SEARCH

「練習」の検索結果668件

  • 2020年2月9日

ウェッジのスピン量を増やすために加工しても意味はない?

ウェッジを使ったアプローチショットで、バックスピンがかかって戻る光景に憧れを持つゴルファーは大勢います。しかしその憧れを叶えるのには、技量を磨くために相当の年月と努力が必要になります。それをせずフェースの溝を加工することでスピンを得ることはできますが、その是非について今回はお話しします。

  • 2020年2月8日

ユーティリティの飛距離を網羅するのはロフト角22度のタイプ

安心と安定のユーティリティとして最近は誰もが1本は持っていますが、その飛距離に対する考え方が少し違うようです。フェアウェイウッドやアイアンと比較することが多いようですが、実際にはユーティリティの中で比較しなければなりません。中心となるロフト角22度のユーティリティの飛距離に着目してお話しします。

  • 2020年2月4日

安定したアプローチのための階段の状況別の高さの克服方法

安定したスコアの実現のためには、ゴルフでのアプローチは非常に重要なショットになります。なぜならゴルフコースはすべて水平なコースはまれであり、山岳コースなどに行けばかなりの高低差のあるグリーンが登場するからです。このような階段アプローチを克服するために、高さの状況別での打ち方をお話しします。

  • 2020年2月2日

ドライバーでダフるなんてしたくない!ダフらない対策

ラウンド中、周りの人が見る中でドライバーショットをすることありますよね。誰でもナイスショットをしたいところですが、緊張してダフるなんて恥ずかしい結果になったことありませんか。今回はダフらないための対策を紹介します。

  • 2020年1月27日

初心者向けユーティリティ、アイアン、ウッドの選択方法

ゴルフラウンドでは、状況に応じてクラブの選択が必要になってきます。そのとき選ぶクラブの種類としては、ユーティリティ、アイアン、ウッド、パターがあります。特にユーティリティ、アイアン、ウッドは、ボールをグリーンに乗せるまでに必要なクラブです。今回は、この3種類のクラブについての考察をし、特に初心者がどのようなクラブ選択をすれば良いかまとめます。

  • 2020年1月24日

シャフトの硬さを選ぶときRよりもSRが適正な理由とは?

シャフトの硬さを表すフレックは一般的にRを基準としていますが、クラブの進化によってヘッドスピードが速くなり飛距離が伸びてきている時代ですから、これからはSRを選んだほうが適正な場合が多いようです。今回は時代に合わせたフレックスを選ぶときの考え方を紹介します。