも、ミドルアイアンの感覚で扱うことができるユーティリティはその名の通り便利なクラブです。

フェアウェイウッドではバフィやクリークの代わりになりますし、アイアンは3番や4番の代わりになるものがあります。

またスプーンは使う機会が少ない割りに、ミスショットになる可能性が高いので、思い切ってフェアウェイウッドを外して、ユーティリティで揃えてみると良いかもしれません。

ドライバーと同じくらい自由度が高いパターをゴルフセットに

ゴルフセットでは、ドライバーと同じくらい自由度の高いクラブがパターです。

一般的にパターは好みが分かれるために、価格帯だけが設定されていて、店頭で自由に選ぶことができます。

いわゆる固定されたセット商品ではないので、価格帯から外れても差額を支払えば組み換えもできるはずです。

初心者用のパターと言うものはありませんが、オーソドックスな「ピン型パター」や「マレット型パター」であれば外れはないはずです。

また人気の「ネオマレット型パター」には流行があるので、選ぶ場合には市場調査みたいな下調べが必要かもしれません。

唯一、初心者が選んではいけないのが「L型パター」です。

扱いが難しくフィーリングをつかむまでに、相当な期間が必要になるので、これからデビューするゴルファーにはおすすめできません。

これでドライバーからパターまで、14本のゴルフセットを揃えることができたわけですが、無理やり14本にする必要はありません。

たとえばユーティリティがセット価格になっていないようであれば、あとから買い足していけば良いだけです。

最初のセットは、ドライバー、アイアンセット5本、ウェッジ3本、パターの10本セットにして、必要に応じてユーティリティやウェッジを買い足すと、無駄ないセットを組むことができるはずです。

ドライバーからゴルフセットを揃えるときはアイアンを機軸に

これからゴルフをはじめるとき、ドライバーからパターまでをゴルフセットに組み込むのであれば、アイアンを機軸にして他のクラブを選ぶようにしましょう。

規定本数は14本までですが、すべてを使いこなすには時間がかかるので、もしもセット価格から外れているクラブがあれば、あとから購入してもよいかもしれません。