ドライバーが苦手なレディースゴルファーが飛距離を伸ばす

ゴルフをする上で一番の醍醐味といえば、ドライバーで気持ちよく飛距離を出すことではないでしょうか。

これは男性も女性も共通したゴルフの楽しみ方だと思います。

もしもレディースゴルファーの皆さんの飛距離が今よりもっと伸びれば、ゴルフに行く楽しみも今よりもっと上がると思いませんか?

今回は、レディースゴルファーのドライバーの飛距離を今よりもっと伸ばす為のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーで飛ばしたい!スピン量が飛距離に与える影響

ゴルフをしていて、ひとつの楽しみはやはりドライバーで飛ばすことですよね。プロのように飛距離を...

アイアンのシャフトをスチールのRにする理由は飛距離にある

アイアンのシャフトはドライバーと違って、スチール製を使っているゴルファーが大半です。その中で...

アイアンとユーティリティの飛距離を知り最高の組み合わせに

ゴルフクラブには役割があり、その役割は飛距離で分類されています。アイアンとユーティリティのセ...

ゴルフスイングやアドレスで姿勢が歪むときは腹筋を鍛えよう

ゴルフスイングで身体が不安定になったり、アドレスの再現ができないインパクトになったりしているよう...

ドライバーを構えたときにヘッドを浮かすのは正しいの?

ドライバーを構えるとき、ボールの後ろにヘッドをセットしますが、そのヘッドをソールする場合と浮かす...

ドライバーの飛ばない理由はシャフトのしなりの活用不足

ドライバーショットが飛ばないとしたら、シャフトのしなりを上手く使えていない可能性が高いです。...

ドライバーを飛ばすパワーをつける筋トレのススメ

ゴルフにおいて筋トレは必要か必要ないかは良く論じらますが、答えは筋トレはやるべきだと考えられます...

【ドライバーのヘッドスピードの上げ方】この4つで速くなる

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、強いインパクトが必要です。そのためにはヘッドスピードの速...

アイアンの弾道が理想と違って高すぎる!その原因と対処法は

アイアンショットできちんとボールが当たっている。それなのに、ボールが必要以上に上がって距離が...

アイアンでティーアップしたら飛距離はどうなる?伸びるの?

ティーアップと聞くとドライバーでするイメージがありませんか。しかしショートホールでは、ティー...

ドライバーの飛距離とヘッドスピードの速さを比較しよう

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、飛びの条件となるボール初速と打ち出し角とバックスピン量を比較...

ドライバーショットがヒールに当たる6つの原因とその対策法

ドライバーでショットするとセンターではなく、ヒール(根本側)に当たることがあります。衝撃の割...

ドライバーは手首と体とフェースの角度で飛距離が変わる

ドライバーショットに自信はありますか?あると答えられるゴルファーは一握りだと思います。安...

飛ばないアイアンでもロフトを立てると飛距離はアップする!

他人と比べてアイアンの飛距離が物足りないと感じるようなら、ロフトを立てるスイングをしてみてはいか...

ドライバーを打つときの身体の使い方と打ち方のコツ

それまで難しいと感じていたドライバーの使い方を知ると、頼れる「相棒」に変わるものです。今...

スポンサーリンク

現在のレディースのドライバーの飛距離

今は昔と違い、ドライバーも素材や形の改良により、非力な女性でも容易に飛距離を出せるようになりました。

しかしながら、レディースゴルファーの個々のタイプと体格等から飛距離の差は大きく、200ヤード以上飛ばせる女性もいれば、150ヤードの距離が届かない女性もいるのが現実です。

これには体格差や年齢差もありますが、飛距離の出ない女性には、その原因が他にある可能性もあります。

今回は、レディースのドライバーの飛距離を伸ばすポイントを紹介しますが、考えられる飛距離の出ない原因も併せてまとめてみました。

飛距離がスコアに直結するとはいいませんが、飛距離を伸ばすことによって、楽にスコアを縮めることができますよね。

そして現在飛距離のある女性でも、今より飛距離を伸ばせる可能性もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、『レディースドライバーの飛距離を伸ばすことに力は必要ない。』ということから見ていきましょう。

レディースゴルファーがドライバーの飛距離を伸ばすのはパワーではない

一般的にドライバーの飛距離を伸ばすには、長期的に体力をつけて、パワーで打ち込むイメージがありますが、プロを目指しているレディースゴルファーでない限りそのようなストイックさは必要ありません。

非力な女性程、パワー以外のポイントを身に付けて、それを繰り返し実践していった方が堅実でしょう。

ここで活かすのは、女性特有のしなやかな柔軟性を活かしたスイングで捻転可動域を広げて、スイングを大きくとることです。

このスイングを繰り返し実践して再現性を上げることで200ヤードの飛距離も夢ではなくなるでしょう。

因みに現在のヘッドスピードから、推定飛距離を出す計算式があるので紹介します。

ヘッドスピード×ミート率×4

アマチュアのミート率が一般的に1.30~1.40といわれているのですが、これを仮に1.35と見立てて200ヤードの飛距離を出すには、37m/sのヘッドスピードを求められます。

現在アマチュアのレディースゴルファーでヘッドスピードが37m/s出せる方がどの位いるでしょうか。

今は少し現実離れした数字に見えますが、次の項目では女性でも簡単にヘッドスピードを上げられる方法を紹介します。

女性でも簡単にヘッドスピードを上げるコツ

よくスイングを行う際にはゆっくり振り抜けといわれます。

ヘッドスピードを上げるためにゆっくり振り抜くとは、一見相容れないことですが、これには遠心力の公式が当てはまります。

半径(腕とドライバーの長さ)×質量(ドライバーの重量)×角速度(スイングスピード)の2乗

この公式から見て取れることとは、半径の大きさやドライバーの重量によって、スイングスピードが変わらなくてもヘッドスピードは上げることができるということです。

自分のアドレスを振り返っていただきたいのですが、スタンスとボールの位置を決める際には腕を伸ばした状態で測っており、スイングの際に左腕を伸ばす必要があるのは、ボールとの間合いをキープする役割もあるのです。

ここで変に左腕が伸びたり縮んたりしていると、フェースが戻らずに芯から外れてしまいます。

ドライバーのヘッドスピードを上げるには、ヘッドの軌道をできるだけ体から離し、遠心力を利用すること。

その際に併せて行っていただきたいのが、コックを正しく使うことです。

コックとは左手首を親指側に傾ける動きのことを指すのですが、これを正しく行うことでドライバーの飛距離に大きく関与しているタメができます。

このタメを開放するタイミングを間違えると、せっかく手に入れたヘッドスピードの力も半減してしまいます。

コックを開放する理想的なタイミングは、手首が右足を通過する直前辺りです。

タメを覚えると、ヘッドを走らせるタイミングが分かるようになります。

これはダウンスイングに入った時には、グリップが先に降りてきているのに、インパクトの瞬間にはヘッドもグリップも正面にあることです。

ヘッドを走らせることによって、多くのレディースアマチュアゴルファーでもヘッドスピードを上げることを可能にしているのです。

続いては、ドライバーの飛距離を伸ばす上で重要な要素のミート率を見ていきましょう。

ドライバーのミート率を上げるコツ

先述しましたアマチュアのミート率が1.30~1.40ですが、これを1.35~1.45に上げることで、ヘッドスピードが35m/sを下回っても200ヤードの飛距離を手に入れることができます。

では、レディースゴルファーがドライバーのミート率を上げる方法とはどんなでしょう。

始めは芯を外しても良いという考え方を身に付けることです。

何が言いたいのかというと、ボールを打ちに行く概念を一度捨てていただきたいのです。

どうしてもボールを打ちにいくスタイルでスイングをすると、振り遅れたり、円運動の軌道が小さくなりがちです。

更に当てることだけに意識を集中しすぎるため、インサイドやアウトサイドに振り抜いてしまったり、途中で止めてしまったりしてしまうのです。

こうなると、ボールとフェースとの接触時間を縮めてしまっているといえます。

とても短い差のようですが、ボールにはできるだけ長い時間ドライバーから生まれるパワーをかけた方が、より飛距離は伸びていきます。

ボールは押し込むように打ち、その後のフォローは正しい軌道を通過してフィニッシュを決めましょう。

この練習方法を続けていくと、必ず芯に当たる日が来ます。

その際は手に分かるほどに、ボールを潰す感覚を味わうことができるでしょう。

続いては、ドライバーの飛距離アップに必要な体重移動を見ていきます。

体の小さいレディースゴルファーの体重移動のコツ

レディースゴルファーの皆さんは、独学の方は殆どおらず、恐らくレッスンなり、どなたからか教わって技術を身につけていると思います。

その際に教わった体重移動の方法とは、テイクバックで右足に、フォローで左足に体重を移動してくださいと教わっていませんか?

もちろんその方法が間違っているわけではありませんが、この体重移動を意識するあまり、ミート率が下がってしまう可能性もあるのです。

体重移動は右足から左足ではなく、右足股関節から左足股関節位の意識で、それほど気にしなくても良いです。

それよりも大事なことは、頭は動かさないという意識です。

スイングとは、頭を頂点とした軸がありますので、体重移動の際に右へ左へと目線が動けば、同様に頭も動いてしまいます。

そうなりますと、軸もぶれて当然ミート率は下がります。

ここまで見てきてわかるように、レディースゴルファーのドライバーの飛距離を伸ばすには、正しいスイングを身に付けることが最重要ポイントとなります。

最後に、正しいドライバーのスイングのポイントを見ていきましょう。

ドライバーの正しいスイングのポイント

現在ドライバーの飛距離が出ていないレディースゴルファーの殆どの原因とは、手打ちのスイングをしているからといえます。

ドライバーの飛距離は、肩の捻転度合いで決まり、トップで左肩があった場所にフィニッシュでは右肩がある形にしなければボールは飛びません。

このように体幹を使って、主に肩の回転を意識したスイングを心がけましょう。

次に下半身の安定度合いですが、下半身がぐらついてしまえば、ミート率も下がり、飛距離を伸ばせません。

足の裏の拇指球(親指の関節の下の膨らんだ部分)にしっかりと力を入れて、踵の上下を最小限に抑えましょう。

そして体全体のブレですが、スイングの際に体が前後したり、上下したり、左右に動けばミート率も下がることになり、エネルギーもロスします。

頭を頂点にした背骨の軸を意識して、例えるならばコマが回転するように力まず軽やかにスイングすることが理想的といえます。

自分のスイングと照らし合わせてみて、該当するようでしたら一度見直されてみてはいかがでしょうか。

きっと直ぐに今より飛距離が伸びていくことでしょう。

女性がドライバーで飛距離を伸ばすコツとは

今回はレディースのドライバーの飛距離を伸ばす方法を、公式を使って説明してみました。

今までは理屈で覚えていたスイングも、数式を使うことによって分かりやすく理解できましたか。

しかしながら、ドライバーの飛距離を伸ばすには基本のスイングを正しく行う必要があり、今まで意識できていなかった所も改めて見直すことができたのではないでしょうか。

今回の検証を参考に、レディースゴルファーの皆様のドライバーの飛距離が一日でも早く伸びることを願っています。