ドライバーと違うユーティリティ!実はシャフト選びが要!

ドライバーとなんとなく形が似ているユーティリティですが、意外にアマチュアはその良さを引き出せていません。

ユーティリティはロフト角の選び方に注目が集まりがちですが、実はシャフト選びが大切です。

ユーティリティをより使いやすくするためのシャフト選びについてまとめます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンとドライバーのスイングはまったく違うもの!

アイアンショットとドライバーのティーショットは、体の使い方は同じようでも、同じスイングではありま...

ゴルフ練習場でやるべきことを知っているのが上手い人

ゴルフ練習場へ行ってあなたは何をしていますか?ストレス発散とばかりにドライバーを振り回す人、...

ゴルフ練習場で打ち放題!安い金額で練習できる場所【関東】

ゴルフ練習場で練習する時に気になるのは、やはりお値段です。なるべく安い料金設定をしているとこ...

グリップでスイングが変わるの?太さの違いと選び方

ゴルフを始めるときに、クラブは自分で購入しましたか。意外にもらったり、中古で買ったりした人は...

ドライバーのシャフトカットはあまりおすすめしない理由

シャフトカットという言葉を耳にしたことがありますか。言葉の通り、シャフトを切って短くするとい...

アイアンとウェッジのメーカーは揃えるほうが良いのか?

ウェッジはアイアンの次の番手としてメーカーで揃える場合と、アプローチに特化してその場面にあったも...

上級者用アイアンで打感が柔らかいタイプが減少している理由

アイアンを評価するときに、「打感が柔らかい」と使うことがあります。ソフトなインパクトだけでは...

ウェッジのシャフトの重さや硬さはアイアンに合わせるべき?

ウェッジを選ぶとき、シャフトの硬さやバランスはアイアンに同調するべきなのか、独自性を尊重すべきな...

パターのアドレスでハンドファーストに構えるとどんな効果?

パターを握って体の中心で構えて不安があるようなら、アドレスではハンドファーストで構えてみると安心...

アイアンの引っ掛けはシャフトとスイングの見直しが必要

アイアンショットの引っ掛けの原因として、シャフトの硬さを指摘することがあります。シャフトが軟...

ドライバーのロフト角の決め方とヘッドスピードの関係

ドライバーの買い替えを考えると気になるのが、ロフト角です。シャフトと同じく、ロフト角を選ぶ際...

ドライバーで使える英語を海外ゴルフのために覚えておこう!

海外でゴルフをするときに間違った和製英語を使ってしまうと、スタッフやキャディに上手く伝わらずパニ...

パターをシャフトカットする作業方法と成功の鍵を握る道具

パターが長すぎると感じたときは、シャフトカットするば違和感なく構えることができるようになるでしょ...

ゴルフファッションで当たり前の半ズボンが規制されている!

夏場にゴルフのファッションを楽しむためではなく、暑さ対策のため半ズボンを着用しようとしても規制が...

グリップの太さの違いでゴルフの何がどのように変わるのか

近年、ゴルフクラブや道具の進化はめざましく、その実用性だけでなくアクセサリーとしての要素も含んで...

スポンサーリンク

ドライバーとユーティリティは別物?

ドライバーに似ているユーティリティですが、実は全くの別物です。

それは、ユーティリティがどのように誕生したか、また利用目的を考えると理解できるでしょう。

近年幅広いラインナップがあるユーティリティですが、元々はロングアイアンの代替として誕生したのが始まりです。

ロングアイアンはロフトが少ない上に重心深度が浅いため、ボールが上がりにくい特性があります。

またボールを上げるためにはバックスピンを生むだけのヘッドスピードが必要です。

ヘッドスピードが足りても上がりにくい特性から、ミスショットが多いロングアイアンは特にアマチュアにはクラブセットのお飾りになっていました。

そこでボールが上がりやすく、重心を深くしたかまぼこ型のヘッドのユーティリティが生まれたのです。

ユーティリティは、基本的に地面にあるボールを打つように設計されています。

つまり、ティーアップして打つドライバーとは、そもそも特性が違うと考えて良いでしょう。

今ではフェアウェイウッドからロングアイアンまでの飛距離をカバーできるユーティリティのシャフト選びはとても重要です。

万能なユーティリティだがドライバーみたいにシャフトにこだわらないのはなぜ?

ロングアイアンの代わりとして生まれたユーティリティは、今や万能クラブとして大人気です。

プロゴルファーもクラブセッティングにほぼ入っているといっても良いでしょう。

そのため各クラブメーカーもユーティリティの性能向上、ラインナップを揃えることに力を入れています。

それだけ万能クラブとして、世の中からもニーズがあるということです。

しかし、それほど万能なクラブにもかかわらずシャフト選びにこだわっていますか。

アマチュアは、ドライバーやアイアンのシャフト選びは一生懸命になるにもかかわらず、万能クラブと呼ばれるユーティリティのシャフト選びは疎かになりがちです。

本当にユーティリティを万能クラブとして使うのであれば、シャフト選びにこだわることをおすすめします。

実際、ユーティリティが上手くいかない原因は打ち方のイメージの問題もありますが、合わないシャフトのまま使っているケースが多くあります。

シャフトを替えるだけで使い勝手が大幅に変わる可能性があるので、一度見直してみましょう。

ユーティリティのシャフトは替えるべき?

それでは、ドライバーと同じくユーティリティのシャフトにこだわるべき理由について話をしていきます。

ユーティリティは、各クラブメーカーから色々な種類が出てきています。

ミスの許容性、上がりやすさ、ラフショットでの抜けなど色々とゴルファーを助けるため進化しているのです。

しかし万能クラブがゆえ、他のクラブカテゴリとは別物として考えられがちです。

ドライバーはフェアウェイウッドと同じカテゴリに分類されることが多く、シャフトも似ているものが出ています。

アイアン、ウェッジも同様です。

本来、ユーティリティはできた経緯や利用目的からアイアンの延長線上で考えることが一般的には正解と言えるでしょう。

しかし、ユーティリティに純正として付いているシャフトはその流れに沿っていません。
上手く重量帯が流れに沿っていれば問題ありませんが、多くはカーボンシャフトでは軽すぎたり、スチールシャフトでは重すぎて扱いにくいのが現状です。

そのため純正のまま利用するとアマチュアにとっては扱いにくいクラブになってしまうのです。

一般的な男性ゴルファーの場合、適正なユーティリティのシャフト重量は70~80gの間と言われています。

しかしながらこの設定はあまり純正シャフトにはありません。

あってもヘッドが小さいプロモデルとの組み合わせが多いのです。

純正シャフトから見直す必要性を理解しましょう。

カーボンシャフトとスチールシャフトはどうやって決める?

ユーティリティのシャフトには、カーボンシャフトとスチールシャフトがあります。

それでは、どちらを選べば良いのでしょうか。

基本的なシャフトの選び方は、アイアンのセッティングを参考に決めていきます。

アイアンにスチールシャフトを入れているのであれば、スチールを選び、アイアンがカーボンシャフトであれば、カーボンシャフトから選ぶのが基本です。

ここで重要になるのは、先にも話をしましたがシャフトの重量です。

例えばアイアンで軽量スチールのシャフトを入れているゴルファーが、ユーティリティのシャフトに軽量スチールを素直に入れると重すぎる可能性があります。

そのようなときは、カーボンで重量があるものを入れて調整するほうが良いでしょう。

アイアンに重量カーボンを入れているも同様、安易にカーボンを選ぶのではなく、重量とフレックスをしっかり考えましょう。

他の選び方として、ドライバーやフェアウェイウッドが得意な人はアイアンが重量スチールでもカーボンから選択するケースがあります。

これはイメージの問題で、得意なクラブに寄せたセッティングにすることで扱いやすくするメリットがあります。

ただその際は間違いなく重量カーボンから選びましょう。

アマチュアのユーティリティシャフト選びの参考

以前はスチールシャフトが重く、カーボンが軽いという棲み分けでしたが、軽量スチールの普及により、アマチュアの多くがタイミング取りやすい軽量スチールを好んでアイアンに入れるようになりました。

そのため、先に説明した通りアイアンの流れでスチールシャフトを入れると合わないケースが増えてきています。

ここで、アマチュアがユーティリティのシャフトを選ぶ際に参考にできるように、ユーティリティのシャフト選びの基本的考え方をまとめます。

●スチールシャフトをアイアンで使っている→スチールシャフト、もしくは軽量スチールシャフト

●軽量スチールシャフトをアイアンで使っている→軽量スチールシャフト(軟らかめ)、もしくはカーボンシャフト

●カーボンシャフトをアイアンに使っている→カーボンシャフト

概ね、シャフトを選ぶきっかけとして上記の振り分けで選ぶと分かりやすいでしょう。

あとは実際に打ってみて、しっくりくるものを選ぶと良いです。

その他の注意点として、ドライバーのようにカーボンシャフト一択ではないため、カーボンシャフトとスチールシャフトのフレックス比較に注意が必要です。

例えば同じSフレックスであっても、スチールシャフトのほうが明らかに硬く感じます。

振動数を計測してもらい、正しい硬さを把握するようにしましょう。

ドライバーみたいにユーティリティが打ちたいゴルファーは?

ユーティリティは、アイアンの延長線上で考えるとお伝えしてきました。

しかし、ユーティリティに対するイメージは人それぞれです。

特にドライバーやフェアウェイウッドが得意な人は、ユーティリティも同じように振り抜きたいと考えることが多いでしょう。

そのような人は、無理にアイアンの延長線上で考えるのではなく、フェアウェイウッドの延長線で考えるようにしましょう。

クラブには作られた目的がある一方で、クラブを使う人にもそれぞれ目的があります。

そのイメージは大切にしても良いはずです。

実際に、ドライバーのようにユーティリティを打ちたい人が、スチールシャフトからカーボンシャフトに変えた途端に、しっかりと飛ぶようになったということもあります。

どんなに理屈があったとしても、使う人のイメージはスイング、そして結果に大きく影響します。

ただしドライバーのようにユーティリティを打つことは意外に難しいです。

ユーティリティのイメージが定まっていない人は、基本アイアンの延長線上で考えることをおすすめします。

ユーティリティは打ち込むと簡単

ユーティリティはアイアン同様レベルブローの少し前、ダウンブローのイメージでボールの後ろにヘッドを落とすイメージで打つと簡単にボールが上がります。

ダフると思うかもしれませんが、広めのソールが滑ってくれるため心配はありません。

思い切って打ち込みやすいシャフトセッティングにしましょう。